制御比6-NDFL:機能、要件および推奨事項

財務

税納品書の会計士を起草するとき入力した情報を確認する必要があります。誤って提供された組織のデータについては、せいぜい罰金が脅かされ、最悪の場合には国家機関の現場での検査が行われます。良いことは、カウンターパーティの情報をすばやく検証するためには、6-NDFLの管理率を計算すれば十分であるということです。

レポートの要約

6-NDFLは、税金に関する四半期報告書です。収入。これには、2-NDFLの参考文献の要約データが含まれています。新しい規則の下で、企業は2016年から報告を開始した。政府は新しい報告書を発表しただけでなく、違反者を刺激する方法も見つけました。組織へのデータの遅れた配信は、アカウントをロックする恐れがあります。

6Ndlの制御比

レポートは企業による納税の正確さと完全性のコントロールを強化する。この文書には、組織のすべての従業員の費用と支払いに関する情報が含まれています。税エージェントは、従業員に給与を支払う事業です。彼らはまた、地方の連邦税務局に報告書を提出します。

書類は印刷して電子的に提出することができます。フォーム。しかし、この選択は、従業員数が最大25人の企業にのみ適用されます。その他の組織はすべて電子形式で報告する必要があります。レポートの日付は次のとおりです。

  • 印刷された報告書がIFTSに提出された日、または手紙が郵便で送られた日。
  • 電子文書の送付確認の受領日。

特長6-NDFL

レポートは四半期ごとに完了しています。 情報の一部は、増分的に記録されます。会社の支店は別にレポートを作成しますが、組織のすべての従業員に対して6-NDFLの管理比率がチェックされます。

このレポートには、最も頻繁に発生するものがあります。キャリーオーバー賃金。所得の支払い日と税額控除の日付の間に違いがあります。特に、新しい月の最初の日が週末になるとします。

6-NDFL報告書は、その後、入力された情報は、他のステートメントと比較することができます。現地検査中に、文書の最初の3段落で指定された税務情報が確認されます。これは、データの正確性を見過ごすことができるという意味ではありません。それどころか、まずドキュメントを自動充填するための制御システムを開発して作成する必要があります。税務機関の非査定額については、罰金と罰金が課せられます。したがって、6-NDFLの形態を検証するために制御比を見つけることが重要である。これを行う方法をより詳細に検討してみましょう。

Ndlおよび保険料の管理比率6

6-NDFLの防除率を確認するには?

まず、提出日を確認します。報告します。組織が宣言の提出期限を少なくとも1日遅らせた場合、FTSは罰金を科し、違反行為を書き出します。 6-NDFLを計算するための管理比率は、控除の確認から始まります。 020ページに表示されている量は、030ページよりも大きくなければなりません。これらの比率の違いは010ページに反映されています。次に、行040と行050で6-NDFLの管理比率をチェックする必要があります。未払法人税の額は前払いよりも大きくなければなりません。最後の段階で、支払い額と予算への振替日がチェックされます。

6 - NDFLおよび2 - NDFLの対照比を以下の表に示す。

ページ6-NDFL

参考文献2-NDFLおよびDPNからの行の合計...

020「収入」

=

「総収入」

025「配当」

=

配当金

040「計算税」

=

「未払税額」

080「源泉徴収しない税額」

=

「未取得のPIT」

060「従業員数」

=

送信された証明書の数2-NDFL

年間税申告チェック証明書2 - NDFL、利益の宣言。論理的検証、6-NDFLの管理比率および保険料、その他の比率について計算されます。それらのすべてはすぐにレポートをチェックするために使用されます。

伝票に誤りがある場合、税金は以下の措置を講じます。

  • レポート内の矛盾を説明する文書を提供するという要件を持つ要求を個人に送信します。
  • 前の要件が満たされていない場合は、違反レポートが作成されます。

したがって、実際には、6-NDFLのすべての管理比率により、報告書を確認し、会社に対する税務当局の関心を高めるリスクを減らすことができます。

6-NDFLの管理比率と財務諸表

アートで。 230 NKは、個人の所得に関する報告書の提出期限を設定しました。報告書2および6-NDFLは、報告年の翌年3月31日までに提出する必要があります。これら2つの文書は、期限だけでなく6-NDFLの管理比率もリンクしています。後者は提供された情報を検証するために使用されます。

財務諸表による6-NDFLの管理比率

アートで。 230 NKは、個人の所得に関する報告書の提出期限を設定しました。報告書2および6-NDFLは、報告年の翌年3月31日までに提出する必要があります。これら2つの報告は、期限だけでなく6-NDFLの管理比率もリンクしています。後者は提供された情報を検証するために使用されます。

ソースドキュメント

管理比率6-NDFL(ライン)

デフォルト率の場合

係数の実行を管理するロシア連邦の税法の記事

比率が壊れているなら、

6NDFL

001 <、=レポート提出日

アート230個

提出にタイムリーな失敗がある

020 =、> 030

アート126、アート。 210、アート。 23 NC

控除額が多すぎる

(020 - 030)/ 100 * 010 = 040

税額が正しく計算されていません

040>、= 050

アート126、アート。 227、アート。 23 NC

前払い額が高すぎる

6-NDFLとRSVの管理比率

070 - 090 <、= CRRデータ

アート226、アート。 23 NC

予算への手数料の額は転送されません

120>、= KRSB ONによる転送日

納税期限に違反している

6NDFL、IRパテント

通知がある場合は050> 0

アート126、アート。 226、227 NC

減税

1Cで6-NDFL

プログラムの税金は各従業員の所得証明書のデータと概要レポート。同時に、前の表に示した6-NDFLと保険料の管理比率も満たされています。プログラム内で宣言を埋めるプロセスの例を考えてみましょう。

2016年の従業員の収入は以下のとおりです。

  • 給与 - 54万ルーブル。
  • PIT - 7万ルーブル。 (予算に記載されている)。

従業員が12月末に受け取った15万ルーブル相当の贈り物の場合、18.98万ルーブルの額の個人所得税請求されませんでした。

配当金:50,000(NDFL 6.5000ルーブル記載)+ 25,000(NDFL 3.25000ルーブル記載)

コントロールレシオ6ラストNDFL

関係がどのように満たされるかを以下に示します。

管理比率6 ndfl行070

レポートの特徴

6-NDFLは、未払費源泉徴収税。控除額は、報告書のセクション1のすべての値と同様に累積的に記入する必要があります。つまり、9ヶ月の計算では、1月から9月までの税額が表示されます。税金が異なる税率で請求されている場合、それぞれについて個別のシートが010-050行に記入され、060-090ページに合計金額がレポートの最初のページに示されます。領収書や控除とは異なり、控除額はコペックなしで表示されます。レポートには必要な数のセルがありません。

レポートを記入するとき、エージェントはしばしばコミットします重大な過誤 - 未収金の同額(p。040)と源泉徴収(p。070)を示します。この状況は、両方の操作が同じレポート期間内に実行された場合に発生する可能性があります。次の四半期に現在の四半期の給与が従業員に発行されたときに違いが生じます。 040ページには、税金を含む未収賃金の金額が表示され、070ページには、所得を支払うときに個人所得税を控除する必要があるため、「0」が表示されます。

例1

9月の給料から、30.09の税が源泉徴収されます。従業員は収入10.10を受け取ります。では、どのようにして9ヶ月間の報告書を発行するのでしょうか。

ページ020 - 9月の未払賃金

ページ040 - 未払個人所得税

070ページで、所得がまだ支払われていないので、040ページからの量が減少しません。同じ理由で、セクション2は完了していません。

年次計算を完了するとき、9月の源泉徴収額は、p。070とセクション2の両方に反映されるべきです。

  • ページ100 - 給与発行日 - 30.09。
  • ページ110 - 源泉徴収 - 10.10。
  • ページ120 - 個人所得税の振替の最終日 - 06.10。
  • ページ130 - 9月に発生した給与額。
  • ページ140 - 所得に対する源泉徴収税。

もう一つの重要なニュアンス。 080行目に振替税額を表示することはできません。これは、エージェントが源泉徴収できなかった手数料の金額です。そのような状況は、収入が現物で発行された場合に発生します。 6-NDFLの管理比率はどのように適用されますか?合計070行目と090行目がその年度の予算への振替額を超えてはなりません。この比率に違反した場合、税務当局は、手数料の全額が予算に振り替えられなかったと結論付けます。

管理比率のチェック6 pdl

6-NDFLに病院を反映させる方法

6-NDFLレポートは、従業員に支払われたすべての収入に関する情報を反映しています。病院についても含みます。一時的な障害給付に関する情報はどのように反映されるべきですか?

課税対象額のみをレポートに含める必要があります。さもなければ、p。040の比率は破られるでしょう、すなわち、出産手当だけが報告に含まれません。

疾病手当は社会保障ですその支払いは労働義務の遂行とは無関係です。それは証明書の受領後10日以内に請求され、賃金延滞の返済のために翌日に支払われなければなりません。

転勤の日に、従業員は課税および源泉徴収このような支払いについては、NCに特別な条件が定められています。資金を予算に振り込むには、雇用主は給付金が支給される月の最終日に最大になる必要があります。休みの日に当たると、締め切りは翌営業日に延期されます。

6-NDFLに病気リストの量を反映させる方法:

  • 「セクション1」では、請求額と控除額をレポートのアドバイス行に反映させる必要があります。
  • セクション2では、支払い額と税金は他の振替とは別に記録されます。

宣言を埋めるためのオプションの具体例を考えてみましょう。

例2

9ヶ月間株式会社は100万ルーブルを支払った。 13万ルーブルの額の税が源泉徴収された給与。第3四半期の従業員の6月から8月までの期間の収入は10万ルーブルでした。毎月1人の従業員はまた1万ルーブルの量で追加の障害給付を受け取り、そこから13万ルーブルの量の手数料が差し引かれた。シートは9月2日に経理部門に転送され、支払いは9月5日に行われました。宣言を記入してください:

ページ020 - 所得額 - 1 + 0.01 = 101万ルーブル。

ページ040 - PITが発生 - 0.13 + 0.0013 = 0.1313百万ルーブル

ページ070 - NDFLは保留 - 0.1313百万ルーブル。

給与の支払いと病気の納税の期限は異なるため、レポートのセクション2は別のブロックに反映される必要があります。

ページ100 - 病院の異動日05.09

ページ110 - 個人所得税の控除日05.09

ページ120 - 料金の支払い期限30.09。

ページ130 - 手当の量は1万ルーブルです。

ページ140 - 病院からNDFL 13000ルーブル。

管理比率6 pdpおよびpcv

例3

前の例の条件を追加しましょう。給与と病気休暇に加えて、9月15日にも受け取った従業員は15000ルーブルの量で休日の支払い、そのうち195000ルーブルの手数料は差し控えられた。

セクション1は、すべての金額を合計することによっても記入されます。

ページ020 - 1000 + 10 + 15 = 1025000ルーブル。

ページ040 - 130 + 1.3 + 1.95 = 133.25千ルーブル。

ページ070 - 130 + 1.3 + 1.95 = 133.25千ルーブル。

売上とシートからの納税期間障害 - 月の最後の日。ただし、収入の受け取り時期は異なります。したがって、セクション2は2つのブロックで埋められます。最初のものは先に提出されました。それでは、休日に関する情報を報告します。

ページ100 - 9月15日の支払い。

ページ110日 - 9月15日に開催。

ページ120 - 9月30日の税金の支払い。

ページ130 - 料金15000ルーブルの量。

ページ140 - NDFL 195,000ルーブル。

例4

今従業員が通過したときの状況を考えて9月29日に障害者手帳を発行し、支払いは10月5日に行われました。申告書に記入する方法は?第3四半期報告書のセクション1に変更はありません。第2節では、発生日(05.10)と個人所得税の納付期限(30.10)が示されます。

管理比率の確認6 pdp

追加料金を考慮する方法

組織は従業員を提供することができます休暇のための1回限りの追加料金。これらの料金はレポートに反映されるべきです。振替日は、収入が支払われた日です(100ページ)。控除は所得の支払い時に行われ、振替 - 最大翌日に。

一例です。組織は22000ルーブルを支払いました。従業員23.08。同じ日に、28000ルーブルの税が差し控えられました。これをレポートに反映してください。

  • ページ8月100日 - 23日
  • ページ8月110日 - 23日。
  • ページ8月120日 - 23日。
  • ページ130〜22000ルーブル。
  • ページ140 - 2.8千ルーブル。

ゼロ宣言を記入する方法

組織またはSPに従業員がいない場合は、会社は報告しません。組織が休暇中に従業員を派遣した場合や活動を停止した場合も同様です。収入の発生にギャップがあるならば、もう一つのこと。たとえば、上半期の企業は収入を計上しておらず、後半には未収企業です。この場合、3ヶ月と6ヶ月の報告は必要ありませんが、9ヶ月と12ヶ月の報告は必須です。このような状況でも規制当局との問題を回避するために、企業の中には、手紙を書いて年の前半にゼロのレポートを提供することを好む人もいます。

報告期限は標準です - 報告月の翌月の最終日。 2017年です。

  • 5月2日 - 第1四半期の報告書を提出する。
  • 6月31日 - 半年のレポートの提供
  • 10月30日 - 第3四半期のレポート。

レポートに記入する方法すべての列で「0」を示すかダッシュを付けます。

コメント(0)
コメントを追加