作者の監督は何ですか?それはなぜ必要なのですか?

財務

建設の範囲は非常に具体的であり、家の高品質なプロジェクト(マルチユニットまたはプライベートのプロジェクト)は、最終的に計画通りの結果をもたらす保証ではありません。建設作業が適時に適切な水準で完了するためには、建設の建築監督が必要になることがあります。このサービスは、わずかな逸脱なしにプロジェクトが確実に実施されるように設計されており、プロジェクト文書の違反につながるだけでなく、コミッショニングや事故の結果となります。

したがって、著者の監督は、建設プロジェクトへの準拠。さらに、建設中にプロジェクト文書を修正する必要があると判明した場合、迅速にナビゲートすることができます。工事中の一般請負業者が不一致を認め、間違った資料を購入し、プロジェクトからの逸脱を許した場合、それを最もタイムリーに識別することができるのは作者の監督です。

建設中の建築監督はそうではない必須ですが、質の高い住宅を手に入れたい場合は、それが必要になります。これは単に論文の遵守だけではなく、プロジェクトの要件に違反すると、建設会社と家の所有者の両方に直接的な損害をもたらす可能性があるという事実についてです。建設許可証(建設物のパスポート)は、一定の条件の下で発行され、仕事中に尊重されない場合、後者は違法と宣言されることがあります。

デザイナーの監督とは、この規則は、法律によって設計契約の一部としてそれを示すことは許されているが、別個の契約に基づいていることが判明している。試運転までの全建設期間中、場合によっては最初に対象物が運転されている間に実施されます。しかし、設計作業の完了段階では、フィールド監督の必要性を考慮し、プロジェクトの量を示す必要があります。

建設監督は法律だけでなく個人も遂行することができます。さらに、法律は、プロジェクトの著者である複数の人との契約締結を認めています。建設顧客は、第三者機関の監督のために契約を管理する機能を移転する権利を有します。プロジェクトの作成者は、そのような合意の下での作業の実績を、開発に参加した他の法人または個人に移転する権利も有する。

状況が発生した場合プロジェクトの開発に関与する組織が能力を持たないか、または建設を監督することを望まない場合、建設請負業者は、その実施のために第三者機関を含める権利を有する。同時に、文書の著者は、著者の監督を拒否することを確認しなければならず、それを実施する組織は、著者の監督のために正式に取得された権利を持っていなければならない。

建設監理のための契約には、いくつかの必須事項が含まれていなければなりません。

- プロジェクト文書の遵守の構築中の点検の必要性。

- 火災およびその他の安全性、環境保護への遵守を検証する必要性。

- 建設プロセス中にプロジェクトに生じた問題を解決する。

- 特定された違反とその排除に関する勧告の作成を顧客に通知する必要性。

- 違反の除去を監視する必要性。

- 最も重要な建設現場のコミッショニングに参加する必要性。

- プロジェクトの改善に関する建設顧客の提案、プロジェクトの変更によるコスト削減の可能性を考慮する。

契約には、当事者の合意により、建築監督、調達された資料、およびその他の点を行使する当事者による支配の項目も含まれる場合があります。

コメント(0)
コメントを追加