累積生命保険 - 現在の安心と将来の自信。

財務

すべての人が経験している特定の恐れ。もちろん、彼らはそれぞれ独自のものを持っています:いくつかは孤独を恐れており、いくつかは暗いです。しかし、ある程度は、すべての人やほとんどすべての人々を結束させる恐れがあります。それは、弱さと死を伴う障害に関連する恐怖です。

人が習慣的な生活様式を導く一方で、生計を立て、自宅、車、そしてその他の利益を購入すると、彼は自信を持っています。しかし、彼は突然病気になったり、仕事ができなくなったり、さらに悪いことが起こったりすると、家族に何が起こるかについての憶測によって時折訪れています。当然、世界の誰もがすべての病気や死から救われることはできませんが、累積生命保険は、近い将来の人々の将来と未来に対する確信を感じるのに役立ちます。

残念なことに、多くの人々は何を理解していない累積生命保険は、他の種類の個人保険とは異なります。この保険商品を強調するニュアンスはかなりありますが、第1に、累積生命保険と健康保険は、かなり長い期間(同一の医療保険とは異なり、少なくとも2週間は発行可能です)、発行されます。

第二に、プログラムの下で被保険者契約で特定された怪我や病気の場合(契約によって提供されている場合)にも支払いを受けます。人が累積生命保険を登録している場合、外傷も病気も保険事故ではありません。保険契約者は、無能(障害)または死亡の場合にのみ金銭を受け取る(この場合、支払いは相続人によって受領される)。

資金援助と健康保険
その中核となる救命保険保険と投資の組み合わせ(銀行預金に似ています)です。保護、非営利 - それはまだ生命保険、およびその基本原理であるので、しかし、銀行の預金と異なり、保険会社は、彼らの契約上の関心の高さに依存することはできません。

資金援助を受けた保険契約を締結し、顧客は保険会社の口座に定期的に一定金額を預金することを約束し、契約が満了すると、累積金額を利息とともに受け取ることが期待できる。彼は1回限り(保険金額は口座に完全に移転されます)、事前に合意されたスケジュール(例えば、追加の年金として毎月)に従って受け取ることができます。

累積生命保険

被保険者に事故が発生した場合または障害または死亡で終わる重病に苦しむ場合、保険者は、クライアントが自分の拠出金からどれだけの金額を累積しても、契約の全額を支払うことになります。

生命保険
もちろん、生きて、積極的に考えて、考えないほうがいい可能性のある不幸。しかし、累積保険の契約を締結すると、人は心配と家族の将来への自信を提供し、多くの恐れを取り除く。

コメント(0)
コメントを追加