ロシアにおける中小企業の発展

ビジネス

ロシアの中小企業開発それは国の経済発展の歴史が短い。中小企業は、以前設立された協同組合の後継者の一部となった有限責任会社を創設して1990年に始まりました。

中小企業は依存しているビジネスです産業団体や企業のメンバーではない小企業や中小企業の起業活動。中小企業のビジネスエンティティには、法人を結成した商業団体や、法人を設立することなく商業活動に従事する個人が含まれますが、農家と民間の農場だけでなく、個々の起業家も含まれます。

90年代前半にはロシアの中小企業は、国有企業の民営化の大規模なプロセスのために新しいラウンドを受けた。国有財産の再分配は、起業家精神の発展にさらに寄与した。 1995年に、ロシアにおける一般的な問題と中小企業の発展を規制する連邦法「ロシア連邦における中小企業支援」が採択された。また、小規模企業のための国家支援の側面を含む、組織や法的規範、小規模企業の基準、課税問題などが定義された。

起業家のあらゆる形態の開発活動は、国の経済状況と、経済目的と利益のさらなる実現のためにそれに与えられた権利を使用するビジネスオブジェクト自体の能力という2つの条件に依存する。これらの要素は、そのために作成された条件に非常に敏感な中小企業の発展に影響します。

のためのロシアの起業家の歴史短期間で進化発展のすべての段階を過ぎた。その結果、一定の資本が形成され、国家経済の全ての分野への投資の拡大に貢献した。

現在の小規模ビジネス開発ロシアは、その国のすべての経済構造の崩壊のプログラムに含まれています。この段階では、生産部門を独立した小規模組織に分割し、子会社を創設することによって、大規模な独占生産の解体を想定しています。州プログラムはまた、中小企業を含む長年にわたり貸出市場で働いている主要なロシアの銀行のネットワークに代表される、小規模ビジネスを支援するためのインフラを開発しました。中小企業向けの譲許的融資を行う銀行には、Sberbank、Agricultural Bank、Bank Uralsibなどがあります。

今日、世界の専門家グループは、ロシアの中小企業の発展を妨げるいくつかの理由を強調しました。

  1. 国の経済と財政の困難な状況、生産の減少、起業家の法的保護の弱さ、経済的結びつきの破綻。
  2. 起業家自身の法的および経済的知識の低レベル、ビジネスと公共部門の両方での貧しい企業倫理。
  3. 人口の起業家に対する否定的な態度。
  4. 中小企業の分野における国家支援の弱い行動。
  5. 大量生産のために人口の購買力を低下させる。

しかし、世界の経験が示すように、中小企業は、経済を復活させ、危機から取り除く能力において他に類を見ないものです。

コメント(0)
コメントを追加