オートバイの保険が必要ですか?

財務

近年、オートバイなどの輸送の需要が高まっています。二輪車「鉄馬」は、若者だけでなく、高齢者の間でも非常に人気があります。

オートバイ保険
現代のオートバイは非常に美しく、強力で、クロムとニッケルメッキパーツで仕上げられていて、誰も気にせず、誰もが座るだけでなく、乗って自分で購入したいと考えています。毎日ロシアの道路でその数が増えます。この場合、各ドライバーは、オートバイに保険が必要かどうかについて質問します。

運送保険

2003年以降、ロシアは法律を可決した運転者は強制保険の方針を取得しなければならない。この法律によれば、保険に受理された車両のリストが決定された。今日、自転車は保険の対象となる車両のリストに載っています。それは、オートバイの保険CTPが必要であることが判明し、それがなければ道路上を移動することはできません。

オートバイ保険
しかし、多くの保険会社は保険のためにオートバイの受け入れを拒否しています。この拒否は、オートバイ保険が不利益な種類であり、企業が支出から逃れることを望んでいるという事実によるものです。

強制的な二輪車保険

強制保険の法律は、自動車、オートバイ用です。保険事故の場合の最大支払額は、運送については40万ルーブル、健康の場合には50万ルーブルです。オートバイ保険と保険手続きは、自動車保険と変わりありません。個人パスポート、車両用書類、運転免許証、診断カードが必要です。オートバイの所有者でない場合は、オーナーのパスポート(コピーまたはオリジナル)を提供する必要があります。

オートバイ保険の計算方法

保険料の大きさを決定するベースと補正係数が使用されます。カテゴリーAの車両について2015年に設定された基礎係数は867ルーブルである。この基本的な係数には、所有者の登録、経営者に認められる運転手の年齢および経験に依存する補正が乗算される。

オートバイ保険を計算する
係数についても忘れないでくださいボーナス・マルスまたはディスカウント。法律によれば、すべての運転者は、無災害乗車のために年間5%の割引を受ける。毎年割引が合計され、基本保険料を下げるために適用されます。

しかし、参加したドライバー事故を起こして加害者であった場合、割引にはカウントしないでください。このカテゴリでは、年間の損失の数に応じて、個別に決定される倍率が提供されます。

作り方

オートバイ保険CTP(Rosgosstrakh任意のオフィスに登録するためのオファー)は問題なく入手できます。あなたはあなたと一緒に書類の完全なパッケージを持っている必要があります。あなたがする必要がある最初のことは、保険アプリケーションを記入することです。すべてのパスポートデータと車両に関するデータを指定し、オートバイを使用するドライバーの個人情報を提供する必要があります。

オートバイ保険rosgosstrakh

完成した申請書に基づいてのみ保険会社の代理人が保険料を計算し、OSAGO契約を発行します。しかし、オートバイの保険は、検査の後にのみ行われるという事実を考慮する必要があります。したがって、保険会社に来る前に、車両を準備して洗濯する必要があります。

個人的に保険に加入したくない人検査のためにバイクを見せているラインで待っている会社は、インターネットを通じて保険契約を結ぶことができます。 2015年7月1日から、オートバイ保険のオンライン保険が発行されます。

Rosgosstrakhはまた顧客を提供します同社のオフィスを個人的に訪問することなく、ワールドワイドウェブを通じてポリシーを購入する。これにより時間が節約され、数分で保険の問題を解決することができます。どのようにCTPの電子フォームの登録のプロセスは、通常の論文とは何ですか?

電子政策の登録

強制保険の方針を発行するオートバイの場合は、会社の公式ウェブサイトにアクセスし、簡単な登録フォームを通過する必要があります。登録後、あなたの個人メールにアクセスコードが送信されます。アクセスコードは、契約書にサインアップして電子署名として使用するときに必要になります。

オートバイ保険osago rosgosstrakh
キーが受信された後、あなたは戻ってくる必要があります会社のウェブサイトにアクセスし、申請書を記入してください。アプリケーションのすべてのフィールドが正しく入力されるとすぐに、受信したシークレットコードを入力して情報の正確性を確認する必要があります。さらに、データは自動的に処理され、オートバイの保険が計算され、発行されます。クレジットカードまたは電子ウォレットを使用して契約の代金を支払うことができます。支払い後、電子形式のCTPはPCAウェブサイトに登録され、郵便局に送られます。この様式は、通常の論文と変わらない。

登録に必要なもの

購入に必要な書類の一覧電子的な方針は、保険会社の事務所の契約に必要な書類と変わりはありません。パスポート、オートバイの書類、運転免許証、診断カード(車両が3歳以上の場合)、電子キーが必要です。

オートバイ保険が発行されると、Rosgosstrakhはさらに、生命保険を締結することを申し出ます。この種の保険は、重大な傷害を負う傾向があるため、モーターサイクラーにとって非常に重要です。

交通警察官に保険を提示する方法

オフィスで通常のCTPポリシーを購入した場合保険会社は、フォームと個人用の書類を提供するだけで十分です。オートバイの保険が電子的な場合は、フォームを携帯電話やタブレット上で電子形式で表示すれば十分です。

オートバイ保険が必要ですか?
交通警察官は、OSAGO RSAデータベースにアクセスし、あなたの車のVIN番号でそれが保険であるかどうかを確認することができます。それが電子形式でフォームを提供することができない場合は、フォームが利用可能であることを発表し、従業員にPCAデータベースでそれを独立してチェックするよう依頼することで十分です。

オートバイ保険3ヶ月から1年の期間実行されます。各自動車運転者は、道路に行く前に、彼にとって都合のよい期間に強制保険契約を購入しなければなりません。法律の違反は、バイクの保険料の何倍も高い罰則だけでなく、保険事故が発生したときの支払いの拒否も規定しています。

コメント(0)
コメントを追加