自動車税の計算方法

財務

税金の特定の条項に示されているようにロシア連邦法の規定により、車両を所有している個人および法人は、発生した支払い手続きに従って支払い条件に従って輸送税を支払う必要があります。

多くの自動車運転者は次の質問をします:「あなたが支払うべき金額を事前に知るために、あなた自身で自動車税を計算する方法?」この問題の本質を見てみましょう:

1.車に課税する者を決定する必要があります。

個人は、車両が州交通安全検査官に登録されている場合。法人は、委任状に基づいて所有または使用する場合にのみ、自動車に課税されます。

占有されている車両の所有者乗客の運送や貨物輸送では税金が免除されます。ちなみに、最近、ロシア連邦税法に加えて、ソチで2014年にオリンピックの準備に参加した人は、車に税金を払わないという。

2.自動車の税金を正確に計算するためには、課税ベースが最初に決定され、ロシア連邦の特定の対象の税率が考慮されます。

課税ベースを個別に決定することができますが、特定の車両に対して、馬力で計算され、特定の車両の特性であるエンジン出力に基づいて決定される。課税ベースは、牽引力または登録能力のキログラムで表現することもできます。

あなたの車の馬力は、登録時に発行された証明書に記載されています。これは各車両またはPTSで利用できます。

重要:課税基準は、個々の車両ごとに個別に決定する必要があります。

3。 自動車に対する税率は、これまたはロシア連邦の主題によって独立して決定されます。税率で定められた税率とは10倍を超えて(減額または増加の方向に)異なる可能性があります。

特定の州、地域または共和国、アートのパラグラフ3で述べたように。税法第361条に基づき、自動車税率は、車両発行後の経過年数を反映して合法化される可能性があります。

カレンダー年を計算するとき、出発点は、車両税が徴収される年を含む、車両のリリース後1月1日です。

上記のルールの知識が正しく車に税を計算します。

4。 そして今、車の税金を数値で計算する方法について話しましょう。課税ベースを決定した後、地域税率でそれを掛けます。自動車税は、暦年と常に等しい課税期間に基づいて計算されます。

例として: 、85馬力の車の税率の領域で9ルーブルだった - 2011年を通して、個々の車、エンジンパワーの所有になっています。 1馬力、すなわち馬力である。その結果、765ルーブル(85x9)が得られます。

5。 暦年の間に交通警察の登録簿に登録されていた車に課される税金を計算すると、それは非常に簡単です。これを行うには、メンテナンスのフル月数、つまり特定の所有者に登録された時間を暦月数で割った時間に等しい時間係数を使用する必要があります。

第362条第3項は、計算期間中に交通警察に着陸または登録された自動車は、合計(登録の月+登録簿から車を取り去った月)で計算されます。離脱が1ヶ月以内に発生した場合、1ヶ月が考慮されます。

コメント(0)
コメントを追加