ローン契約

財務

与信機関(銀行など)は、
これらの資金を返済する義務がある借り手に
累積した利息。ローン契約は、ローン契約とは異なります。
補償基盤。そのような資金配分の主な原則
返済、賃金と緊急性です。 当事者は、信用機関と借り手です。同協約は、債権者の義務が金銭を提供することである二国間義務と、借り手が金利でローンを受領し返済することを規定している。

融資契約は820件の記事に記載されていますの民法の。文書は書面形式でのみ締結しなければならない。これらの条件の総違反は、文書の無効を伴う。原則として、銀行は、変更、合意および議論の対象とならないような形態の契約を使用する。個人は既に存在する契約形態にのみ参加することができます。さらに、文書の形式は当事者間の合意のための主な条件であり、それがなければ契約を締結することは不可能である。

ローン契約は、ローン口座開設の合意、保証契約、緊急義務などが含まれます。同時に、借り手はBarnkovo勘定のサービスの関税を支払う義務があります。不動産質権の条項が契約に含まれている場合は、不動産の権利の登録に関する法律に従って公証し、登録する必要があります。

銀行法に関するローン契約資金提供のための利子の義務的支払いを規定している。利息控除額は契約によってのみ規制され、その必須条件の1つです。重要な点は、契約にサインした時点からではなく、借り手の口座に金を受け取った瞬間から利子が発生していることです。

融資契約の内容には、返済が遅れた場合の融資の返済を保証する条項が含まれています。当行は、請求する権利を有する
関心の高まりを払う借り手から没収するローンを付与する期間は、借り手の信用を拒否する権利を保持します。これを行うには、対応する通知を金融機関に送信する必要があります。同時に、借り手は現金を受け取ることを拒否する理由を銀行に提供する義務がありません。

ローン契約の終了は、借り手の側、および信用機関による。民法813に従い、銀行は担保信用契約の損失や劣化した場合のローンの早期返済のために借り手が必要な場合があります。それは未知の目的のために使用されている場合、クレジットターゲットを付与するには、契約には、金融機関によって終了させることができます。

罰則の適用の根拠は、元本の返還時期や融資の一部に違反することになります。この場合、銀行は残りのローン金額の全額返済を請求する権利を有する。

ロシア連邦の法律は、書面で提出されなければならない貸付契約。しかし、その構造ははっきりと綴られていません。融資契約は必須融資の条件、契約の対象、権利及び当事者の義務、その法的住所、署名と詳細を含まなければなりません。しかし、金融機関の財務利益は、主要な顧客の利益に対応するためにいくつかのケースで、ローン契約を大幅に改定することができます。

コメント(0)
コメントを追加