貯蓄銀行の口座開設方法と歴史

財務

ロシアのSberbankは最も信頼性が高く、安定しており、経験豊富な銀行。 171年の歴史はもはや単なる人物ではありません。この銀行は他のすべてのベンチマークとなっています。銀行業務の分野での豊富な経験は、より多くのものに成長しました。 Sberbankは文字通り私たちの目の前で開発しており、近年では顧客を満足させています。

彼のコマーシャルは "生きている"と彼らはあなたの財政状況、貯蓄の認識、現金取引、貯蓄と利益について考えさせます。銀行の経営陣は実際にロシア人の利益のために働き、彼らは自分のマネーを管理する文明的な方法に加わることができます。

あまりにもずっと前に(10年バック)、貯蓄銀行の口座開設が問題でした。その後、ロシア人は銀行カードを受け取っておらず、給与プロジェクトを開かず、端末やATMもなかった。また、年金受給者と児童手当を受けている女性(およびその他の社会的利益)だけが口座開設を余儀なくされました。銀行との契約を締結するには、大きな待ち行列を立てる必要がありました。あなたが年金や給付金の発生日にこれを持って銀行に入った場合、あなたはそれを軽度にすると非難されます。さらに、契約自体の締結は年月を重ねた後、開かれた口座に10ルーブルを預けるために、別の現金机でそのような長い行を1つ守る必要がありました(義務的な条件)。

それ以来、貯蓄銀行での口座開設はずっと簡単だった。

カードの導入と端末の設置すぐにではありませんが、キューは大幅に縮小されました。それに慣れるには時間がかかりました。しかし、Sberbankの革新はそこで終わらなかった。追加の現金支店が開かれ、キューがそれらの間に分散された。それから、彼らは人々が終わりがどこであるか、そしてキューの始まりがどこにあるかを知るように便利なフェンスを設置します。

行政による最も楽しい動き銀行は市民の調査であった。誰もがどの従業員を選んだのか、なぜ彼はより良いサービスのために銀行で変えたいのが好きでないのかを示すことができました。その後、銀行の従業員は親切になり、管理者はホールに現れ、各訪問者を所望のウィンドウに容易に誘導した。

貯蓄銀行で口座を開設する方が簡単です。シンプル。もちろん、急速に契約に入ることは突然可能ではありませんでした(特に、これは瞬間的な問題ではなく、特にプラスチックカードを発行する時間を考慮すると)。しかし、クライアントは柔らかいソファで契約を待つことができます。銀行はラジオを開始しているので、ウインドウまで動かないようにしています。この場合、口座を開設しようとするすべての努力が銀行員​​にかかる。クライアントは契約書に署名するだけです。

もう一つのイノベーションは、残りの銀行は、預金の追加提供となった。カードへの給与移転は貯蓄口座であり、企業の資産の保管は当座預金であり、利子の形での追加収入は貯蓄口座であるためです。これが今日私たちを幸せにするものです。現在のアカウントを開設することは、インターネットを経由して銀行に行かなくても可能になりました。 Sberbankでは、このサービスはSberbankOnlineと呼ばれています。しかし、あなたがすでに銀行の顧客であるという条件でのみ。

貯蓄銀行の口座を初めて開設するには、パスポートを持って銀行支店を訪問する必要があります。ホールのコンサルタントが専門家に案内します。担当者は、どのような種類の口座(どのような目的のため)、どのくらいの時間、どの通貨が必要なのかを伝える必要があります。従業員はニュアンスを伝え、契約書を2部用意します.1部はあなたと一緒に残ります。さらに署名を比較するために必要な署名のサンプルが必要です。このサンプルにどのように署名したかを覚えておく必要があります。必要に応じて、銀行の従業員に電話番号を提供して、アカウントの領収書と経費に関するSMSメッセージを受け取ることができます。その後、現金ブースであなたの個人口座にお金を入金することができます。あなたは契約書、貯蓄書を銀行に残し、2週間後に端末とインターネットを通じた操作のために個人用プラスチックカードを受け取ることができます。

銀行を訪れて、口座を開けば、質の高いサービス、待ち行列からの退屈な書類の準備など、心地よい感情(特にソ連人のための)がたくさんあります。

コメント(0)
コメントを追加