市民の財産権

財務

市民の所有権。概念。

財産権は、財産の所有、使用、処分権を行使するための関係を規制する一連の規範です。

自己所有権 - 財産を実際に所有する占有者の能力、財産に対する経済的支配の法的に可能な可能性、それを自分自身とみなす。

使用する権利は、使用された財産から有用な財産を抽出することが法的に保証されています。

処分する権利 - 法的に重要な行為を行う所有者の能力(寄付、売却、変更など)。

市民の所有権。目次

プロパティの所有者は、自分の要求に応じて権利を持ちます規範的行為と矛盾することなく、他者の権利、正当な利益を侵害しない行為を彼にすること。所有者は、物件から何らかの利益を引き出すことができ、それを使用することはできず、損害または破壊する可能性もあります。所有権は、民間、州、市町村のいくつかの形で表現することができます。

独立した種類の私有市民の所有権です。市民は彼の財産の私有の所有者です。市民は、財産の利益を引き出すことを目的とした個人消費と起業家活動の両方のために、彼らに割り当てられた財産を使用することができます。市民は、流通から撤回され、売上高に制限されているものを除いて、あらゆる物(財産)に属することができます。しかし、通常、量に制限はありません。市民の所有権は、可動式(テーブル、ソファ、テレビ、コンピュータ、車など)と不動産(ダッハ、住居、アパートなど)の両方に広がっています。同時に、不動産と一部の不動産は、所有権を確認する書類を持っていなければなりません。この文書に基づいて、その後の財産は処分されるか、保険金を受け取るか、または必要に応じて所有権を確認することができます。利用可能な不動産の所有権を確認する書類は、公証する必要があります。

権利を規定する主要文書市民の財産は、民法である。所有権に関連して生じる紛争は、この規制行為に従って解決されるものとします。彼らの(紛争)が独立して解決できない場合、民事訴訟においてクレームの陳述を裁判所で取り扱う機会があります。あなたの財産の盗難の場合、刑事訴追当局に申請することができます。

市民の私有財産の形態:

1.従業員としての労働に基づいて形成される財産。

経済活動(自己)の結果として形成され、利益を得ることを目的としない財産。

自らの労働に基づいて、起業家精神の結果として形成される財産。

4.雇用労働に基づいて、起業家精神の結果として形成される財産。

市民の所有権。教育の方法:

1)一般社会:公的資金による給付と恩恵、慈善資金からの支払い、人道援助など

2)一般市民権:寄付、遺産、資本利益など

個人の所有権は、私たちの生活の中で最も重要な機関は、私たち一人一人が不動産を持ち、多くが不動産を持っているからです。財産権の保護は、国家が直面する最も重要な課題の1つです。

コメント(0)
コメントを追加