固定資産の減価償却の会計処理

財務

法律によれば、会計における減価償却の以下の方法を使用することができる:

- 耐用年数による費用の償却。

- 減少方法(線形);

- 生産された製品の数に比例した金額の費用の償却。

固定資産の会計処理および減価償却が行われる耐用年数全体にわたって均一なオブジェクトのグループのための方法の1つ。固定資産が経営陣によって近代化またはアップグレードされたことが判明した場合や、対象物が3ヶ月以上虐待された場合には、手数料を停止することができます。

固定資産の減価償却の会計処理年間控除額を決定する。リニア方式を使用して、期間の初めに決定され、減価償却率の適用時間に基づいて計算された固定資産の初期値の会計から計算が実行されます。

定率法を使用して、報告期間(年度)の初めの固定資産の残存価値を計算の基礎とする。

計算年数の合計のコストを書き留めるときオブジェクトの初期コストと、分子が主要資産の寿命の終わりまで残っている年数を表す年率とを基準にして、分母は人生の年数の合計です。

固定資産の減価償却の会計処理作業量に比例した償却方法を使用して、開始時点は、報告期間の作業量または生産量の指標、および資産の耐用年数全体にわたって行われた固定資本の初期コストと作業の見積もりの​​割合とみなされます。

報告年度の固定資産については、減価償却費通常、計算された計算方法にかかわらず、毎月計算された年間金額の1/12の割合で請求されます。季節的生産では、この金額は、報告年度の同社の活動を通じて均等に払われます。

企業にとって重要なのは固定資産の減価償却の計画と会計は、将来のために生産量を計画することができ、生産コストを計画し、会社の財務実績を予測することができるためです。

減価償却費を計算するためのベースラインデータ計画期間の開始時に固定資産の価値の指標、完成した解決策を他の組織や企業から得た固定資産の導入のための長期的および年間的な計画、減価償却率;資金の処分に関するデータ。

固定資産の減価償却の会計処理およびすべての計算は、機器の計算機能および会計機能に基づいて行われます。これを行うには、次の作業を行います。

主な営業資産および均等償却率に従ってその価値を決定する。同時に、償却された資産(車両、設備および機械)は、期限切れの規制サービス寿命とともに除外されます。

インベントリオブジェクト(グループ)によって決定される、主な償却可能ファンドの総ボリュームの平均年間価値。

各オブジェクトまたはグループの減価償却額を計算し、その値に適切な率を掛け、労働手段の実際の操作を反映する補正係数を考慮に入れます。

計画された年度には、合計金額すべての固定資産の減価償却費、設備、車両および車両に関連する減価償却されたファンドを除くすべてのグループについて計算された減価償却額を計算する。

コメント(0)
コメントを追加