為替レートに影響を及ぼす要因

財務

変換プロセスには、1つの通貨と別の通貨の購入、相対金額によって為替レートが決まります。関連市場では取引所があります。為替レートは、ある通貨の価値であり、別の通貨の単位で表されます。それは特定の要因の影響を受けます。彼らは政治、経済、社会に分かれています。第1のグループの主な要因は、中央銀行の政策、経済活動の性質、政策状況における不安定性のレベルである。

固定為替レート

経済的要因の影響購買力平価、相対金利、資本需要、およびそのオファーを通じた為替レート。さらに、経済的条件も含まれています。インフレ率、失業率、国際収支、税率、通貨供給量、経済成長など、為替レートに影響を与えます。

購買力平価は、異なる通貨に対応する指標です。それは、異なる国の特定の製品の為替レートによる米ドルへの再計算の過程における価格を比較することによって決定される。その意味は、より簡単な説明によって明らかにすることができる。ある国が別の国よりもコストの低いものを所有している場合は、その国がより費用のかかる場所に輸出されなければならない。結論はこれである:同等の通貨で各国で同じ製品を数量で購入する可能性があった場合、国際経済はいかなる利益ももたらさない。

為替レートは

利子率の比較経済的要因として為替レートにも影響する。このプロセスには、異なる通貨で表された金利の比較が含まれます。例外的に高いリターンを受け取ることを希望する投資家の間で、最も高い金利を有する投資家の需要が増加しています。クライアント市場における資本とその供給に対する需要の変化は、為替レートに影響を及ぼす銀行間市場のレートに影響する。

社会的要因はしばしば市場の精神。これらは、通貨の動きの短期的な見通しに関するトレーダの意見です。彼らは非常に頻繁に為替レートの変化に影響を与え、肯定的でも否定的でもあります。第一の選択肢は、通貨を強化することであり、第二はその弱体化である。

影響を与えるこれらすべての要素に加えて為替レートについては、インフレとの関係に注意を払う必要があります。通貨の価値を下げることは、マネーサプライの増加を加速させることにつながります。これは価格上昇につながり、通貨の輸入効率の改善、需要の拡大、為替レートの低下に寄与する。

為替レート

市場の変化は、国の銀行と国家によって設定された独占的に固定為替レートになることはできません。

コメント(0)
コメントを追加