会計上の固定資産の会計処理方法

財務

材料の主な手段その価値にかかわらず、12ヶ月を超える期間の企業管理における、様々な作品やサービスのパフォーマンスのために製品の制作に使用される価値。また、取得時の費用は、月給の最低水準の100倍を超え、耐用年数に依存しない項目です。

会計上の固定資産 これらは建物、建物、機械設備、コンピュータ、多年生プランテーション、生産的家畜、道路、車両、およびその他の固定資産に使用されています。また、土壌、森林、川、土地のプロットも所有し、賃貸しています。すべての設備投資と改善作業は、固定資産で毎年会計処理されます。

機械装置およびその完成品として倉庫に保管され、商品として販売されるために購入され、設置されたものは固定資産とみなされず、減価償却費は発生しない。

すべて 会計上の固定資産 それらの目的に応じて条件付きで2つに分割される大グループ:生産プロセス自体に関与しないが製造プロセスに影響を与える企業(機械、設備、店舗、輸送)および非生産的固定資産(建物、浴場、寮、食堂など)に直接関わる生産製品または企業の業績に影響を与える可能性があります。

使用度別 会計上の固定資産 所有、リース、所在地保護区域、保護区域、保全区域、再建区域または完成段階にある。贈答品として無料で受け取ったサプライヤーから取得した固定資産は、創設者によって許可された資本金およびその他の収入に拠出されます。

入場時 会計上の固定資産 元のコストです。 これは、契約書または請求書の下で供給者が指定した費用であるが、設備の納入、設置および設置のためのすべての費用を考慮に入れている。固定資産が創設者によって承認された資本に支払われる場合、元の価値は交渉可能であり、受入れ移送証明書に反映されます。寄付の場合、初期価格は商品の市場価格です。

この記録は、清算および固定資産の残存価値。交換費用は、固定資産を新しい資産に交換するときに市場価格で支払われる必要がある価値と理解されます。これは、使用に適さない場合に似ています。

残存価額は、原価と減価償却額との差額です。 会計における減価償却費 一様分布耐用年数全体にわたる固定資産の価値。したがって、物理的および道徳的な減価償却は償却される。生産時には、減価償却費は生産原価に振り替えられます。納税申告書を提出すると、減価償却額は控除のために完全に取られます。

会計処理の減価償却費が発生すると元本と清算額の差額。清算価値は、企業が固定資産の売却または清算時に完全減価償却した後に受け取る予定の価値として理解される。税務監査中の誤解を避けるため、清算価値はゼロに等しいと考えられる方が便利です。これは、企業の会計方針に反映されなければならない。

毎月更新 固定資産の減価償却費 使用されるすべての固定資産企業の仕事のために。固定資産をコミッショニングする月の翌月の第1日から減価償却の発生を開始します。減価償却は、償却後または貸借対照表からその価値から完全に償却された翌月の1日目から計上してください。償却費は、企業が所得を受け取る全有効期間にわたって課される。土地、下層土、モニュメント、芸術作品、図書館の資金の減価償却は行わないでください。

税金勘定には固定されています資産のグループごとに減価償却費の割合。しかし、すべての企業が独立して固定資産の耐用年数を決定し、その復興と近代化に従い、しかし、会計方針のこれの表示と共に条項を改訂する権利を持っています。

償却時に有形固定資産の処分が発生する償却行為(OS-4)および欠陥リストの下で不適当である場合。基本的な手段は、契約と対応する請求書と請求書によって販売、寄付、公式化することができます。移転と受領(OS-1)の下で、別の組織の公認資本に貢献することができます。または、リースを正式化する、リースする。

コメント(0)
コメントを追加