自主的な保険

財務

保険は特別な種類の関係です特定の事象の発生時における個人および組織の利益の保護のための契約に基づいて、保険者および被保険者となる。同時に、重要な利益が保護されます。保険契約は、本質的に、保険商品の購入および販売を証明する文書であり、ポリシーの形式で形式化されています。

保険商品の特異性は、被保険者の拠出額は保険金額(財産持分が評価され、保険契約に規定されている一定の保険事由の発生時に支払う義務がある金額)よりもずっと少ないこと。したがって、保険商品の市場魅力は、この比率を正確に提供します。

保険には独自の分類があります。保険関係への関与の形式に応じて区別されます:

- 法律に従って執行される強制保険。

- 自発的な保険。

自主的な保険に含める保険契約の自発的な結論。そのような保険商品の保険規則は、保険者によって作成されます。配列の特定の条件を個別に被保険者それぞれの要望に応じて個別に決定されます。

任意保険は、様々な分野の特定の人の重要な利益を保護することができます。それらのいくつかを分析してみましょう。

市民の自発的な保険責任この種の保険は強制保険と一緒に実施されますが、いかなる場合でもそれを置き換えるものではありません。保険事故が発生した場合、CTPは通常、実際の損失をカバーしていないという事実によるもので、このような任意保険の必要性。 16万ルーブル - 鉄のためのMTPL債務の上限は120 000、および犠牲者のためです。 avtograzhdankiは3万まで可能拡大と任意保険(DSAGO)モータ負債は債務の上限を拡張することを意図して、できるだけ近い実際の費用への支払額、。ルーブル。これは、そのDSAGOのための保険料が大幅に低いという事実によって強化されたCTPに比べて有利です。

事故に対する自主的な保険病気、障害、外傷、死などの不快な驚きからあなたとあなたの家族を守ることを目的としています。最も包括的なリスクのパッケージであっても、ポジティブな点は保険契約の高いコストではありません(保険契約)。各保険会社は個別に、自分の意見で最も関連性の高いリスクを選択します。このプログラムでは、それは可能であり、彼らはその高い活性と好奇心のために様々な劇的な状況にこのような素晴らしい歳に最も影響を受けやすいので、子どもたちを保証するために必要です。保険会社は、イベントが保険の保護のこのタイプで提供される保険事故の場合、必要な治療やリハビリのすべての費用を支払う義務があるため、自主的な傷害保険は、保険事故が発生した場合でも、あなたは財政的に独立したままにすることができます。

自発的な保険はないかもしれませんあなたの従業員を守ることを可能にする法的措置を講じています。しかし、被保険者としての役割を果たすかどうかに関わらず、自発的な保険は必ずしも特定の個人に有利なものでなければならないことは注目に値する。

コメント(0)
コメントを追加