設備とサービスの移転を受ける行為:設計の概念とニュアンス

財務

法的関係を規制するために法律は、取引を処理するための他の文書とともに、標準的な形式、すなわち機器の移転を受け入れる行為、および他のタイプの有形無形資産を採用した。

たとえば、他のものの中で言えば、サービスの移転の受領行為、さらに一つのバリエーション - 基本的手段の移転の受領行為。似たような文書のすべてに、多数の既製のテンプレートがあるわけではないことに注意してください。この声明は、「サービス譲渡受領証明書」という文書にも当てはまりますが、別の文書の本質を確立した後には、その譲渡の勧告があります。

したがって、どのバージョンでも、送信を受信する動作機器や他の何か - 販売の手数料の所有権の実際の遷移を確立し、組織によってスタンプの公式文書。さらに、証明書の形式は、機器を操作するときに使用されます。文書の正当性の必須条件によって、取引の当事者に関係するすべての存在に関係します。そのような文書は2部で配布されます。組織の職員に署名、欠陥を検出し、資産の包括的なリストが完成し、紙数、準備の日だけでなく、文書の名前が含まれていることは必須です。

このような重要な登録を正しく行うために公式文書では、機器の譲渡を受ける行為として、それに技術文書を添付する必要があります。資産の受領がいくつかの段階で行われる場合、いくつかの文書が作成されます。法律の要件に従って発行されたこの種の書類は、資産を貸借対照表に設定するための基礎となります。

また、浮遊しておくことも重要です組織は、サービスの移転を受ける行為を正しく行うことができます。十分な数のバージョンをネットワーク上でダウンロードできますが、フォームの厳密な法令遵守に注意してください。税務検査官は、そのような書類に対して特に部分的である。なぜなら、彼らは、利益税が課される基準に基づいて費用を確認するからである。これを行うには、税法第252条1項に記載されている要件を満たさなければなりません。

提示された論文があまりよくない間違った書類を提出する場合、課税ベースは減少しません。この条項は、税法第270条第49項に詳細に記載されています。民法第39章によれば、サービスの提供のための規制の枠組みは5つの記事で構成されています。コミュニケーション、コンサルティング、監査、情報サービス、トレーニングなど、次の種類のサービスが示されています。第39章では、譲渡を受け付ける行為は言及されていないが、民法第783条が適用される。彼女によれば、商業的サービス提供は契約条項を意味する。彼らは第39章と矛盾しないことが重要です。したがって、依然としてサービスを受け入れる行為が必要です。結論は、民法第720条第2項に基づいて行われる。

この規定に基づいて、サービスは両当事者の署名によって取引が確認されたことをこの文書が確認したときにのみ表示されます。財務省の説明文によれば、ロシア連邦租税居住者のサービス取引の費用を認識するために、2007年10月20日から3040年4月までの040205分数1分数33、03年11月13日の030306分数1の分数740、2007年10月20日の分数576分の0受諾行為の存在は必須です。そのような文書には、文書と組織の名前、準備日、組織の役員の名前、提供されるサービスの内容、契約への言及、奉仕期間、口座の金額、責任職員の氏名、署名が含まれていなければならない。この文書の作成における最も一般的な間違いは、ルーブル同等物を指定せずに取引金額を計算することです。結論として、私は、設備やその他の書類の譲渡を受ける行為を開発することがきわめて正しければ、単に税務調査に問題がないことに留意したい。

コメント(0)
コメントを追加