管理スタイル

ビジネス

リーダーシップのスタイルは一連の方法です従業員のリーダーシップポジションを占める人の影響。リーダーが守っているスタイルは、会社の仕事の効率、チームの能力の実現、そして一般的には組織の成功に影響を与える最も重要な要素です。リーダーシップ・スタイルの最も一般的な分類は、それらをディレクティブ(権威主義者)、民主的(協会的)、リベラルな(無政府の)ものに分ける。どのような違いがあり、どんなスタイルが良いか把握してみましょう。

だから、権威主義的または指令的なスタイル管理は、管理の集中化によって顕著になります。これは1人の管理者によって支配されています。権威主義的指導者は、すべての事件は彼だけに報告されるべきだと考え、彼自身がすべての問題を解決するか、または部下の決定を廃止する。彼はほとんどスタッフの意見に耳を傾けず、チーム全体のためにすべての決定を取る。リーダーシップの他のスタイルは、注文、罰、発言、戒告、利益の喪失などがないことによって、このスタイルとはまったく異なります。権威主義者は専ら上記の方法を用いる。彼は仕事を非常に厳密かつ詳細にコントロールし、部下の利益の上にその事件の利益を置く。急激に大雑把にコミュニケーションをとります。従業員とのそのようなコミュニケーションは、原則として、気分や道徳的、心理的な微気候に悪影響を及ぼします。その結果、従業員のイニシアチブと責任が軽減されます。

連合的または民主的なスタイル 管理は他のものよりも一般的です。 その主な特徴は、リーダー、彼の代理人と部下との権限、責任、イニシアチブの分配です。リーダー民主主義者は、通常、集団の意見、特に生産問題を扱っている人の意見に興味があります。そのようなチーフは、タイムリーに、すべての重要な問題について従業員に知らせます。原則として、コミュニケーションは希望、要求、アドバイスの形で行われます。成功した高品質の業績の場合、そのような指導者は質と効率を奨励するでしょう。注文は必要なときにのみ適用されます。他のスタイルの経営陣をバックグラウンドに押しつけ、民主的に管理している人は、チームの肯定的な気候を刺激し、企業の成功と繁栄にのみ貢献します。

自由主義者の主な特徴は、アナーキースタイル - 経営陣にチーフの積極的な参加が欠如。そのような人は通常、従業員の影響を受けて、静かな活動を好む。彼は、紛争や問題のある問題を解決することから逃れるリスクはほとんどありません。彼の個人的責任をいかに減らすかについて絶えず考えています。リベラルな指導者はほとんど部下を支配しない。そのようなリーダーシップのスタイルを選ぶリーダーは、独創的で独立した従業員を持つクリエイティブチームで頻繁に出会い、尊敬されます。

多くの人が、好みのスタイルリーダーシップはジェンダーに左右されますが、これは完全に真実ではありません。研究者は、リーダーシップのスタイルに影響を与える主な要因は、個人の気質、気質、気分であることを証明しています。これは、成功したマネージャーがいずれかのスタイルの支持者ではないという証拠です。通常、彼らは直感的にさまざまな管理戦略を組み合わせます。

説明されたリーダーシップのスタイルの特徴それぞれの戦略がそれ自身の方法で良いことを証明します。主なことは、適切な状況と特定のチームでそれを適用することです。なぜなら、従業員とその関係に影響を与える多くの要因があるからです。

コメント(0)
コメントを追加