車を買うときの税額控除。車を買うときに税額控除を受ける方法

財務

非常に興味深い問題は、税額控除です。車を買うとき。このトピックは多くの市民に関心があります。不動産では、すでにすべてがクリアされています。最大200万ルーブルで26万ルーブルを返すことができます。しかし、車では、すべてがはるかに複雑です。そして、多くの市民が、車を買う際の税額控除に関する質問への答えを探しています。彼は本当にですか?それを何とかするためには何が必要ですか?

車を買うときの税金控除

おとぎ話

購入時に税額控除を受ける方法車?正直なところ、方法はありません。このような払い戻しは法律では規定されていません。つまり、あなたは財産控除を受けることができますが、それは車両には当てはまりません。

購入時に払い戻しを考えてください車はちょうど意味をなさない。これは時間の無駄です。年金受給者、貧困者、普通の市民のいずれにも想定されていません。しかし、異なる種類の車を購入するときに税額控除があります。より正確に言えば、不動産売却のための課税ベースを減らすのに役立ちます。そのような払い戻しが行われます。それは売り手に直接依存します。私たちは何を話していますか?そしてそれを得るためには何が必要ですか?

売り手の場合

買うときに税額控除がありますか?特定のケースでは車?部分的にのみ。物事はあなたが売り手によって払い戻すことができるということです。あるいは、将来的に税金を納めるための課税拠点を減らしてください。それ以上は何もない。

既にわかっているように、バイヤーにはこの控除の権利。したがって、車を買うときに資金の返還について考えてはいけません。しかし、あなたが売り手として行動した場合、あなたは州に対する納税義務を緩和するために、この「特権」を事前に取得することについて心配する必要があります。一見するとそれほど難しくありません。

車を買うときに税額控除を受ける方法

タイミング

車を買うときに税金を控除する(あるいはむしろ、その販売において、すべての売り手を置く。これは、輸送費が25万ルーブル以上で、3年以下の所有者に特に当てはまります。これは、取引後に税金を支払わなければならない納税者のこのカテゴリです。簡単な操作でそれを減らすことができます。

税額控除の期限は何ですかあなたから車を買う?税務報告期間の終わりまでに問題が解決しなければならない。現在、毎年4月30日に設定されています。この場合、レポートは過去12ヶ月間に必要となります。つまり、2014年に2013年、2015年、2014年などのレポートを送信します。

しかし、要求の検討の条件は通常です変化するが、2ヶ月を超えない。平均して、税務当局からの回答を待ってから1〜1.5ヶ月を待つことができます。一般的に、あなたから車を購入するときに税金を控除するには、約3-4ヶ月かかります。しかし、それを得る方法は?

人格

あなたから車を購入するときの税額控除IDカードを持っている場合にのみ実行されます。つまり、パスポートが必要です。またはむしろ、それのコピー。この文書がなければ、誰も税務当局であなたと話すことはありません。練習が示すように、他の身分証明書は受け入れられません。

車を買うときの税金控除

すべてのパスポートのコピーを確認する必要はありません。 これらの書類を手に入れたら、他の書類の徴収を開始することができます。それほど多くはありませんが、誰もがすべてのリストを知っているわけではありません。少なくとも1つの文書がなければ、控除を拒否する必要があります。

ステートメントとレポート

税務当局による資金の返還、税の計算における課税ベースの削減は、市民の要請があれば可能である。それ以外の場合は、あなたの権利と欲望を州に宣言するだけではありません。誰も控除しないでください。誰もが自分自身について考えなければならない。

このアプリケーションはほぼ自由形式で書かれています。 一定のサンプルがあります。控除の理由と、その取引に関する情報を表示します。バイヤーに関する情報を指定することができます。車を買うときは、あなたの所得と経費について書いてください。

税務申告も必要です。 申告書3-NDFLと呼ばれています。あなたは特別なプログラムの助けを借りてあなた自身でそれを記入します。このプロセスには何も難しいことも特別なものもありません。あなたが受け取った資金に関する情報、あなた、顧客、および車に関する情報を入力する必要があります。スクリーン上の適切なフィールドにデータを入力することは、これほど難しいことではありません。

とりわけ、彼らはあなたに助けを求めるでしょう。2-NDFL。収入証明書とも呼ばれます。あなた自身のために働く場合、これの充填は個人的に行われ、それ以外の場合は雇用主の経理部門に持ち込まれます。オリジナルの文書のみが必要です。証明されたとしても、コピーは受理されません。

車を買うときの税金控除

取引について

何が必要なのでしょうか? これで、トランザクションに直接関係するすべての伝票を提出する必要があります。これは、あなたまたはその市民から車を購入する際に、税額控除を受ける唯一の方法です。

まず、認定を受けた売買契約の原本。そしてあなたは売り手としてリストされていなければなりません。これがなければ、申請書を提出することはできません - それは単に審査の対象ではありません。

第二に、あなたの収入と支出の確認。 これらは必須の書類です。取引に関係する可能性のある小切手および領収書はすべて処理されます。たとえば、輸送の購入の事実を確認するものなどです。そしてもちろん、その販売の証明。

第三に、タイトルの証明書とTCPも他のすべての文書に添付する必要があります。認定コピーを持つことをお勧めします。それからそしてそれから初めて、国家に債務を支払うときに課税ベースを減らすことを考えることができます。

車を買うときに減税はありますか?

正直なところ、多くの市民は考えていません車を買うときにどのように減税を受けるか。ほとんどの場合、3年間待って財産の売却に税金を払わないことがより論理的です。この選択肢はロシアでは一般的です。これはごく普通のことです。一般に、誰もが控除の問題を独立して決めるべきです。ほんの少し待っていれば、ほとんどの問題を解決できます。選択はあなた次第です。購入者は車の購入に関連して税額控除を受ける権利がないことを忘れないでください。

コメント(0)
コメントを追加