自動車保険はどれくらいの費用がかかりますか?自動車保険の申請場所

財務

車を買うことはいつも楽しいことであり、車が何であるかは関係ありません。しかし、車を買うことに限られているだけでは価値がありません、あなたも保険を手配する必要があります。

車の保険料はどれくらいですか?

これは車両の所有者を助けるでしょう。緊急時にあなたの神経とお金を節約し、誰か他の人や車に害を及ぼします。車の保険料はどれくらいですか?それは多くの要因に左右され、最初にあなたが獲得する保険契約の種類はMTPLかCASCOかによって決まります。また、ポリシーの費用は運転手の経験、トラブルフリー、年齢などに影響します。車のための保険を作る場所はどこですか?もちろん、保険会社では、彼女を個人的に訪問したり、保険代理店を家に招待したりします。しかし、表面的な情報だけに限定すべきではありません。より詳細に知る必要があります。

なぜ私は保険契約が必要なのですか?

自動車保険が必要です道路の緊急事態が発生した場合に車両所有者の現金支出の一部または全部を補填する。事故が発生したために車の所有者がCTPポリシーを見つけられなかった場合、彼は自分のポケットから修理費用を支払わなければならない。また、修理費が車の保険と同じになるケースもあります。保険会社でCASCOの方針を出しているかどうかによって、自分の車の修理費は誰が支払うのかによって決まります。

自動車保険を取得する

CTPとCASCOが何であるか、そしてそれらがどう違うかを明確にする必要があります。

MTPLとCASCO

だから、CTPは強制保険です。第三者の責任。保険条件とは、運転手の交通事故の被保険者の過失に起因する負傷者への支払いを意味する。同時に、2015年には、自動車修理の最大支払い額は40万ルーブルであり、人間の健康への損害を補償するための最大支払額は50万ルーブルである。この場合、あなた自身の車の修理は個人的な資金を犠牲にして行われます。 CTP政策を講ずることは必須要件であり、その失敗には800ルーブルの罰金が伴う。反復違反の場合 - 登録番号の削除。

CASCO - 包括的な自動車保険責任このような保険契約が存在すると、保険金請求に関連して車の費用を忘れてしまうことがあります。その中には、事故、傷、車の盗難、車輪の取り外し、ガラスの破損などがあります。損害は、たとえ他の所有者が関与する事故ではなく、フェンスや樹木の侵入などの個人的な過失によっても払い戻すことができます。 CASCO - 喜びは安くはないが、損害が発生した場合、彼は大胆に自分のために払う。車の保険料はどれくらいですか?この情報は以下のとおりです。

CASCO保険契約の費用

CASCOコストは各社によって設定されます。個別に、独自のレートで、州によって規制されていません。基本的に、このような保険契約の費用は、盗難防止システムの利用可能性について、誰が運転する権利を持っているかにかかわらず、自動車の生産年に依存します。

車のための保険を作る場所

しかし、保険のコストを決定する主な要因は、車の価格です。

保険契約CTPの費用

CTP政策の費用は、CTPに関する連邦法によって規制されており、ロシア連邦中央銀行によって管理されています。政策のコストは、以下の要因または係数とも呼ばれる係数の影響を受けます。
- 基本レート(規制された保険会社自体は、しかし、法律で定める金額を超えることはできません、2015年6月現在、最大基本料金は4118ルーブルです)。
- 車両タイプ。
- 馬力の車の力;
- 車両の一次利用地域(所有者の居住地によって決定される)。
- 保険期間(3ヶ月から1年);
- 保険に含まれる運転手の数(制限付きまたは無制限)
- 年齢、車を運転する権利を持つ運転手の経験;
- 事故のない運転のために運転手に割り当てられたボーナス - クラス。

保険自動車オサゴ

今ではすべての運転手が車の保険料を知っています。

どこで保険を作るのですか?

あなたはどの車でも保険契約を申請することができます。保険会社。彼らの選択は現在かなり大きいです。正確な金額を計算し、最も魅力的なものを選ぶために、各社のオフィスを事前に訪問することができます。あなたはまた、特に保険事故の支払いに関して、レビューを知る必要があります。事故が発生した場合、支払額が支払われないか、支払が待っている期間が長いことが原因で、一部の企業では負の格付けが適用されます。

多くの車両所有者が選択最初の会社は、長年そこにとどまる。ユニットは別の会社に移管されます。これは、保険契約者がある保険から別の保険に移行する際に保険契約者が割引を失うという意見のためです。これは大きな誤解です。割引は、自動車の所有者が最後に保険を行った場所に依存しません。問題のない運転のために割引が割り当てられます。すべてのプラスは5%割引です。知っておくことが重要です。

あなたが持っている必要がある書類は何ですか?

車の保険を受けるには、次の書類を提出しなければなりません。

1.車のための文書。これは、車両登録証明書(ITS)または車両パスポート(PTS)のいずれかです。

2.所有者の身元を証明する書類。基本的にロシア連邦市民のパスポートです。

3.車両技術検査の合格を確認する診断カードも必要です。カードは、保険証書の時点で有効でなければなりません。

ほとんどの場合、検査と保険契約が作成されますある日、しかし、所有者が技術検査の終了時に保険を引き出す場合、近い将来に検査に合格する必要があります。これは、事故の場合の支払いの任命にとって非常に重要な要素です。保険会社が支払いを拒否することができる多くの要因がありますが、これはほとんど違法です。したがって、運転手は保険会社の独自の評価を作成します。

保険会社の格付け

いわゆる企業格付けがありますが、それは車のための保険を発行した。 Rosgosstrakh、Energogarant、MSK、SOGAZおよび他の企業は、もちろん、保険市場でトップの地位を望んでいますが、誰もが成功するわけではありません。長い間、 "Rosgosstrakh"という企業の格付けは高い水準に維持されていましたが、最近はますます否定的なレビューが聞かれています。

車ロスゴスストラクの保険

現在のところ、AlfaStrakhovanieは信頼性評価でトップを占めており、Ingosstrakhは第2位であり、ルネサンス保険は第5位です。

保険会社のレビュー

多くのレビューは、受任者に連絡することによって見つけることができますドライバーに。彼らの多くはすでにどこでどのサンゴ礁が彼らを待つことができるかを知っています。例えば、事故に対して追加の生命保険を発行する企業もあります。その費用は1000ルーブルに達します。保険会社は、余分なお金を払っているとは言わないかもしれませんが、最終的な金額だけを示します。したがって、あなたが支払っているものを理解することは非常に重要です。覚えておいてください:あなたの自発的な同意なしに追加の保険を課すことは違法です!

保険契約

すべての情報を持たないことが重要です初心者のドライバーだけでなく、経験豊かなドライバー。自動車保険、OSAGO、KASKO、支払い - あなたは保険会社の側で詐欺を避けるためにすべてを理解する必要があります。

コメント(0)
コメントを追加