"Nomos-Bank":専門家とクライアントのレビュー

財務

ソ連の崩壊は多くの小さな独立した州だけでなく、膨大な数の銀行組織もあります。それらの代表例は "Nomos-Bank"であり、そのレビューにより迅速な開発を監視することができます。

ノモス銀行のレビュー
ロシアの信用市場では、この組織1993年に仕事を始め、2005年以来、彼女は州預金保険制度に参加しています。長い間、この金融機関は大規模な企業向けになっていましたが、今日では民間企業と法人顧客の両方に多大な金融商品を提供する普遍的な民間銀行です。現時点では、ロシア連邦のほとんどの都市でATMが利用できるノモス銀行は、4つの分野を開発しています。

  • 小売サービス;
  • 企業のプログラムのブロック。
  • プログラムの投資ブロック。
  • プライベートバンキング。

ノモス銀行のATM
現時点での銀行の主な顧客中規模の造船企業、機械製造機関、原子力、食糧、金鉱業、軽工業など、さまざまな中堅・大規模造船企業です。さらに、そのサービスは外国貿易会社によって使用されています。彼の明るい未来を予測する "Nomos-Bank"は、大規模な資金調達のリーダーです。

企業にサービスを提供することに加えて顧客は、積極的に消費者金融を開発しています。ここで発行できるローンの規模は2百万ルーブルと非常に大きい。彼らは、対象となる融資と非特定融資の両方として入手することができますが、各クライアントへの個別のアプローチ - 年間16.9%を宣言しているにもかかわらず、それらの金利はまったく同じです。これは、軽く言えば、Nomos-Bankのような深刻な機関にとっては驚くべきことであり、フィードバックは反対に話されますが、そのプログラムにはいくつかの重要な利点があります。

  • 隠された手数料の欠如。
  • 追加の支払いはありません。
  • 最初の割賦を支払う必要はなく、担保物を提供する必要もありません。

バンクモスク
そのような疑いのない利点は、「ノモス銀行」には膨大な数の消費者がいる。モスクワには、この金融機関の3つの主要な表現があります。本社と2つの支店です。しかし、消費者ローンを発行するために銀行に行く前に、それについてのすべての情報を慎重にチェックする必要があります。まず、任意のローンのための1つの賭けは懐疑的なユーザーに警告する必要があります。結局のところ、銀行が1つの問題で広告と矛盾することを許した場合、他の問題では違いが生じる可能性があります。提案された契約のすべての点を慎重に読んでから、その署名を置くことは有益です。銀行の従業員は必要な情報をすべてタイムリーに提供する義務があり、顧客からの保留の権利はないことを覚えておく必要があります。非常に良い意見を出すことができるコメントである「ノモス・バンク」は、困難な状況に役立ちますが、契約を履行するために何が必要かを知るには常に100%のコストがかかります。

コメント(0)
コメントを追加