組織構造は成功の基礎です

ビジネス

定義の1つは、構造組織は、システムの完全性とそれ自身へのアイデンティティを保証する要素間の内部安定リンクの複雑です。この2つの特性は、特定の瞬間ごとに組織固有の動作と定性的な状態を生じさせます。より明確にするために、組織の構造は、その生産活動、管理、および構造の根底にある原則です。ユニットの数と役割、それらの関係、相互作用のモデルである "ランクのテーブル"を決定する構造です。

組織の構造は
組織の構造は、要素の組み合わせです

エンタープライズのアーキテクチャーまたは任意のものを定義する組織の上級管理者は、中長期的な管理チームの意見を考慮に入れる。理想的な構造は、企業が市場に長い間存在することを可能にする構造です。これは、構成が一般的なタスクに完全に合致し、企業が環境と正常にやりとりし、外部要因や内部要因を考慮し、原材料と人材の合理的な使用を可能にする場合にのみ可能です。企業組織の構造は異なる場合があります。通常、デバイスは異なります:

  • 構成の複雑さと、プロセスを別々の機能またはユニットに分ける程度。
  • 公式化の程度、すなわち規則と手順の実施のための所定の条件。
  • 決定が行われるレベルの数。以下、または完全に分散 - 他人ながら、いくつかの企業は、集中化されてもよいです。

企業の成功した運営のためには、組織の構造は3つの最も重要な要素の組み合わせであることを覚えておく必要があります。

  • すべての労働者の相互関係。
  • 従業員の力、その職務。
  • リーダーシップを尊重した管理方法とポリシー。
    組織構造

組織システムの構造:タイプと機能

組織構造には2つのタイプしかありません。

1。 組織の正式な構造は、管理によって厳密に定義されたシステムです。これは、公式の団体や部門、ワークショップ、グループなどへの人々の分け合いを意味します。また、公式に相互作用、作業関係、コミュニケーションのルールを確立します。

組織体系

2.非公式組織 - 管理に関係なく発生する構造。例:企業の異なる部門の友人のグループ。

どちらのタイプも常にどの組織でも使用されます。 しかし、前者が厳格な規制の対象であり、目標を達成するためだけに役立つ場合、後者は通常、そのような目標に少しは関連している。

組織を構築する微妙さ

組織の構造は、必ず考慮する必要があります:

  • 企業の専門化、分業。
  • 差別化と統合。
  • 協力。
  • ユニットの数、それらの間の関係。
  • 階層。
  • 各従業員の権利、義務、責任(「ヘリンボーン」または「マトリッシュカ」)。

最終的には、競争力は組織の適切な組織に依存します。

コメント(0)
コメントを追加