会計報告は企業管理ツールです

財務

任意の個々の起業家、任意の会社、株式会社、または株式会社のいずれであろうと、組織は「会計声明」のようなものを確かに見つけ出すだろうさらに、その規定は、税制のいかなる制度にも、利益の有無にかかわらず必要である。

財務諸表
財務諸表に含まれるものそれは何のためですか?経験の浅い人では、そのような言葉は恐怖を引き起こす。しかし、実際それは会社の財政状態に関する構造化された情報です。それには、資産の移動、利益、企業の損失、負債の存在に関する情報が含まれています。文書は特定の報告期間(月、四半期、半年、年)の間作成されます。会計報告書は、州の機関(税務調査官、社会保険基金、年金基金)、会社の従業員、投資家、カウンターパーティーに提出する必要があります。健全な経済的決定、会社の発展の方向性の決定、活動の有効性の分析に必要です。

多くの点で、特定の種類のレポートは、税制から、企業の活動形態。したがって、基本的な統一フォームは、「貸借対照表」およびその附属書、「キャッシュ・フロー計算書」、「資本変動計算書」および「損益計算書」である。

ゼロ会計声明
これらの文書に加えて、多くの他の、労働集約的でボリュームの少ないものであること。しかし、一般税制(ESS)のもとで運営されている個々の起業家や組織にとっては、そのような形態が必須であることには注意が必要です。また、USN(簡易納税制度)、UAT(単一農業証明書)、または一人の帰属所得税(UTII)などの多くの優遇制度もあります。このような特権を有する企業にとっては、政府機関による提出に必要な財務諸表が大幅に削減され、報告期間中にはわずか2〜3の書類に制限されます。それは、国家によって確立された形態に関係している。しかし、特定の会社の経営陣は、会計部門に企業のより効率的な管理のための追加レポートを準備する必要があるかもしれません。

多くの初心者の意見は間違っています。起業家は、会社の活動が行われていないと、登録や報告書の提出を免れます。そこから遠い。そのような場合、企業は財務諸表をゼロにします。

電子財務諸表

刺激は非常に自然に見える。企業の取締役および会計士は、税務検査で、または年金基金などの巨大な待ち行列に関する情報を提供しています。私たちは、インスペクタと予約を取る前に、多くの時間、エネルギー、神経を失います。電子財務諸表の寿命を大幅に短縮します。事実上、すべての政府機関のすべてのフォームをインターネットに通すことができます。これを行うには、特別なソフトウェアを購入するか、仲介会社のサービスに連絡する必要があります。文書を送るとき、電子的電子署名が義務的であり、データ自体が安全な通信チャネルを介して送信されることに留意すべきである。これは、すべての情報が確実に保護されていることを意味します。

コメント(0)
コメントを追加