どのようにオフィススペースを選ぶ?

財務

それが個々の起業家であろうと事業の企業の頭であろうと、第一のステップは、その活動を実行するための施設または事務所を決定することである。

原則として、この側面が最も重要と考えられています。私的なビジネスでは、解決するのが最も難しいです。モスクワでのビジネスのためのオフィスは、あなたの要求と資金の特定の金融準備金に基づいて見つけることができます。はい、これはすべて明確ですが、ワークフロープロセスを改善するために、オフィスチェアも購入することをお勧めします。たとえば、ビジネスの前提またはオフィスは、次の3つのトレーニングオプションによって特徴付けられます。

(アパート、ガレージ、コテージなど)。

- 家賃。

- 購入する。

あなたが選ぶ方法にもかかわらず、事件の実施のための命令は、生産目的でこの事務所を使用する権利に関する地方行政機関の許可を得なければならない。これは整理されているが、オフィスのために購入する余分ではない オフィスチェア ビジネスに応じてバースツールを使用できます。

自分自身を発見する方法を簡単にするビジネス、それは購入するか、賃貸するオフィスを選択することが最善です。その後、バースツールの購入について考えてみてください。以来、これらの施設の許可はすでに手元にあります。

ビジネスワークスペース - 個人不動産。あなた自身のビジネスのオフィスのためのこのタイプのアパートメントデザインは、生活実践において非常に頻繁に使用されます。しかし、すべてには、肯定的および否定的な点があります。

1.プライベート起業家は公益事業のみを支払う。

2 生産目的でアパートを使用する許可なしに、ビジネスマンは活動を行うことができません。したがって、起業家自身が別の住所に登録する必要があります。はい、すべてこれで明らかですが、作業プロセスを改善するために、私たちは購入することをお勧めします バースツール.

3.ほとんどの場合、自分のアパートで自分のビジネスを始めることは、部屋の再開発に関連します。このためには、許可を得るために多くのインスタンスを通過する必要があります。

あなたが個々の起業家として、相当な現金預金がある場合は、ビジネスのための部屋を買うのが最も安全です。私たちはこれに対処しましたが、そのような作業スペースでは、オフィスチェアを買うのが良いでしょう。この場合、次の点に注意する必要があります。

部屋の価格は減少する。あなたがオフィスを買うためにローンを取ったならば、あなたのビジネスがあなたが全額かつ時間通りにそれを支払うことができることを完全に確かめなければなりません。

あなたが新しい部屋ではなく、二次的な部屋を購入している場合は、その修理のための資金の支出を分析し、このオプションが有益かどうかを考えます。

- この敷地内の毎日の課税とその売却総額。

- 資格のある弁護士と緊密に協力して、文書全体を完成させる。

コメント(0)
コメントを追加