現金帳の適切な管理。

財務

現金帳は特別な書式です現金に関連するすべての取引を反映している。それは、すべての領収書と発行金を考慮に入れます。キャッシュレジスターはレジ係によって維持されるべきである。どんな組織でも、理論的にはそのような本は1つだけです。同時に、シートに番号が付けられ、ひもが付けられ、組織のシールが貼られます。本の終わりには、チーフ・アカウンタントと企業の長が署名を付けた番号の付いたページの数が記録されます。ただし、独自のユニットを持つ組織(代表的な支店、支店)は、単一の現金帳がなければできません。なぜなら、それは非常に困難であり、場合によっては、すべての収入とそれに対応する現金書類を毎日本店に持っていくことは不可能です。さらに、現金帳の最初のシートには、組織の構造的細分を示すための行があります。これは、各部門が別々の現金帳簿を維持することが可能であるという間接的な証拠として役立つ。

出納係の報告書の記録は2つにする必要がありますコピー(コピー用紙による)。この場合、現金書類のメンテナンスは、最初のコピーがその中に残っていることを提供し、後者は現金出納係の直接的な報告書として機能する。インスタンスには同じシーケンス番号が付けられます。現金帳の注文は、合意されていない抹消や訂正を防止します。しかし、誤りが規定された後、主任会計士と出納係が必ず証明(署名)しなければならない訂正をすることができる。

現金収支の維持は、すべての記録は、現金出納係への出金または領収書の直後に記入されるべきである。レジは一日あたりのすべての取引の集計の結果を保持している一日の終わりには、手持ちの現金のバランスをもたらし、一緒に物資や現金順で経理部門にレポートを送信します。レジ係から必要な書類をすべて受領した後、会計士は本の本の写しを署名しなければなりません。

現金帳のメンテナンスは毎日行う必要があります。 アカウントに各一日の終わりに手にお金の残量を取る必要があります。右の署名現金楽器を持って、言うまでもなく会計士及びその他のカウント労働者がレジの職務を行うべきではありません。書籍の適正な実施と遵守のモニタリングに関しては、主任会計士なされるべきです。

組織と個人の両方起業家は、銀行に興行収支の限度額を設定するよう求めている。この設定された限度額を超える金額はすべて、信用機関に提出する必要があります。だからこそ、銀行は絶対に誰もが現金帳を保有するよう要求している。 IPは、他の組織と同等レベルであるとみなされます。しかし、これは完全に正しいわけではない。ビジネスマネーは個人のマネーから分離されていません。したがって、法律は支出にいかなる制限も設けていない。

しかし、融資担当者組織、および従業員は、起業家の活動はすべての法人の仕事と同じ法律によって規制されるべきだと考えています。同時に、税金勘定から撤回する過程または知的財産権の勘定の検証中に、税務当局は現金帳簿の提示を要求することがあります。それ自体で主張し、しばしば税務検査官は責任と罰則について言及します。実際、PIは、現金操作を実行するために必要な手順に違反した場合にのみ責任を負いますが、現金帳がない場合は責任を負いません。

コメント(0)
コメントを追加