意志による相続税。所得税

財務

今日、税金を支払うべきかどうかを調べるロシアの意志による相続(だけでなく)。事はこの問題が本当に非常に重要であるということです。すべての人が特定の場合に相続人となることを知っているわけではありません。ほとんどの場合、継承は不動産の形で移転されます。税金を支払うかどうかは不明です。継承に入るとき、この瞬間を考える人はほとんどいません。そして無駄に。結局のところ、支払いがなければ、必要に応じて、あなたはあなたが想定していたすべてを失うことができます。はい、法律と税務サービスに多くの問題があります。

意志による相続税

神話や現実

意志の下で相続税は神話または現実?このシステムには多くの変更があります。すべての困難を追跡してください。したがって、昨日あなたは税金を払うことができず、今日は義務付けられています。何の驚きがなかったこと、それはロシア連邦の異なる法律に行われた改正で常に関心を持つべき。

事実それは実際には税金継承は廃止されました。このようなルールは現在、法律に従ってロシア連邦の市民に適用されます。しかし、完全にはありません。法律上の遺産は実際にはある金額の支払いを実際に必要とすることが判明しています。

前と同じように

わずか数年前、この瞬間にいくつかの不愉快な瞬間が追跡されました。そして混乱があった。遺産への入国時の税金は全員が支払った。しかし、サイズが違う。

すべては、継承の価値だけでなく、親族の程度にも影響します。親戚が遠くなればなるほど、彼は支払わなければならなかった。これらは興味深いルールです。実際には、シーケンスは非常にまれにしか動作しませんでした。結局のところ、すべての同じ、ほとんどの相続人は配偶者と子供でした。

写真は何ですか? 既に言及したように、相続人のためのロシアの相続税は、親族の程度に応じて設定された。最初の段階では常に配偶者、両親と子供がいます。彼らは彼らが継承したすべての価値の5%を支払った。祖父母と兄弟は第二段階の相続人です。彼らは10%を支払うことになっていた。他のすべての人は、相続税の総額の20%で相続税を支払っていました。

相続税

それにもかかわらず、そのような支払いは削除することにしました。 実務上、すべての人がそのような金額を支払えるわけではないことがわかっています。そして、常に参加することに同意して継承するわけではありません。さらに、不動産の価値(最も一般的な種類の相続)は、年ごとに異なります。相続人がますます困難になるための正確な量を計算します。したがって、しばらくして、法律による相続はそのように課税されなくなりました。

課税されるもの

すでに述べたように、必ずしも人々ではない支払いを完全に免除されています。相続財産への入り口での税金は、場合によっては請求されます。それほど頻繁ではありません。しかし、故人の財産を頼りにしているすべての親類と。

原則として、現金が記録されています。 言い換えれば収入です。芸術品、作品、工業デザイン、科学作品の創作に対する報酬として所有者の相続人が得たものはすべて、適切な支払いの対象となります。彼らは高すぎではありません。報告期間の終わりに法人所得税申告書を追加で提出しなければならないことに注意してください。これは一般的な現象であり、多くの人が単に忘れています。

フラットタックス継承を受けました

パターンで

誰かが相続してアパートを手に入れた場合、税金支払っていません。しかし、所有者の死後の人々が科学的、創造的、工業的な作品から収入を得た場合、支払わなければならないでしょう。これは私達が既に考え出した。

しかし、どれだけ具体的に?正確な量を指定することはできません。何故問題は、通常の税体系が計算に使用されることです。相続については、収入の13%を支払わなければなりません。

幸いなことに、この習慣は実際に観察されています非常にまれです。したがって、ほとんどの場合、税額控除という形での現金払いは行われません。しかし、これがあなたが相続する前に考慮しなければならないであろう唯一のニュアンスではありません。

ロシアの相続税

法による相続について

しかし、最初に、プロセスに関するいくつかの情報原則。継承には少なくとも2つの形式があります - 法律によるものと意志によるものです。誰が何を主張する権利を持っているかについてのいかなる論争も避けるために、あなたはどの場合に1つまたは別の選択肢を使うことが可能であるかを知る必要があります。

法律により、遺言なしに、継承順のすべての家族はす​​べての財産を相続する。原則として、分布は最初の段階の親戚に有効です。

なお、財産は法によって分割される場合遺言は具体的なものだけの「共有」を示しています。遺産の剥奪(部分的または完全)、親戚への支持の拒否、遺言の文脈における相続人の不在、および申請者としてのそれらの削除についての言及 - これはすべてここに当てはまります。したがって、意志だけが相続権を与えるとは考えないでください。まったく違います。

法律による相続の主な「方向」 - 血縁関係すでに述べたように、キューで考慮されます。それから相続税(意志によってではなく)は、必要に応じて、資産を相続する人だけに支払うでしょう。

意志によると

人生の間に人が作ったならどうするか"プロパティ共有の見積もり"?何もない現代の法律によれば、ロシアの相続税は、財産そのものと同様に、意志で書かれたものにのみ適用されます。しかし、その行動はその文書に記載されている特性に関してのみ有効です。所有者によって言及されていない他のすべては、法律によってのみ分けられます。

法律による遺産

ちなみに、相続税は遺言はそれ以上必要とされません。この形式の継承には、一般的な規則が適用されます。私たちが故人の特定の活動のための収入について話しているのでなければ、税はありません。現時点では、そのようなシステムはロシア連邦で機能します。

料金

しかし、これは私たちの問題です。今日の質問は終わらない。そしてこれはすべて、状況にかかわらず、すべての遺産が一定の支払いを受けるという事実によるものです。しかし税金は違います。私たちが話しているのは国家義務と呼ばれています。それは相続に入るときにすべての相続人から強制的に集められます。

そのサイズは異なります。 そのようなロシアの相続税はありませんが、国家の義務はありません。したがって、多くの人々は、相続の権利に入って、彼の死後の親戚から財産を受け取るためには、依然として税金を支払う必要があると考えています。彼らは固定と呼ぶことはできません。いくつか制限がありますが、それほど多くはありません。なぜ自分で料理をするの?

相続税とは何ですか

料金計算

誰かがアパートを相続しましたか。 すでに述べたように、税はそのように支払われていません。私たちは州の手数料の支払いについてだけ話しています。実際には、その価値は以前から存在していた現金の "拠出"よりもずっと低いことがわかります。

重要なのは、これにおける大きな役割質問は過去の所有者と関係があります。第一段階および第二段階の相続人は、相続財産の額の0.3%を支払う。この規則はすべてに適用されます。合計金額が取られます。ここでいくつかの制限を検討してください。多くの場合、人々の遺産は巨大です。しかし、これは相続人が分岐しなければならないという意味ではありません。そのようなシナリオにおける最大の州の義務は10万ルーブルです。そしてそれ以上何もない。すなわち、ロシアにおける相続の最大の国家義務は費用の0.3%に設定されていますが、近親者の場合は10万人以下です。

他のすべての相続人は必ず0.6%支払う。この場合、相続を受けたときの税金は100万ルーブルを超えてはなりません。近親者との違いは大きいですが、実際には、ほとんどの場合、3行目の親戚には届かず、すべてが子供と配偶者に分けられます。時折 - 両親の間で。これを覚えておいてください。

売るとき

覚えておくべき最後のポイントはそれは税金を払うためにプロパティでプロパティを受信した後、それは皆に持っているでしょうという事実。それらのすべての財産と全く同じです。これは特にアパートに当てはまります。

相続税

あなたが受け取った財産を売る場合相続、その後、収入は受け取った金額の13%が支払われます。この問題では、大祖国戦争の退役軍人、ソビエト連邦とロシア連邦の英雄、そして(完全な)勲章の所有者は免除されます。実際には、このようなケースはほとんど発生しません。しかし、既存のすべての制限と機能について知るには、まだ問題はありません。相続税はいくらで、一般的にはいくらですか。今、あなたは答えを知っています。

コメント(0)
コメントを追加