質の高いカスタマーサービス - あらゆる組織の成功への道

ビジネス

質の高いカスタマーサービスは1つです組織の外部関係における主要な構成員の結局のところ、この要因は競争力を大きく左右します。顧客との関係の組織を改善することは、企業がこの方向にもっと注意を払う必要性につながります。したがって、顧客サービスの基準は、企業の企業文化の構造単位とみなされ、その形成と実施に対する効果的なアプローチを見つけることができる。

顧客サービス

コンポーネントとしての顧客サービス企業文化は、一般的な一種の社会文化として捉えることができます。そういうわけで、この文化の中核は、規範、基準、規則の表現によって決定される価値観の特定のシステムでなければならないのであり、それは組織に対する強制的な遵守を意味します。

しかし、正しいことについては、スタッフの行動だけでは、特定の規範、規則、基準を確立するだけでは不十分です。また、この分野における組織の仕事の一般的な方向を定義する一定の価値基盤を形成することも必要であり、採択された規範はその仕様を担当する。

顧客サービス基準

したがって、顧客サービスが好まれる同社の企業文化における特定の要素。それはそこの支配的な価値の現れであり、行動の特定の基準を設定します。したがって、奉仕の基準の下では、組織とみなされる行動の規則と規範を、クライアントとの作業の過程で必須と理解する必要があります。

上記から進行すると、組織は、顧客サービスを行うため、または「自然に」、または特定の要件を実装したことがあります。基準なしで運営する企業は、それが特定の人々に、従業員だけでなく、顧客のその時の気分や行動に大きく依存するようになります。しかし、サービスは一定のルールに基づいて行われる企業、中、すなわち、通信のいくつかの方法をトレースされますクライアントとの動作の概念。

顧客サービスの質

顧客サービスの質は、行動の標準化されたパラメータによって決定され、主なものは次のとおりです。

- 表情とジェスチャー。

- 語彙とスピーチの数式。

- Proxemicsは、従業員がクライアントと通信しなければならない必要な距離を遵守して表現されます。

- 従業員の様子(衣服、メークアップ、装飾)

- スピードとサービス時間。

- 通信の過程におけるセキュリティ。

サービス標準の内容が定義されている組織の機能のいくつかの内外の要因。それらの有効性は、これらの基準を開発する際の要素の認識と考慮に依存します。これらの要因には、立法支援、文化的規範、組織が提供するサービスや商品の特徴などが含まれます。

コメント(0)
コメントを追加