財産保険

財務

ロシアの不動産保険 過去5年間で特に急速に発展し始めました。自主的な保険はますます人気が高まっています。 財産保険 状況から自分を守るのに役立ちます。火災、盗難、自然災害などが発生した場合にプロパティが発生します。この場合、適時の保険は財政的損失から守ることができます。

個人 アパート、住宅、住宅ローンの義務の保護のための保険契約とタイトル保険の契約を締結することができます。

いつ アパート保険 保護は、火災のケースを提供し、洪水、盗難、強盗、自然災害などがあります。保険事情が発生した場合、保険会社は住宅保険の費用を負担します。アパート全体を保証するのではなく、その一部を保証することができます。たとえば仕上げのみです。

いつ 住宅保険 このコンセプトでは、都市のどの建物もそして、農村。ただ、以前の場合のように、あなたが財産の一部を確保することができますなどのランドスケープデザイン、インテリア、骨董品、

住宅ローン保険 与信の実施を支援する予期せぬ費用の出現、不動産の所有権の喪失または制限の場合に習慣的所得を失った場合の銀行への債務。

タイトル保険 の保険適用範囲を提供することを意図しています契約締結時に知られていなかった事由により、個人が締結した取引が違法であると認められる場合には、財産権の喪失の場合。この種の保険は、不動産を購入する際に必要です。

ビジネスは常にリスクと結びついています。 これは、大企業の企業や中小企業にとっては典型的なことです。予期せぬ事態により、ビジネスが失われるまで、会社に大きな損害を与える可能性があります。これらのリスクの中には、予見するだけでなく、適時に最小化するための対策を講じることもあります。 企業や団体の財産の保険 (法人) 所有および賃貸不動産の損失または損害の場合およびその他の場合に保護することができます。

大、中、小の財産保険企業には、火災およびその他の危険に対する財産保険、生産の中断による損害保険、機械およびその他の機器の運営停止、建設および組立のリスク、貨物、所有権および農業保険からの保険が含まれます。

保険の対象は建物ですが、建材、建造物、未仕上げ工事、材料、物品、原材料、キオスク、テント、店舗、屋台、内装および建物、電子機器、電気器具など不動産保険は、火事、湾岸、爆発、ならびに落雷、雨、雹、竜巻、地震などの自然現象の第三者による不法行為の事例を提供します。

保険は可能な範囲をカバーします企業や組織の資産を保護するように設計されています。保険契約締結時には、法人の財産の安全性に悪影響を及ぼす可能性のある活動や要因の詳細が考慮されます。契約は、企業または企業が保険に費やすことができる資金の額の範囲内で締結されます。保険サービスは、1回限りの支払いまたは分割払いで支払うことができます。

保険金額は、不動産のための書類または専門家委員会の報告書によって確認されます。

契約締結前に、保険会社には権利がありますプロパティに関する情報を確認し、その実際の価値の状態を評価します。同時に、保険業者は、指定された住所、リスクへの暴露、購入の価値、寿命およびその他の側面における不動産の利用可能性をチェックする。法人の保険費用は個別に設定されます。通常、保険対象物件の価値の0.1%から6%の範囲です。

コメント(0)
コメントを追加