2015年の強制モーターTPL保険の最低保険期間

財務

ロシアのすべての車の所有者に連邦裁判所には強制的な第三者賠償責任保険に関する法律があります。これを行うには、各ドライバーが購入する特別なポリシーがあります。この記事では、2015年のCTPの最低保険期間について説明します。

保険のカテゴリー

車の所有者にはいくつかのカテゴリがあります異なる条件の下で保証されなければならない。たとえば、ロシア連邦以外の国に車を登録した車両の所有者は、5〜15日間CTPポリシーを購入します。また、長期間(最大20日間)保険を購入することもできます。この要件は、輸送中に従事し、永久登録の場所に送られたか、または車両の強制的な技術検査を受けるドライバーにのみ適用されます。ロシアで自動車輸送を登録した者は、最低保険期間CTPは1年です。最近では、自動車の第三者責任を少なくとも6か月間保証することができれば、2015年にこれはもはや行うことができません。

最低保険期間オサゴ

コストの計算方法

ポリシーのコストはいくつかの要因によって決まります。 まずそれは車そのものです。次は、車が登録されている地域の政策の価格です。その後、車の所有者は、車両を使用する予定の期間を契約書に明記する必要があります。ただし、期間を指定する場合(たとえば、10か月間)には、価格は1年間として計算されることに注意してください。したがって、CTP保険の最低期間は何であるかにかかわらず、CTPポリシーの費用は分割払いで支払うことはできませんが、これは保険会社によって提供されるものではありません。だからこそ、省エネをしたい、ドライバーは違う技を思いつき、ポリシーのコストを削減するだけです。

最低保証期間osago Rosgosstrakh

車両を保証する方法

あなたが購入するために必要なすべてOSAGOの最低保険期間の車両契約 - そのようなサービスを提供する会社に連絡することです。今日、最高レベルでお手頃な料金で顧客にサービスを提供できる組織が多数存在します。主なものは、強制的な政策を購入することを躊躇しないことであり、将来、交通事故が発生した場合には特に問題は発生しません。事故が有罪判決を受けた当事者が強制保険に加入していないという事実が判明した場合、被害者が被った被害を取り戻すことに加えて、この文書がなければ大きな罰金を支払うことになります。

オサゴのための最低限の保険期間

どの方針がより収益性の高いものになるか

上述したように、最小期間CTP保険は1年間です。すべての関税は州によって厳格に規制されており、絶対にすべての保険会社はポリシーデータを標準価格で販売する義務があります。しかし、あなたは少し節約することができます。

オサゴの最低保険期間は何ですか?

たとえば、冬の場合、人が車を使用していない場合、もちろん、彼は数ヶ月間過剰に支払う必要はありません。

運転する自動車運転手がいくつかあります1年に3ヶ月しか輸送できません。したがって、運転経験が増え、トラブルフリー運転の割合が低下し、自動車所有者の年齢も22歳以上になる。 3か月間の計算係数は年間より低くなりますので、車両の使用期間を明示する必要があります。

このすべての情報を収集した後、保険管理者は保険OSAGOの最小期間のためのそのような運転手のための小さい割引をしてください。可能な限り収益を上げようとする企業には、保険契約に生命保険が含まれています。したがって、契約に署名する前に、エージェントにサービスに含まれる内容を明確にする必要があります。追加サービスが必要ない場合は、払い戻しを拒否し、過払いしない方が良いですが、最低限の保険CTPの登録には1ヵ月を少し待たなければなりません。例えば、優れた評判を持つRosgosstrakhは、追加のプレミアムなしでポリシーを販売しています。したがって、保険の有効期間が終了すると、信頼できる組織に転向し、車を静かに1年運転することができます。

コメント(0)
コメントを追加