現金取引の会計処理。基本コンセプト

財務

各組織は、その規模にかかわらず、活動を進める過程で、ほとんどの人が現金を使う必要があります。また、必要な資材や注文サービスの支払いの場合、原則として現金以外の支払いが使用され、出張の支払いやその他の費用は現金の助けを借りて行われます。この目的のために、企業で現金登録が作成され、現金取引は法律上の行為と規範文書に従って会計処理されなければならない。

現金取引の会計処理

現金資産の管理体制経理部が作成したもので、支払いの規律を強化し、財源の適切な使用と流通を確保することを目的としています。一方で、現金取引の会計処理は、現金との取引の合法性だけでなく、正確で完全なタイムリーな文書化を意味します。

合成的でより深い現金取引および通貨書類の分析的会計処理には、関連する口座の維持が含まれる。たとえば、特定の口座番号50(勘定科目表では、「現金机」と呼ばれます)は、企業の一般的な現金机全体に関連するすべての現金書類および金融書類の残高、領収書および発行を反映しています。必要に応じて、組織キャッシュデスクと呼ばれる番号50-1のサブ口座が開かれ、各通貨ごとに個別の口座を開設する必要があります。

組織が現場の現金部門、商品事務所、停止地点で資金の移動を行う場合、口座50-2(名称「営業キャッシュ」)が必要です。

番号50-3のサブ口座、「現金書類は、チェックアウトの郵便切手、完全に支払われた航空券、手形の書類、およびそれらを取得する際に発生した実際の(実際の)コストのスタンプ・デューティ・スタンプを反映する。

企業における現金取引の会計処理
企業における現金取引の会計処理は不可能関連文書なしで想像してください。そのリストには、領収書(KO-1)と支出(KO-2)の注文、すべての種類の領収書と現金書類(KO-3形式)を反映するジャーナル、および承認書KO-4の現金書が含まれます。

必要な既存の組織現金は原則として現金で現金で受け取られます。これには、確立された書式のもう1つの書類、現金小切手が必要です。サービス銀行は、このような小切手を、組織に25または50の小切手を含む書籍の形態で発行する。

現金発注には独自の発注書がありますが、関連規制文書によって規制されている。同時に、そのような書類は手作業またはコンピュータを使用して作成することができます。

現金帳は一種の登録簿です。 その中で、現金取引の会計処理は時系列で行われ、管理の正確性は主任会計士によって管理されます。組織はそのような本を1つだけ持つことができ、明確に番号を付け、慎重に縫い合わせて封印する必要があります。会計処理を確実にする文書のクリーンアップと修正。例外的に、行われた訂正は、出納係の署名によって証明され、必然的に主任会計士によって証明されなければならない。

現金書類のデザインは、主任会計士、会計士、または主任会計士と合意して頭が定めた他の人物で、関連する管理文書に反映されるべきである。何らかの理由で(中小企業)、会計部門と会計士がない場合、現金書類はマネージャー自身が処理します。現金書類の作成の基礎は、支払および決済リスト、小切手、声明、請求書などのさまざまな書類です。

現金取引と現金書類の会計処理

企業の正常な機能のためには、すべての活動領域を正確に制御することが前提条件です。そのため現金取引の会計処理には特別な注意と体系化が必要です。また、資金と財務書類の正しい文書化と保存は、現金に関連する会社の緊急のニーズをすべて満足させることを保証します。

コメント(0)
コメントを追加