ギターの種類とその主な特徴

家と家族

ギターの種類によって、デバイスが異なるため、異なるサウンドがあります。古いサンプルは徐々に修正されました。ギターのタイプも変わった。

ギターの種類
最初のギターはクラシックに見えました。 特に人気が高いのは、XIX世紀になり、今日でも最大の需要を享受し続けていることです。このツールは初めてラテンアメリカに登場しました(それはナショナルフラメンコのパフォーマンスに最適です)。ギターのボディはサイプレスプレートで作られていたので、その重さは重要ではありませんでした。今マスターは強力な種類の木材を好むこの方法を使用しません。

古典的なギターは通常、幅の広い首を持ち、ルール、ナイロン弦。クラシックギターの大部分には、金属製の弦(常にではない)が適しています。ゲームのテクニックは指です。そのようなギターはバードによって好まれる。

しかし、さまざまな種類のアコースティックギターXX世紀にのみ広がっています。彼らはクラシックよりも身体(ドラム)があり、首は狭く、弦は金属のものだけで設定されています。音は明るく、飽和して、強力です。彼のメディエーターはさらに激化しています。

アコースティックギターの種類

クラシック以外のタイプのアコースティックギターは、戦闘、ソロパーツ、ロック、カントリー、ブルースに非常に適しています。

このカテゴリでは、ジャンボのようなアコースティックギターを強調表示する価値があります。ケースは最大ですが、ベースは明るくなりますが、サウンドは一般により強力です。ジャンボは戦闘や伴奏に最適です。

ギターのいくつかのタイプはハイブリッドと呼ばれています(エレクトロアコースティックギター)。彼らは、内蔵のピエゾ・ピックアップを持っており、アンプに接続することができます。センサーに加えて、彼らは楽器をチューニングすることができ、統合されたイコライザーとチューナーです。ライブパフォーマンスに最適です。

半アコースティック楽器は、ハイブリッドエレキギターとアコースティックギター。かなり大きなデッキが音を増幅するはずですが、共振器の穴が小さくなるとこれを防ぐことができます。アンプが接続され、メディエーターが使用されているときには、音がよく現れます。そのようなタイプはジャズマンに好まれます。

12弦ギターの特徴 - 2弦の構成(6組)。これらのギターの木は、12本の弦のテンションと同じくらい強いように選択されています。「弱い」木は単に生き残れません。だから「十二弦」はかなり重く重い。

戦いに良い(ブルートフォースプレイかなり問題があります)。サウンドのアイデアは、従来の写真とHDR写真を比較することで得られます。複数の写真が適用されると、より彩度の高い画像が得られます(この場合はさらに広範囲です)。

ベースギターの種類
ベースのギターのタイプが際立っています。 ここでの特徴は、ケースの形状、弦の数、エレクトロニクスの受動性(または活動)、首のタイプ(フレットレス、フレット)などです。

便宜上、この種のギターをセミアコースティック、フレットレス、ラダー型に分けるのが一般的です。キーボードツールのほとんどはJazz BassとPrecision(または "Jazz"と "Bass")に属しています。

これらのタイプのベースギターの主な違いはエレクトロニクスなので、ピックアップはp(「ステップ」)と呼ばれ、これらのタイプの名前の最初の文字がjです。

コメント(0)
コメントを追加