個人所得税

財務

身体人の所得に対する課税は、賃金のわずかな割合を源泉徴収する。このタイプの税金は、国の予算に最大の利益をもたらすため、経済全体の発展に役立ちます。これは、オブジェクトと課税対象との存在を前提としています。

オブジェクトは実際に受け取ったものと理解されます国民の収入課税対象には、これと他の国の市民である働く人と、無国籍者が含まれます。所得は個人の年間所得として認識され、会計はすべての源泉、すなわち各職場で現金と現物の両方で維持されます。収入を計算するとき、国の非居住者について話すと、特定の国の領土内にある出所のみが含まれます。

総収入では、賃金だけでなく賃貸料控除、完売した不動産からの利益、非国家資金による年金支払いを含む。金銭的な形態に加えて、物品の会計処理が行われます。これには、公益事業の支払い、雑誌への定期購読、公共交通機関のチケットの支払い、健康リゾートへのバウチャーのかなりの割引が含まれます。これはすべて雇用者によって提供され、州の基金に少額の利息を払う必要があるため、個人所得税が課されます。

場合によっては、雇用主が従業員平均市場価格よりはるかに低い価格で希少品や高価品を購入すること。この場合、差額は利益に課され、課税対象となります。法人が一時的に財政的困難を抱えている場合、労働の支払いは現物で行うことができます。個人所得税には、このような状況が考慮されます。

ロシアの所得税は、職員の給与から必要な額を徴収する雇用主。納税者は、以下のタイプの利益に基づいて発生した個人所得税を独自に払います。

  • 個人資産の売却後に受け取った金額は、移動可能でも不動です。少なくとも3年間課税対象の所有権に従うこと。
  • 賃金に関して、雇用者が客観的な理由により、予算と予算外の資金を払っていない場合。税務の実践において、税務当局と呼ばれています。
  • 株式、債券その他の金融商品の定期的配当、不動産の引渡しから受け取った賃料。

しかし、政府機関は、雇用主によって譲渡された税金のために大きな利益を得る。所得税の額は、毎月の給与の平均15%です。

どのようなルールも意味するように特別な場合または特定の条件の下で提供される給付があります。したがって、利益は敵対行為に参加しながら、負傷者や障害者の収入の課税に導入されています。未成年の子供が訓練を支払っている場合は、給付は授業料のコストで提供されています。 25,000ルーブルの治療にも同じ効果があります。課税額は慈善のために列挙されている必要とする人々を、助けるように設計されてはなりません。

個人からの収入には税金が含まれていません税務対象の数、政府機関が保険金や社会扶助として提供する金額などが含まれます。税率は利益の種類によって異なります。

コメント(0)
コメントを追加