開発者 "Brusnik"(Tyumen):新しいアパート - 新しい人生

財務

会社 "Cowberry" - 有名なロシア人開発者彼女のプロジェクトは、ノボシビルスク、エカテリンブルク、シュルールット、チュメン、さらにはヴィドノエ(モスクワ地方)の誇りです。現在、Brusnik(Tyumen)の建築業者は、建設されている居住用不動産の量に関して、この国のトップ10の最大の開発者の1つです。

そしてすべてが始まった...

13年前、チュメンでは、持ち株会社「パートナー」に「Partner-invest」という名前の小さな会社が最初の家を構えました。

2年前、5つの都市にブランチを結ぶブランディングがあり、同社は「Brusnik」(チュメーン)として知られるようになりました。

設立以来、同社は100万㎡以上の住宅を建設してきました。そして、これは経済から高級クラスまで20,000のアパートです。

リンゴンベリービルダー

私たちの時代

その存在の都市では、開発者建設業だけでなく、関連産業においてもシステム形成企業となります。 「Cowberry」は、住宅モーゲージ貸付機関、州および地方自治体当局、住宅開発基金、大手銀行会社(公的および私的)と緊密に連携しています。また、 "Brusnik"(チュメーン)の建築家は、政府下のワーキンググループと開発者NOZAの国内団体に含まれています。

加えて、 "Cowberry" - さまざまなレベルの予算の責任ある納税者。彼は積極的に非営利のイニシアチブを自主的かつ大衆的にサポートしています。

同社は詳細に特に注意を払っている。 3つの球がこのために作成されました:

  • 一般契約の機能。
  • 建物の設計;
  • 家の管理。

したがって、「カウベリー」は建物を建てるだけでなく、積極的にその人生に参加します。

カウベリーチューエン

新しい入植者に愛をもって

成功したアーキテクチャソリューションにより、広々とした快適な宿泊施設です。居心地の良い中庭エリアは、子供たちと遊んでスポーツをするのに非常に便利です。歩道や歩道、歩道は、歩行者や自動車運転者、サイクリストが互いに干渉しないように考えられています。建築家「Cowberry」(チュメーン)の見解で判断すると、各庭は、子供向けの近代的な遊び場と大人向けの場所、そして10代の人のためのストリートシミュレータを備えたスポーツ場を誇りにしています。

チュメン

開発者の明るいプロジェクトの1つは、マイクロディストリクト "ヨーロッパ"です。 4年前、彼はロシア建築祭「ゴールデンキャピタル」のグランプリを獲得しました。

昨年12月、国家景観建築賞の銀賞受賞者は、生活環境の複雑な改善の最善の目標である「Novin」プロジェクトになりました。

同社との協力のおかげでSurgutneftegazbank、 "Brusniki"のアパートは特別な条件でモーゲージで提供されています。第一に、前払金はなく、第二に、最初の1年半の支払いは8.38%の率で計算されます。そして、これは毎月の支払いを平均14,000ルーブル減額します。新しい家に移動する前にアパートを借りたり、将来のインテリアのアイテムを購入することが可能になるのはなぜですか?

リンゴンベリー

2016年に、 "Brusnik"(チュメーン)の建築家が首都の外で最初にプロのスノーボードパークを開けました。

ノボシビルスク

ここでは、すべてのプロジェクトが2010年には、 "Sibakademstroy"という会社に加わりました。昨年、居住地域 "欧州銀行"は、地域の統合開発の実施プロジェクトの中で最高でした。町の計画コンテストの主催者は、建設住宅省です。

エカテリンブルクの建設

この都市では、 "Brusnik"(Tyumen)社がスタートしました2012年にその作業。そして、3年後の競争の中で、「ビルオリンパスは」それは赤い英雄の住宅団地は、マンションのエコノミークラスと快適さと最高の複合体として勝利建て。

クランベリーチュメマンビルダーのレビュー

ポストスクリプト

昨年、モスクワ地方のVidnoye市では、 "Brusnik"(チュメニ)の建築家が最初のプロジェクトを建設し始めました。

エカテリンブルクでは、建設中の100メートル住宅団地 "Kandinsky"には、 "a la Ruc"のスタイルのマンションである建築物の記念碑があります。マンションの建物にある博物館の中心には、「Brusnik」(チュメーン)の建築家が記念碑を傷つけると非難されています。 2014年に、エンジニアリング専門家の決定により、一部の請求が拒否されました。しかし、これにもかかわらず、同社は継続的なジオモニタリングを開始し、この記念碑の修復のためのプロジェクトを提案した。同社は住民だけでなく、将来の隣人についても配慮しています。

コメント(0)
コメントを追加