アパートの不動産税額控除。住宅ローンのアパート:税金控除

財務

家を買うときには、アパート。それはいくつかの部分で構成されていますが、常に存在し、かなりの量になります。この側面を適切に使用するには、その機能を調べる必要があります。

アパートの税金控除

税額控除とは何ですか?

アパートの税額控除には3つの要素があります。

  1. ロシア連邦の完成工事物件の新規建設または購入、または土地区画の一定割合。
  2. ロシア連邦で運営されている組織や民間起業家から取られたローンに対する利息の返還について
  3. 銀行が借り入れた貸付金の金利を引き下げ、その金額が住宅の完成分を建設または購入する場合。

税額控除額

アパートの最大税額控除金額は2 000 000ルーブル相当のアパートを購入するときに得られます。購入の合計金額がさらに多い場合、税金控除額は依然として200万ルーブルから計算されます。最大の控除額は、取得した1つのプロパティオブジェクトとそのグループの両方に適用できます。

あなた自身の家を購入する時期はいつですかローンが取られ、マンションの税額控除額は最大3百万ルーブルから計算されます。この金額は、アパートの購入に関連する費用をカバーするために費やされるのではなく、ローンの支払いに費やされます。税控除の制限は、2014年1月1日以降に行われたローンに適用されます。

納税者である人がすべての支払いを受け取っていない場合、彼は次の納税期間の開始時に残金を受け取ることができます。

アパート文書の税金控除

税額控除計算時の費用

完成した住宅で新しい建設が行われたり、不動産が取得された場合、そのような費用が決定されます。

  1. プロジェクトが実行され、見積もりが計算される文書を設計する。
  2. 建物の建設や設備の追加のための様々な材料の取得。
  3. 未完成住宅を購入する場合の住宅の買収。
  4. 構造要素の構築と装飾に関する作業のパフォーマンス。
  5. 光、水、ガスの供給を含む、完全なコミュニケーションの組織。

アパートを購入する際の税額控除の計算

税額控除額には、以下のコンポーネントが含まれます。

  1. 住宅施設の取得。
  2. まだ完成していない家の特定の物件に対する権利を購入する。
  3. 建設に必要なすべての材料の購入。
  4. 関係する仕上げ作業住宅のために独占的に取得した物件に直接また、この項目には、住宅施設の完成および仕上げに関連する追加作業のリスト全体の見積もりを決定する設計文書が含まれています。

税額控除額を考慮した額それは建物の建設とクラッディングの終わりに行くので、家が完成していないという住宅購入契約を明記する必要があります。リストに含まれていないその他の経費、税額控除の準備は重要ではありません。あなたが再開発、家具や配管設備の購入、必要な取引の登録をする必要がある場合、すべての市民は個人的なお金のために実施する義務があります。年金受給者がアパートを購入する場合、積極的な仕事と公的な雇用の場合にのみ税額控除が自動的に計算されます。

アパートのための税金控除を得る

一部の状況では、税額控除は使用されません。

税額控除が考慮されていない場合:

  1. 雇用者または他の人のために建設または完成住宅のための支払いが行われた場合、予算内にある出産資本または財政額の一部。
  2. アパートの販売のための標準契約が親族間、つまり相互依存関係者間で締結されている場合。

税金控除の正確な額

プロパティがシェアで取得された場合2014年1月1日までは、税金控除額はその所有者に均等に分配されます。この後、この特権は取り消されました。プロパティーの控除は、特定のプロパティーの取得時に発生したコストのどの部分に応じて、各所有者に配布されます。

両親が子供と一緒に住宅を購入すると、彼らは税金控除を部品に分配することを拒否する権利を持ち、一家族になるにつれて全額を払う。時には住宅の購入は、支払いとの交換契約の下で行われます。この場合、この契約の締結は法律、特にロシア連邦民法の要件と矛盾しないため、税額控除もすべてのパラメータに分配されます。

両方の配偶者が後に購入する財産彼らの共通財産を認識したので、支店を持たない彼らに税額控除が与えられる。この場合、金額は相互の合意によって分割されます。

フラット住宅ローン税減税

税金控除を受けるには?

税額控除を取得するには、納税者でなければならず、次の手順を実行する必要があります。

  1. 単一の形式3-NDFLによって導かれた宣言の注意深い記入があります。
  2. 職場で取得しなければならない経理部の参考書が提出されます。受け取った金額と保留金額を示します。それは均一な形で開発されました2-NDFL。

アパートの税額控除が計算されると、その書類は次のリストで準備されます。

  1. 登録確認証完全に建設された居住用住宅と完成する建設物の両方を独立して取得するために必要な財産権。
  2. 購入の証明アパートや部屋、それに完全なアパートやシェアを移転する行為が含まれます。所有権の登録にも適した証明書。伝票の一覧は取引のタイプによって異なります。
  3. 土地購入が行われると、特定の建物を独立して建てるためには、取得した土地について独占的に作成された所有権の登録証明書を提供する必要があります。

アパート購入税控除書類

支払書類のコピー

アパートの税額控除を考慮すると、文書は確実に収集され、体系化されなければなりません。

  1. 納税者の確認個人的なお金で財産を取得しました。これを行うには、特定の論文を提示する必要があります。これらは、受領書受注に支払われたさまざまな領収書、納税者の​​口座から売り手の口座への資金の移転を確認する銀行の明細書です。現金または領収書;個人からの特定の商品の購入の事実を確認する行為。売り手に関する必要な情報を入力する必要があります - パスポートに含まれているもの。
  2. 良い支払いの証拠貸付契約の締結時に発生した貸付金または利息。このカテゴリには、マンション住宅ローンも含まれます。税額控除は特別プランに従って計算されます。現金のチェックがない場合、このような書類は特別な声明であり、ローンの発行に携わった組織からの証明書であり、必要なすべての利息が支払われている。アパートを購入すると、税額控除の書類(またはその存在)が完全な構成を提供します。

年金受給者によるアパートの購入

共同所有権のあるアパートを購入するための書類

共同所有で居住スペースを購入する場合、次の書類を提出しなければなりません:

  1. 結婚を確認する証明書のコピー。
  2. 税額控除の一部を各当事者に支払う旨の書面による合意書。使用済み財源に相当するものであるか、または個人的な合意によって割り当てられたもの。

雇用主に申請するときのアパートの不動産税額控除

あなたが雇用主に向けると、税金税額控除前に控除を受けることが認められていますが、税務当局にこの特典を受け取る権利を最初に確認する必要があります。このようなイベントを実施するためには、

  1. 特別なアプリケーションを書く。 アパートの税額控除は、申請後にのみ得ることができます。これは、記載された事実に基づいて税額控除を受ける権利の主張を明記する。
  2. すべての書類のコピーを完全に準備する必要がありますが、アパートの税額控除は不可能です。
  3. 恒久的な場所で税務当局に運ぶ必要な文書が事前に組み立てられ、体系化されたパッケージで正しくかつ慎重に完成したアプリケーションを登録する。あなたが簡単にアパートのための税金控除を得ることができるように、すべての論文は優れた状態でなければなりません。
  4. 許可を得る1ヶ月後税額控除の全額を受け取る税務当局。これは、税金控除を形成し受領するプロセスが複雑で遅れてしまう可能性があるため、すべてのルールを遵守し、その人が文書の完全なパッケージを提供した場合に発生します。

アパートのための税金控除の声明

についての財産税控除を得るにはアパートの場合は、書類一式を収集し、税務当局に必ず連絡する必要があります。金額は、不動産とアプリケーションの購入に関連するすべての条件が満たされている場合にのみ提供されます。それからかなりの金額が人または人のグループを待っています。

コメント(0)
コメントを追加