個人所得税申告の提出条件

財務

すべてのマネージャーと会計士は、特定の団体への報告書類の提供は、企業の存続と国家の法令の実施を確保するための前提条件である。レポートの配信条件とレポートの種類は、企業の課税システムによって異なります。

組織に課税される場合、一般税制、個人所得税レポートの作成と提出は、同社の会計士の責任です。 FTSの検査官、社会保険基金、年金基金に報告書を提出する必要があります。また、年に一度、統計機関に報告書を提出する必要があります。あなたは3月30日までにそれを戻すことができます。

シンプルに税金を払う企業社会保険基金、年金基金に四半期報告書を提出する。統計機関と連邦税務局の報告は、年1回、3月30日まで提供されるべきである。

個人の場合起業家であれば、関連文書を引き渡す必要があります。書類が賃金を課せず、一般税制に税金を払っている起業家の場合、報告書は連邦税務局の検査にのみ毎週発行されます。賃金を計上したが、税制の簡略化されたシステムの下で税金を払っていないこれらの起業家は、四半期ごとに次の書類を提出する必要はないではありませんが、彼らは月の終わりまで、連邦税務サービスの適切な検査、および追加の統計機関への年次報告書を提供する必要があります。

必須の報告書を提出することは注目に値する企業の活動が利益を生むかどうかが必要です。会社が設立されたばかりの場合、収益性のレベルに達するまでには時間がかかります。従って、その報告はゼロであり、適切な統制機関に提出される。このケースで勘定を提出する締め切りは、適切な税制の組織に採用された一般的な規範と一致します。組織が金融取引と金銭取引を行っていない場合、ゼロ報告が処理されます。

提出を簡素化し、締め切りを遅らさないために報告書の提出は、2-ndflと呼ばれる電子形式の書類を提出することができます。各個人および税率について2-ndflの報告が完了します。電子システムは、かなり単純なインターフェースを有しているだけでなく、企業の会計士の時間を節約する。報告書の電子形式では、報告書類が作成されている組織の名前と税務検査が提供される場所の欄に記入する必要があります。組織カードで指定されているものと異なる場合は、OKATOコードを指定することもできます。組織の事業所に割り当てられたコードとは異なるIP登録場所のOKATOコードを持つ個々の起業家には、コードの表示に特に注意を払う必要があります。この報告書はまた、税率の大きさと、会社の従業員または私企業者の居住地を示しています。組織に支払われるすべての従業員のための文書は、アルファベット順に作成する必要があります。報告書が完全に作成された後、それはその人の責任者または管理責任者に署名するために提出されなければならない。 2-ndflレポートの提出期限は、最高権限当局によって定められています。 3月31日より前に納品する必要があります。

報告書の提出期限が期限切れになると、国家機関は企業をチェックすることができます。さらに、文書の提出が遅れれば、行政上および刑事上の責任が生じる可能性があります。

個々の起業家は、しばしば3-ndflや4-ndflなどの単純な電子レポートを作成します。

コメント(0)
コメントを追加