退職要件は、民法では逆の要件です。退行要求:記述、特徴および特性

財務

退行要件は法的基準ですそれは経済の金融および保険分野に関連している。ほとんどの場合、このコンセプトは民事訴訟を取り扱う弁護士が直面しています。確立された規則に従って、発生した損害を補償した組織は、損害賠償請求権を行使し、支払われた報酬額の加害者から補償を請求する可能性がある。このルールはArt。 1081 GKRFおよびその他の規制。この権利は、このように損失を最小限にしようとしている保険会社によって使用されることがよくあります。

退行要求は

退行要求とは何ですか?

このコンセプトは、訴訟でよく見られますが、保険会社の払い戻しを目的とし、事故の加害者にそのような主張を述べた。同様のルールが、銀行部門と金融部門ではじめて登場しました。銀行は、銀行がすでに支払っていた無効請求書を発行した者に退職訴訟を提起した。訴訟の不可欠な部分は、裁判所に対する直接の訴訟です。

償還権の仕組み

退行クレームは、保険自体の資産です。彼女が実装しようとしている会社。この場合の補償額は、保険金の額に限られます。この規則は、ロシア連邦民法第1081条第1項に規定されています。さらに、保険会社は、保険請求の検討中または訴訟の審理中に生じた費用の払い戻しを請求することができる。後者の場合、この項目はクレームのステートメントに含める必要があります。

頼りになる権利

CTPの保険要件

発生の最も一般的な変形退行的主張 - CTPの方針の下での主張の提示である。おそらく、保険者は以下の場合に現金支払いを要求することがあります。

  • 被害者の健康や生活への害悪意のある人。例えば、それが意図的になされ、それが裁判所で証明された場合、打撃は罪のある人からの現金支払いを請求する理由になります。
  • 被害者が演技者によって引き起こされた場合アルコールや薬物の影響を受けて。この事実の証拠は、医学証明書の役割を果たすことができます。アルコール中毒(または麻薬)の事実が医療従事者によって証明されていない場合、保険者の回帰クレームは満足できません。そのような行為は、事件に付随しており、一方または他方からの証拠としての役割を果たすことができる。
  • 事故による被害が、この時点では、車両を運転する権利はありませんでした。これは、違反者が運転免許証を持っていなかった場合、または以前の交通違反のために違反者を奪われた場合、保険会社の回帰的な請求が法的に信頼できる根拠を有することを意味します。

保険会社の償還請求

回帰要件の適用の他のケース

この払い戻しは、事実ではない事故の際の行動規範の悪質な違反。しかし、この法律の条項を利用するには、保険会社の代理人が事故責任者が実際に現場から姿を消したことを証明しなければなりません。そのような犯罪の事実を記録する行政訴訟は、裁判所では十分な証拠ではない。運転手の行政責任への関与に関するデータは、訴訟の資料に添付されるべきである。保険会社の代理人は、運転手が意図的に事故現場を去ったことを説得力をもって証明する事実を提出する義務があります。

保険契約に基づく抑止的請求

自動車保険の方針は通常、被保険者の管理者に認められた。損害賠償が確定した場合、その加害者は運転手として運転手としてOSAGOに契約に含まれていなかった者であり、保険会社は訴訟の権利を有する。

交通事故に頼る

このタイプの要件は、保険契約には、保険自動車を運転する権限を持つ人の数を制限する条項がありました。この要件を考慮してMTPL契約を締結しなければならない被保険者の車両使用の制限は次のとおりです。

  • 被保険車を運転する権利を有する人のリストを指定する。
  • 保険期間内にこの車両を使用することができる期間を示します。

保険に車両の運転を許可された人のサークルについての条項が含まれている場合、この車両を運転することが認められた運転手の名前をポリシーに明記する必要があります。

市民限定利用の場合一定期間の車とは、特定の季節に車を使用できることを意味します。たとえば、クルマ・カブリオレの場合、使用制限は暖かい季節に限られますが、冬期のみスノーモービルを保証することは理にかなっています。組織や企業はまた、保険期間を給水、季節の除雪機械に適用する「季節的」保険を利用することができます。

これらの条件に違反した場合被保険者は支払いを拒否するポイントのリストには含まれていないため、保険会社は支払いを拒否する権利を有していません。しかし、保険契約の条件に違反した場合、被保険者は保険会社の義務要件に遭遇する危険にさらされます。

オサゴ退行クレーム

技術検査と退行要求

私たちの法律に合意された日付はありません。技術検査クーポンの発行による保険契約の取得。一方、2012年には、トラック、自動車、タクシー、トラック、乗客バス、その他の輸送手段の国家技術検査のタイムリーな通過を自動車所有者が確実に守る義務が課せられた。保険事故の発生時に技術基準の有効期間が満了した場合、保険会社は請求を行う権利を有し、この場合のCTPの回帰的要件は満たされる。

退行的主張を引き起こすケース

特に、保険会社は報酬の支払いを請求する権利があります。

  • 保険事故の発生の「不具合」が自動車不調であった場合
  • この故障がメンテナンス作業者によってすでに発見されているが、そのデータが診断カードに入力されていない場合。

保険会社訴訟

保険会社が回帰請求をした場合の対応

そのような状況では、すべての車の所有者が自分自身を見つけるかもしれないので、保険会社の請求が裁判所で妥当な方法で議論される訴訟のアルゴリズムを指定することは有用である。

第一段階では、保険会社が訴訟請求をする権利を持っているかどうかを調べることをお勧めします。これは、この記事の前の段落を読み返すことで見つけることができます。

保険会社にすぐに譲歩する必要はない償還時に払い戻しに同意する。被害者の立場から、また悲劇の加害者の立場から、財産や健康に損害を与えた事故その他の事件を証明しなければならない。まず、賠償金の犠牲者への移転は、請求の基礎となるべきです。そのような支払いが拒否された場合、償還請求による保険の請求はすべて安全に却下することができます。

保険者は保険金を犠牲者に移転する瞬間にのみ訴訟の権利を有することに注意してください。

クレームの量と行動の制限

被告は保険金請求に挑戦することができる保険金請求額が保険金支払額を超えた場合、法律によれば、訴訟金額は実際の保険金支払額を超えるべきではありません。また、有効期限が切れていないことを確認する必要があります。そうしないと、保険会社の訴訟請求が自動的に却下されます。

制限期間の開始を考慮することができます保険者が保険料納付義務を履行した瞬間。保険金請求の期限がまだ切れていない場合、犯人は保険会社の退行保険金請求に反対することはできません。

保険会社の償還権

そして、交通事故により、保険会社は訴訟裁判所の意思決定を希望する理由を得ることができます。個人の行為が保険事故の発生に至ったが、何人かの理由で有罪判決が出されなかった場合、保険会社の訴訟の請求は正当な理由がありません。

コメント(0)
コメントを追加