ビジネススタイル:発言、衣服、出演

ビジネス

ビジネス、政治、経営の分野におけるビジネス関係は、ドレス、言論、行動における特定のスタイルの遵守を意味する。

ビジネススタイルの音声は、政府と行政のさまざまなレベルでのビジネスコミュニケーションの言語です。書面と口頭の両方の形態について、一定の要件が課されています。

公式には、言語のビジネススタイル(文書のスタイル)は、法学、国際関係、経済、軍事産業、政府およびその他の管理活動において使用されています。

ビジネススピーチは、スピーチクリシェ(テンプレート、標準)の使用によって区別され、他のスタイルでは不利と考えられます。ビジネススタイルの書式と口頭の形式は、次のような特徴があります。

a)会話における言語手段の使用は簡潔でコンパクトで経済的である。

b)書面では、材料の標準的な配置(フォーム、フォーム)の頻繁な使用。

c)用語の使用、事実上の語彙および語句(それに基づいて、その他に基づいて)、略語および複雑な言葉の使用。

d)言葉の名詞、前置詞、複雑な結合詞の使用(他の事実を考慮して、関連して、費用をかけて、並べて)、安定したフレーズ(そのために)

e)情報の語りの表現がスピーチに使われる。

e)リストとの複合文の使用。直接オファーで注文。

g)情緒的に表現力豊かな音声手段がない、スタイルの個別化。

コミュニケーションのビジネススタイルには、会話環境に加えて、レセプションのシステムと、対話者、パートナー、従業員に影響を及ぼす手段が含まれています。

ビジネスコミュニケーションとのコラボレーションパートナーの能力を考慮して、コミュニケーションの問題を包括的に解決する能力のような資質の存在を前提とする。資源を管理する能力、組織能力。

ビジネススタイルでは、人々を扱う際に、状況に応じた特定の行動を選択する必要があります。

a)権威主義的スタイル(距離、優位性)。

b)民主主義(コミュニケーションにおける参加者の平等)

c)問題 - ターゲット

衣類のビジネススタイルにも、拘束力、保守性、機能性を備えた布や色、カット、アクセサリーがあります。

しかし、厳格なビジネススタイル(会議、交渉、高レベル会議に必要)、衣服のスタイルのグラデーションがあります。カジュアルなビジネススタイル。条件付きビジネススタイル。

ビジネス服装のトレンドクラシックとスポーツスタイル:優雅さと利便性。スーツ、ジャケット、スカート、ズボンはうまく座っていなければなりません。モデルのカットは最小限の追加詳細で選択されます。スタイルを選択するには、会社、会社、組織のスタイルとプロファイルを考慮する必要があります。女性はいつでも自然色のタイツ(ストッキング)を着用する必要があります。

ビジネススタイルの衣服のための必須要件の1つ - 整頓。

生地は天然素材を支配し、合成素材の最大15%が許容されます。ファブリックの色 - グレー、ダークブルー、ブラック、ベージュ。

アクセサリーは明らかではありません。 バッグ、ベルト、財布の色は古典的なスタイルの靴の下で選択されています。装飾は本物の、質の高い時計です。サングラスは半透明で、部屋に入るとビューからは削除されます。

ヘッドギアは装飾なしでクラシックなスタイルに選ばれています。スカーフは、裏地に編みこみされていない革の手袋のみが使用できます。

事業の出現における莫大な価値人々は髪、マニキュア、メイクをする。 Uhozhennostの髪、手、爪が組織を示し、時間を分配する能力。灰色の男は許され、女性は決してありません。化粧のタイプは自然で、明るい色がありません。

コメント(0)
コメントを追加