ロシアの所得税は常に賃金の13%ですか?

財務

ロシアでは、さまざまな税金徴収があります。 そして、すべての市民はそれらについて知っておくべきです。さもなければ、あなたは法律に多くの問題を起こすことができます。特に、税務サービス。現時点では、公的に利益を受けるすべての市民に課税されます。これはいわゆる所得税です。賃金の13%です。しかし、それはいつもですか?何とかそれを減らすことはできますか?または一般的にきれい?どのような利益に課税されますか?それは本当にすべての市民のためですか?

所得税は給与の13

課税されるもの

実際、いいえ。一部の人々は所得税を払わない。そして彼らのすべてが利益の一部を税務サービスに移すわけではありません。この点について、2016年にどのような制限が適用されますか?

所得税は給与の13%ですロシア連邦における長年の手数料。それはすべての市民が公的利益を受けることによって支払いを受ける。作業記録で作業する必要はありません。結局のところ、この支払いは以下の目的で行われます。

  • 仕事での収入;
  • 財産の売却の結果として受け取った利益。
  • プロパティ/アパートを借りる;
  • ビジネスの結果として受け取った収入;
  • ロシア連邦外の収益。
  • 勝つ。

しかし、いくつかの利益源はこの支払いの対象にはなりません。どれが?

課税されないもの

個人からの所得税(給与から)常に起こります。しかし、現金を受け取る源の中には、この罰金を税務サービスに支払う必要はありません。どのような状況について話していますか?

税収は罰金の対象にはなりません。

  • 3年以上にわたって人が所有する財産からの利益。
  • 利益;
  • 年金;
  • 社会的支払い;
  • 継承。
  • 近親者からの寄付によって移転された。

それは常に13%ですか?

したがって、場合によっては受け取った利益から特定のパーセントを支払うこと。予期される他の利点はない。しかし所得税は常に賃金の13%ですか?

所得税はどれくらいですか?

この質問に対する答えはあまり難しくありません。多くの人々はそう、すべての利益はそのような支払いの対象であると思う。実際には、すべてが多少異なります。

現時点でロシアには規則がありますが、それによると13%が国の居住者である団体や市民によって支えられている。特定の状況下では、利益税が減額または増額されます。 2番目の選択肢は実際にはもっと一般的です。

公式の収入について話したら、はい、13%はすべてのロシア市民に支払わなければなりません。この分野に例外はありません。

その他の賭け

どのような状況で税務当局に多かれ少なかれ収益を移すことは可能でしょうか?この質問に答えるために確立された法律を研究するだけで十分です。

所得税はどれくらいですか?支払人は別の国の市民ですか?外国人は利益の30%を挙げている。ロシア連邦の非居住者によるロシア組織からの収入に対する15%の税金。

一定以下の金利が支払われる場合2015年までの配当または2007年以前に発行された債券で受け取った利益の問題です。実際には、このような状況は非常にまれです。

賃金に対する個人所得税

ほとんどの場合、所得税は給与の13%。しかし、賞金はもっと支払う必要があります。現時点で、ある人が勝利した場合、賞金の35%を支払うか、指定された金額の現金を支払わなければなりません。

おそらくこれらはすべて利益の税率であり、組織や個人が受け取りました。公式の収入からは、常に州に13%を与える必要があることが判明しています。まだこのルールを変更する計画はありません。

コメント(0)
コメントを追加