財務結果の会計処理

財務

活動の財務的結果としていずれの経済主体も損益とみなされる。この指標は、組織の所得とその経費を比較することによって決定されます。そのため、「収入」と「経費」セクションの内容を決定することが非常に重要です。アカウンティングの観点から見ると、収入を組織への現金流入と見なすことが慣例であり、この場合、その均等物を考慮することができ、これは会社自身の資金源の成長に対する刺激となり得る。支出は財産の流出と呼ばれ、企業の出所を減少させる。この場合、収入の発生は、資金の受領や資産の増加につながる可能性のある負債の減少による経済的利益の構成の増加を意味する。費用は、負債または資産の引退による給付の減少を意味する。これらのケースのいずれかの財務結果の会計処理は、組織の現在の状況を示しています。

組織の最終結果特別な第2号「損益計算書」に示されている。企業の財務実績を記録するために設計された一連の規範文書があります。

- 様式3 "会計上"。

- ロシア連邦における会計と会計に関する規制。

- 会計上の位置付け "組織の利益"。

- 会計上の位置 "組織の費用"。

- 生産と生産の構成に関する規則企業が生産する製品の原価に含まれる実現コストと、財務成績が形成される順序は、利益を課税する際に考慮されます。

通常の活動による財務結果の会計処理

市場経済において、企業の発展は利益であり、これは活動の有効性とその実行可能性の源泉の最も重要な指標です。利益成長のために、会社再生の拡大のための財務基盤が形成され、従業員と創業者の物質的および社会的ニーズを満たすことができます。財務結果は、報告期間中の事業体の活動の結果として理解される。財務結果の表現は、損益の形で行うことができます。いずれにせよ、財務結果を記録する必要があります。

会計の目的の1つは、利益課税。現代の状況では、財務面での活動の結果を特徴付ける複合指標が使用される。最終的な指標は、財務および経済活動から得られた結果の代数和の形で表される残高損益です。

損益は、受け取った金額です。商品、サービス、作品の販売、一部の組織への参加による収入、受取利息または支払利息、ならびにその他の営業費用または収益を含む。この場合、財務結果の会計処理は、以下のように行われます。製品の販売による結果は、通常、後続販売による製造プロセスの収益とコストの差異の形で表されます。

インジケータを計算するための出発点利益は、製品の販売のため、同社の売上高です。生産サイクルの終わりには、お金の形で生産工程の手段の進歩の販売収入と返済が特徴です。だから、貨幣流通の新しいラウンドを開始します。

今、財務結果の会計処理方法を知っています。

</ p>
コメント(0)
コメントを追加