税金の滞納に対する罰則:有益な情報

財務

ロシア連邦税法これは、税金の支払いのための一般的な用語が、それは、各納税者が自分で判断し料金を支払うという事実を設定します。締め切りは、税の支払遅延に対する罰則が課金されます前に、しかし、支払いがなされていない場合。この有名なフレーズが言うので、非常に自然です:「!税を支払う、よく眠ることができる」税の支払遅延に対する罰則の計算に加えて存在し、より厳しい措置であってもよいし、例えば、組織のために、それは個人のアカウントの凍結することができます - と不快な接触あなたの財産を記述するために来ました執行官。

税金の遅延支払いの罰金

したがって、遅延があなたに依存しない状況で、誠実にそれを後悔した場合、税金の額を忘れることなく、もちろん、罰金の額を計算して払うことが、「かかとに熱い」行動する方が良いです。元金の支払いとその後の両方で、罰金の支払いを行うことができます。

法律に従って、罰金締切日の終了日の翌日から開始して毎日カウントされます。例えば、輸送税の適正罰金の計算方法は?一般的に、すべての税金の基本的な計算式は1です。私たちは詳細な行動計画を出します。

  1. それ以外の金額を決定する必要があります予算に支払われる。前払いをしなかった場合は、通知に記載された額となります。拠出金の未払いの場合は、既に支払われた金額を元本から差し引く必要があり、残りの金額については税金の滞納を考慮する必要があります。
  2. 次に、あなたはその日を正確に設定する必要があります罰則の発生が始まった。いずれにしても、これは最後に支払う日になります。この場合の唯一のニュアンスは、週末または休日の期限の崩壊に関連する可能性がある譲渡です。この場合、支払期限は最も近い営業日に移転されます。
  3. あなたがすでに罰金で税金を払っていることを確信している日は考慮しないでください。原則として、それはカウントされません。
  4. 遅延期間全体のリファイナンス率を決定する必要があります。
  5. 最後に、数式自体:

П=Н*Д*СР/ 100%* 1/300、ここで:

P - 税金の遅延支払いに対する罰金。

H - 未払い額または延滞額。

D - 延滞とみなされる日数。

SR - 未払い期間のリファイナンス率(%)。

輸送税の罰金

ところで、その裁判所命令のイベントで報告期間中の納税者の税額が何らかの理由で支払われなかった場合、ペナルティは請求されません。そのような場合には、勘定の停止またはこれらの勘定に対する取引の停止、納税者の​​利用可能な財産の一部または全部の押収が含まれる。このような状況では、記載された状況の全期間中、罰金および罰金は発生しません。しかし、課税監督官に提出された分割払いによる延期または支払いの申請書は、罰金の請求を停止するものではありません。

罰金の支払い

税金を払うことを忘れないでください。罰金や罰金の計算の問題だけでなく、執行機関のシステムとの不快なコミュニケーションはあなたに影響しません!

コメント(0)
コメントを追加