清算は、債務清算の方法か、お金取引を救う機会ですか?

財務

清算は、非現金決済のシステムです。商品、サービス、および有価証券の売却を含む。つまり、清算の主な目的は、取引セッションの結果を明確にし、非現金取引と国際取引(清算プロセスの対象)を銀行取引することです。つまり、清算は、価値交換の相互に進んだ(被験者間の)取引条件で発生する財政的な売上高である。清算対象は、清算会社とみなされます。清算会社は、ワークフロー全体を組織し、決済機関と呼ばれます。

これをクリアする

参加者の数に応じて、クリアが発生します二国間および多国間の支払いの回数が減り、参加者との現金取引を節約するのに役立ちます。これは、それを交換者と関連付けることができ、初心者の金融業者に対するプロセス全体の理解の認識を単純化するのに役立ちます。しかし、関連性の類似性だけがあることを覚えておくことは重要です。また、現金以外の経済的な転換の2つのプロセスの違いを理解する。清算は、主に反金融義務とクレームを合理化する手段であり、非現金でもあるが、交渉は当事者が交渉した価値を交換する方法である。

この国際決済システムメッセージは20世紀半ば30年に使用されました。その使用の始まりは、支払いの現金手段を必要とするので、私たちは状態間の外国為替業務を簡素化することを可能にするグローバル市場で大幅に減少しています。国際的な慣行によると、コモディティ、外国為替およびインターバンク今日のように、クリアのこのような種類があります。

rtsをクリアする
商品は証券市場の清算ですセットオフお互いに市場参加者の義務とそれらの間の計算のシステムの組織のシステムを含む有価証券、。ビジネスを行うこの方法の生活活動は、決済機関によって提供されます。 RTS証券取引所サンクトペテルブルクをクリア、ウラル地域の外貨両替は、主要なロシアの証券取引所の財務パフォーマンスの(現時点では)かなりよく開発された要素であり、私たちの国でこのような操作の実施の一例です。

通貨清算は、州間(国の政府間の協定に基づく)のシステムです。これは証明されたアプローチです!

インターバンク決済はプロセスです州の銀行システムの途中での資金の流通は、単一の決済センターの助けを借りて銀行間の非現金決済である。彼はどんな国にも(銀行システムを多かれ少なかれ開発している)ある場所を持っています。

証券市場の清算

従って、今日まで、国際金融業務は、銀行間の債権債務、市場参加者間の交換のシステムの計算の会計処理は、操作をクリアしたデータを提供し、現金の役割を減らすために使用します。このような行為は、全体として、現代世界経済と人類のために一般的になっています。

コメント(0)
コメントを追加