IPによる現金引き出し:責任、制度

財務

ビジネスを行う、いずれの会社も当座預金から資金を引き出す必要があります。法律上の行為では、特定のケースを徹底的に吟味して、銀行から資金を引き出すことができます。これらには、軽微な経費の支払いが含まれる。 「封筒」で賃金を支払っている企業で問題が発生する。彼らが大幅に引き出すために必要な金額は上限を超えています。この記事では、IPによる現金引き出しの方法に関する情報を提供しています。確立された制限に違反して提供された責任も分析されます。

エッセンス

「キャッシュアウト」という言葉は、通常、複数の意味。これは、口座からの資金の法的撤回、現金での現金以外の資金の移転と理解されています。お金を得るための不正な操作は同じ名前を持っています。これらの概念の間の線は非常に薄いです。違法取引の本質は、税金を払うことを避けることです。これは違法です。

IP負債による現金引き出し

会社は資金の一部を引き出したい税金を払わずに。この目的のために、IPによる前払いによる商品の供給契約を結ぶ。記載金額には、仲介手数料が含まれています。製品は一般的に提供されない場合もあります。このようなスキームは、追跡が困難な位置を使用する(以下でより詳細に説明する)。移転後、PIを介してお金を現金化しています。そのような取引の税金予算は記載されていません。受け取った金額は、顧客に合意された割合を差し引いた金額です。

もちろん、IP(UTII)による現金引き出しは企業カードに転送することができます。しかし、引退限度額は非常に小さい。したがって、道を探す必要があります。

統計

近年、シャドーセクターにおける資金の量増加した。内務省は、2014年上半期のみで145億ルーブルを払い、違法に口座から引き出し、海外に輸出した。これは未払いの税金、横領と賄賂です。このような事業のための仲介業者の収入は80億ルーブルに達する。

スキーム

SPによる現金引き出し(USN)法的には、しかし、ある程度のリスクは、いくつかの理由で実行することができます。誰も実際に提供していないサービスの支払いの形態での最も人気のある仕組みと、膨らんだ価格での商品の購入はすでに検討されている。

農産物の購入。 そのような商品は腐敗しやすく、書き忘れやすく、有効期限が過ぎても存在または不在を証明することは非常に困難です。同様のスキーム:起業家は農場の長として登録され、知財を通じて現金を現金化する。不正な取引に関与するリスクがあるため、「特化したオフィス」のサービスを使用する責任は非常に高くなる可能性があります。

未処罰による現金引き出し

大規模な金額は修理のために償却されることもよくあります。敷地内にあります。作業が実際に行われたことを証明することは非常に困難です。もう1つの選択肢は、5〜15日の遅れが予想されるサービスの前払いである。実際、この期間の終了後、取引の両当事者は既に清算されている可能性があります。

延滞した契約に対する罰金の支払い。 この文書は、義務を履行しなかった場合の「厳しい制裁」を規定している。罰金の額は、契約の価値の100〜200%とすることができます。そのような条件は具体的には実施されていない。

別の方法

他にどのように現金引き出しがありますか?IPを通じた資金?代理店保険契約は第三者に有利です。発生する可能性のある訴訟を特定し、その払戻しを従業員の1人に支払った後、契約によって払い戻す。

スポンサーシップを通じて慈善団体。受け取ったすべての資金は口座から引き落とされ、組織のメンバーに発行されます。無形製品(著作権、ノウハウ、フランチャイズ)は評価が非常に難しい。したがって、ライセンス契約によって、「発明家」は大量の金額を譲渡することができます。検査機関の問題を避けるために、事前に自分自身を保証し、一連の書類、計算書、図面、証明書を準備する必要があります。

私たちを通して現金引き出し

IPによる現金引き出し:問題と解決策

撤退に関する政府の規制強化口座からの資金は、アカウント管理から海外の所得の合法化まで、顧客に幅広いサービスを提供する現金支店の出現の前提条件となっています。価格は、金額や希望に大きく左右されます。現金の場合、大規模卸売業者は約0.9%を請求することができます。アカウントにクレジットを振り替える操作は、より多くの費用がかかります。額が小さいほど、手数料は大きくなります。サプライヤーは通常、大量の現金を保有する信託および運送会社です。

ほとんどの場合、法人が資金を会社1日。費用の見地から、この金額は課税ベースから導き出される。その後、当座預金は個人口座に振り込まれ、ATMでプラスチックカードを介して引き出されます。この操作は特別な訓練を受けた人々によっても行われます。最終段階は、顧客に送金することです。

非課税による現金引き出し

IPによる現金引き出し:罰

特定の取引の詳細に応じて、刑法の条項に違反する可能性があります。

  • 脱税 - 芸術。 198(個人)、Art。 199(起業家);
  • 収入芸術の隠蔽を助ける。 199.2;
  • 文書の改ざん - 美術。 327;
  • 違法なビジネスアート。 171;
  • マネーロンダリング - 美術。 174。

大規模な持ち運びには非常に危険です。IPによる現金引き出し。いくつかの記事の責任は数年間の投獄です。しかし、厳しい刑罰が常に適用されるわけではありません。

ほとんどの取引は、不当な銀行業務の実施は、アートの違反です。刑法の172条。そのような起業家は、不法な現金決済サービス、決済口座の管理および回収を行います。法律の下でこのような業務を行うためには、「銀行と銀行活動について」がライセンスの発行を規定しています。

代理契約による現金引き出し

もしあれば、刑事訴訟が提起される。大規模な収入(150万ルーブル以上)。この状況は、最低3,000万ルーブルが1日の会社を通過する場合に発生します。この記事の下の執行猶予が提供されています。しかし、そのような罰はめったに使われません。通常、囚人は執行猶予を受ける。

刑法の近代化

2015年に、アートの改正。刑法第173条 これは、IPによる不正な現金引き出しに対する厳しい罰則を規定しています。責任は、これらのダミー企業を登録するか、またはそのような違法行為を行うよう強制する。問題はそれが証明するのが難しいということです。アートとは別に刑法の159は、予算資金の横領について述べています。軽度の犯罪に対する刑事責任は、最長3年間拘禁されています。

un envdによる現金引き出し

マネーロンダリングチャネル

「ポンピング」とは、犯罪者が使用することを意味する1日の企業だけでなく、銀行、送金システムも含まれます。 2014年のサンクトペテルブルクでは、3人のグループが600億ルーブルの不正なキャッシュアウト業務を行った。彼らは様々な法人のために銀行に口座を開設し、資金を受け取り、ロシアのポストを通じて個人に送った。

当行は、法人との契約を締結している。アカウントのメンテナンス。彼はクライアントの間に1日の会社があるという事実に気づいていないかもしれません。銀行での検索の後に、そのような誤ったオフィスの文書および「クライアント銀行」への鍵が見つかった場合、信用機関の関与について話すことが可能である。しかし、そのような状況は非常にまれです。ほとんどの場合、信用機関は、現金引き出しに関係する者の不正行為を確認するためのツールです。

未解決の問題と解決策による現金引き出し

この規則の例外はZAO"マスターバンク"。 2007年以降、信用機関は14件の刑事事件に関与しており、そのうち6件は現金化に関するものであった。非常に大量の情報が蓄積されると、彼らはその定性的評価を開始した。法執行機関は銀行支店に検索を行い、その後にしか証拠を見つけられませんでした。

結論

キャッシュアウトを排除しますが、それを狭い枠に押し込もうとする。規制当局の措置によって違反者が料金を10%以上引き上げることを強いられた場合、この事業に従事することは不利益になります。襲撃でも同様の状況が発生した。過去1年間で200件未満の刑事訴訟が起きています。

コメント(0)
コメントを追加