oooの貸借対照表は何ですか?

ビジネス

社会の管理における最も困難な問題有限責任会社 - 会計記録を保持する方法LLC。社会は、単純化された制度、基本的な税制、または他の制度の下での勘定を維持する税制を決定すべきである - 帰属所得に対する単一の税金。どのような書類が税務調査官に提出されるべきか、これらのシステムのどれを知る必要があります。貸借対照表は、これらの文書の1つです。これは、3つの主要な財務諸表の1つです。他の2つは、収入と支出の書(UTII宣言の場合)と、損益に関する報告書です。

貸借対照表は毎年「給食」されており、四半期ごとに会社は、一般的な参加者会議で会社の貸借対照表を承認する必要があります。彼は、簡素化されたものを除いて、すべての制度と課税方式の下で降伏する。企業が中小企業である場合、簡素化された税制の下で口座を維持することができます。 USNバランスシートが不要な場合。しかし、2013年の初めに会計に関する新しい法律が発効し、現在の会計法が廃止されると、この「ルール」が変わるでしょう。

貸借対照表LLCは特別書式番号1。フォーム番号2は既に損益計算書です。書式は、税務調査官から入手することも、地方税務当局の公式ウェブサイトからダウンロードすることもできます。電子形式ですぐにバランスを取る方が便利です。会社が何も意味を持たない行(資産、負債、負債は除く)を削除することができます。

ほとんどの場合、貸借対照表の形ですべてのニュアンスを反映することは難しいです。新しいグラフが既存のフォームのそれぞれに導入されました。「説明」です。この列には、過去1年間に発生した経費と収益を説明する文書を指定することができます。たとえば、同じ損益計算書または説明メモなどです。後者では、企業が判明した市場の状況を反映することができます。

残高の主な指標は次のとおりです。

  • 資産(開発の形で無形であり、財産の形で具体的)
  • 負債(貸出金、債務、顧客に対する義務、パートナー)。
  • 負債(資本金、積立金)。 給与計算など、別の資金を作成することは可能です。そのような資金は、法律または構成文書に従って作成されます。会社の社内文書がそのような資金の作成を反映していればよい。それ以外の場合は...

これにより、貸借対照表会社は減少している利用可能な資金を会社に移転するため、会社のすべての債務。このリストは、年(または四半期)の初めと年(四半期)の終わりに数字(ルーブル)で示されます。月の最後の日まで(そして30または31日まで)、四半期残高はすでに入金されているはずです。

作成して年次を確認する前にバランスシート社会は目録を取る義務があります。法律では、同社は財産の検査、再編成の場合など、同様の変更を義務付けられています。

バランスをとることで、組織の重要な生存率。結論は、それ自体を示唆しています。セクションの資産と負債を見るだけです。会社が債務をカバーし、債務(流動性)を満たすことができるかどうかを示します。例えば、組織が自己資本ではなく利益を犠牲にして株式資本を大幅に増やした場合、「負債」の項はより明確に見えます。形成された準備金は、その数で見ることができます。しかし、実際には、フォームのすべてのデータは、特殊な数式に従って、徹底的な分析の対象となり、会社のソルベンシーと流動性が決定されます。したがって、あなたは慎重にその充填を考慮し、実数を反映する必要があります。 LLCの貸借対照表は、組織の重要な文書です。

コメント(0)
コメントを追加