営業損失:配線。販売実績の会計処理:取引と事例

財務

どんな起業家も彼を実現したい利益を伴う財産。しかし、それは常に機能するとは限りません。たとえば、市場価格が帳簿価格よりも低い古い機器を販売することにした場合、その取引の財務結果はマイナスになります。どのようにOSの販売からの損失のキャンセルを表示するには、読んでください。

ドキュメントフロー

OSの実装は契約によって実行されます。 会計指令の方法論ガイドラインの要件に従って、両当事者は合格証明書に署名する必要があります。アカウントからのオブジェクトの削除に関する情報は、インベントリカードに入力されます。これらの文書に基づいて、会計士は取引をNAに表示します。取引が損害であった場合は、NKとその行為が異なる基準を設定しているので、特に注意する必要があります。それらをより詳細に検討してください。

税務上のリスク

製品やサービスの需要を残高管理の完全な実施は、原価を下回る価格で商品を売却することを決定する。多くの会計士は法律で禁止されているため、このような状況を恐れています。本当にそうですか?

1.価格はコストを下回ることはできません。

電力、ガス、サービスのコストコミュニケーションは状態を規制する。それ以外の場合、価格は交渉可能であり、民法には制限はありません。反トラスト会社は、「ビッグプレーヤー」の行動を監視している。市場でシェアの低い企業は心配しないでください。

2.売却による損失は、価格がss以下の場合、課税上考慮されません。

ベースはすべてのトランザクションに対して計算されます。 独立した手続は、有価証券による業務の場合にのみ提供される。市場と従業員に対する製品の販売価格との差額の費用認識における禁止もある。他の操作との関連で、ルールはありません。会社が損失を体系的に遂行しない場合、損失のある営業資産の売却は、他の事業からの収益によってカバーされる。

3.価格が購入価格よりも低い場合、州の機関は追加の税金を請求する。

この状況は、トランザクションが制御されている場合にのみ可能です。それで、あなたはその価格が市場に匹敵することを証明しなければなりません。

4. GMPを計算する際に、損失で販売された商品を購入する費用は考慮に入れることができません。

コストが収入を得ることを目的としていれば、経済的に実行可能です。最終的な結果は重要ではありません。

5.商品が紛失して売却された場合、VATは控除することはできません。

これは完全に真実ではありません。 組織がこの取引でさらに大きな経済的損失を避けることが認められた場合は、不採算財に対するVATを差し引くことができます。しかし、その作業が紙でのみ行われた場合、税金はそのような説明を受け入れないだろう。

アートによると。 ロシア連邦税法第323条のOSの売却による利益と損失は、それぞれのオブジェクトごとに個別に決定されるべきである。 VATの不動産売却による収入は、損益に計上される。納税者は、売却に関連するコストを考慮して、残存価値によってこの金額を削減することができます:保管、保守、輸送のコスト。

損益計算書

組織の運営による財務的結果所得の認識日に計算される。 NUが発生手法を使用している場合、所有権の移転時にOSの売却収入が計算されます。現金法が使用されている場合は、その日に資金が銀行口座に入金されます。

固定資産の売却による損失その他の費用と同等です。利益を課税する場合 - は、第3項に規定する方法で考慮されます。ロシア連邦税法コード268。当期中の費用には同額で計上されており、販売前の実用期間と実際の使用期間との差として計算されている。それは実装後の翌月から書かれなければならない。

報告書にOSの売却による損失をどのように反映させるか?

この取引の財務結果は、所得税申告書(NPP)。収益は宣言の2番目のシートの最初の申込の060行目に表示されます。 2番目のアプリケーションの行150には、残存価額と経費が表示され、200ページに損失が表示され、総経費額が削減されます(270ページ)。当期の税務目的で考慮に入れることができる売却によるマイナスの財務結果の一部は、090行に示されています。売却されたOSの減価償却累計額は、2番目のアプリケーションの280ページに記録されています。

例:

2012年8月、ZAO「ICS」は59千ルーブル(9000ルーブルを含む - 付加価値税)。この不動産は元価12万ルーブル、減価償却期間8年(96ヶ月)で登録されています。事業体は、発生主義を使用して取引の財務結果を決定し、減価償却のために線形計画を使用する。減価償却費は毎月1万2500ルーブルです。実際の使用期間は38ヶ月、減価償却累計額は47.5千ルーブルです。売上高の合計 - 1.18千ルーブル。付加価値税で。

タイトル

コード

金額(千ルーブル)

不動産の売却による収入

060

50

現在の費用に関連する損失の部分

090

0,405

費用の対象となる残存価値

150

73,5

OSの損失

200

23,5

23.5千ルーブルの損失。200行目に表示され、次に405ルーブルで均等に払い戻され、58ヶ月間(96-38ヶ月)毎月払われます。最初の部分は、2012年9月の090行目のレポートに示されています。資産の売却による損失を確認した文書は、GMPの課税ベースを減額するまで維持する必要があります。

BUにおける財務結果の反映

段落によると 7 PBU、営業資産の売却による収入は、営業利益としてCUに認識される。これらのオブジェクトの実装に関連するコストは、費用として認識されます。これらの金額は当月に全額計上されます。このように、OUとの最初の違いは、損失が部品ではなく直ちに書き留められることです。したがって、繰延税金資産が形成されるため、控除可能な一時差異が生じる。将来的には、予算への支払いのために支払うGMPの量を減らすでしょう。

損益

例:

最初の例のデータを追加しましょう。 2012年8月に、会社の会計士は売上高からの損失を示すべきです。投稿:

DT 91-2КР60 - 1000ルーブル - 他の組織のサービスに対する支払い
DT 19 KR 60〜180ルーブル。 - VATの反映
ДТ62КР91-1 - 59000ルーブル。 - 売却による営業利益
ДТ91-2КР68 - 9000ルーブル - VATが課金されます。
DT 01-2КР01-1 - 12万ルーブル - 当初の費用は償却されています。
DT 02 KR 01-2 - 47.5千ルーブル。 - 使用中の減価償却費の償却
ДТ91-2КР01-2 - 72.5千ルーブル - 残余価値は費用に考慮されます。
DT 09 KR 68 - 6.64千ルーブル(23.5千ルーブル×24%)は税資産です。

向こう56ヶ月間BUは売上損失を相殺します。投稿:

DT 68 KR 09 - 97.24こすります。 (5640ルーブル。58ヶ月)。

売上損失を反映させる方法

迷い商品の販売

GPの実施は、契約条件に従って行われます。 購入者が所有権を持っている場合、製品は販売済みと見なされます。この順序はアートのパラグラフ1で設定されています。民法の223。契約に特に明記されていない限り、購入者への商品の転送時に発生します。出荷後、組織は取引の財務結果を計算する必要があります。これらの目的のために、特定の損益勘定 "90"が会計単位に提供されます。その中で、売上原価はDTに反映され、売上からの収入はローンに貸方記入されます。これらのサブアカウントで、当期の計算結果を計算します。

売上高KR 90-1 - 売上高DT.90-2,3,4 =売上高による利益損失。

プラスの財務結果が発行される転記。

DT 90-9 KP 99 - 利益。

ДТ99КР90-9 - 売り上げによる損失(配線は前のものと反対です)

補助金勘定は、年度末に残高改革のための内部記録で閉鎖されます。

BUでは、次の場合に収益が収益として認識されます。

- お金を受け取る権利は協定によって確認されます。

- 収入額を計算することができます。

- 運営の結果として、組織の農学的利益が増大します。

- 購入者にはタイトルがあります。

これらの条件の少なくとも1つが満たされない場合、収益は認識されず、そのような商品はDT 45によって会計処理されるべきです。

GPの実装の会計処理

いいえ。

操作

DT

KR

金額

認識されたCUの収益

1

GPの実装

62

90-1

収入

2

実際の費用に課金

90-2

43

原価

3

付加価値税

90-3

68-2

付加価値税

4

含まれている費用

90-2

44

実施コスト

5

決算結果:

- 利益

- 損失

90-9

99

99

90-9

収益 - 経費

6

購入者からの支払い

51

62

契約価格

収益認識の条件が満たされていません。

1

GPの実装

45

43

原価

2

購入者からの支払い

51

62

契約価格

3

収入

62

90-1

収入

4

費用を償却

90-2

45

5

付加価値税

90-3

68

税額

6

費用に請求

90-2

44

売上原価

7

決算結果:

- 利益

- 損失

90-9

99

99

90-9

収益 - 経費

転記 "売上損益"は、GPの導入に関連するすべての原価を考慮した後に作成されます。

報告

財務のより詳細なレビューのために貸借対照表に加えて会社の業績もまた、純損益を黒字化します。それは当期のすべての収入と支出を詳述します。

売上損失転記

010行目に、売上が表示されています。商品。通常の活動からの金額を表示します。これらの収益のいずれかが合計の5%を超える場合は、011-013で詳細に署名します。損益計算書は発生主義に基づいている。つまり、収益は、購入者への商品の出荷時にそのように認識されます。しかし、多くの場合、商品の支払い後に所有権が移転すると契約に記載されています。このような場合、収益はその金額が入金された日のレポートに含まれます。

次に、生産コストを記入する必要があります。201行目の最後の数字と各活動の詳細(021-023)。これに総利益率が続く - p。030。

損益計算書の表示だけでなく資金源だけでなく、商品やサービスの販売に関連するコストも。特に、行030と040には、販売のための商業費と管理費の合計が表示されます。さらに、預金および債券(060)、ならびに銀行に支払われるもの(070)、他のOA(080)、他の営業(090、100)および営業外(110、120)の収入および費用の利息が分配される。 。

紛失した商品の販売

その他の収入に含まれるもの:

  • 第三者による一時的財産の売却による収入。
  • いくつかの組織の共同活動からの利益。
  • 付与された預金およびローンに対する利子。
  • 特許からの収入
  • 資産の売却による収入。
  • 当期の罰金、罰金、および利子。
  • その他の未収収入。

その他の費用(100)には、以下の費用が含まれています。

  • アセットの作成
  • 特許の導入
  • 会社資金の償却
  • 貸付金利
  • 発生した罰金、罰金、および利息
  • 仲介サービス
  • 資産の有価証券のパッケージの損失。
  • 慈善団体;
  • 凍結資産の内容
  • 取引のキャンセル
  • 特別な事情による費用。
  • その他の未計上費用。

すべての収益と費用の違い140行目に表示されています。 SPE(150)およびその他の義務的支払い(150)を差し引いた後、通常の活動からの財務結果(160)が計算される。現在の期間に緊急受領または経費がなかった場合、同じ金額が記事「PE NC」(190)に表示される。これが「損益レポート」の作成方法です。

参照データ

会社に税資産(NA)または負債(BUT)がある場合は、このセクションは完成します。

会社の150行目に金額を表示します。恒久的に利用可能なBUT、例えば、旅行手当、個人輸送の使用に対する補償など。つまり、この行はCUで会計処理されているが課税されていない収入を示しています。

利益損失の転記

1株当たりの財務結果 - PE間のバランス企業と配当流通している株式の加重平均数を計算するには、毎月初めにその数を合計してから12で割る必要があります。

これらの有価証券が市場より低い価格で配置されている場合は、次の計算を実行する必要があります。

平均株価=(A1 + A2)/ KA

A1 - プレースメントの終わりまでの株価にその数を掛けたもの。

A2 - 低価格での有価証券の売却による収入。

KA - 流通している株式の数

希薄化後の業績

この操作により、次の場合に単一の有価証券でどのように利益を増やすことができるかを特定できます。

- 優先株を普通株に変更する。

- 市場以下の価格で株を買おうとする。

固定資産売却損

将来の利益を正しく計算するためには、地位の変化または価値の減少に関連する収入および費用を決定するため。これらの収益には、市場と実際の株価および受取利息との差が含まれます。経費に - 株主への報酬、再編のための支払い。

要約

コスト以下の価格で製品を販売するそれは可能ですが、それは非常に慎重に願われるべきです。このような操作の結果として、OUとBUの財務結果には必ず違いが生じます。前者の場合、損失額は部分的に償却されます。そして第二に - すぐに。

コメント(0)
コメントを追加