市場経済における国の役割

ビジネス

経営陣の市場環境経済状況の国家規制は、変化する市場状況に既存の経済システムを安定させ、最適化し、適応させるために、州当局および公的機関によって実行される、支配的で立法的な行政的性質です。

市場経済における国家の役割 主に規制に向けられた経済的および社会的環境における最適な生産的バランスが維持されるような市場環境を提供する。加えて、市場経済における国家の機能は、経済成長の刺激、雇用の規制、産業構造や地域の経済構造の積極的なシフト、輸出支援などの分野をカバーする。

元社会主義キャンプの諸国にとって、市場経済は、計画的経済から市場経済への移行中に特に明確に現れた。これは、新しい形態の財産 - プライベートに基づくものであった。

経済政策の対象はスピーカー、ベアラー、同時に、経済的利益のエグゼクティブです。経済の国家規制の目的は、自動的には解決できず、介入が必要な問題や困難がある社会経済的生活の産業、領域、状況、状況、条件、現象です。

市場経済における国家の機能その状態の規制は、経済サイクル、雇用、資本蓄積の条件、国際収支、競争条件、経済構造(部門、地域、部門別)、社会保障、価格、資金循環、再訓練、研究活動、環境、社会関係、対外経済関係など

市場経済のインフラは複雑です市場の完全な機能を保証する、産業的および非生産的な性質の活動の支店および支店。銀行、証券取引所、保険会社、仲介機関、コンサルティング、マーケティング、監査機関、交通機関、ビジネスコミュニケーションツール、情報システム、トレーニングシステムなどが含まれます。すべてのこれらの機関は、貿易の分野での活動を促進し、経済の個々の要素の活動の効率を高める。ロシアでは、これらの要素のほとんどが改善の過程にあり、一部はまだ作成中です。

国家は市場経済に影響を与える既存の制度を強化し、国内のあらゆる変化に適応させたり、国際情勢を考慮したりするために、

危機の間、消費者の活動と商品の需要を刺激し、投資を奨励し、雇用を監視する。この点については、民間資本に財政的インセンティブが与えられている。過剰生産と過剰蓄積将来における過剰生産の危機につながる可能性が資本のを防止するためには、需要、生産と投資の成長を遅くする必要があり、状態は逆の長期的な経済成長の状況では。

州は、さまざまな手段:行政(重大なインセンティブおよび禁止と強制に基づくものではない)および経済的。後者には、金融政策と予算政策の手段が含まれる。

コメント(0)
コメントを追加