収入の宣言。誰に奉仕すべきですか?

財務

私たちの国では、基本法、調整の速度を計算するための責任があり、税の会計と支払いは、税法RF(RF税法)です。これは、定期的に監視する必要がある変更を行います。

すべての税金控除、切手、Gorshlinは、連邦税務局(連邦税金と手数料サービス)を運営しています。このサービスには、World Wide Web上の公式ウェブサイト(www.nalog.ru)があります。ここでは、ユーザーの便宜のためオンラインで多数のサービス、電子行為、手紙、管理機関の命令があり、すべての税金の正確な計算と控除に関する勧告が電子形式で与えられています。

課税対象は次のとおりです。

•商品の販売および生産、

•サービスの提供、

•仕事をする、

•市民の個人的な財産、

•組織の財産、

•受け取った利益およびその他。

ロシア連邦における課税は、違法でない活動。たとえば、ゲーム事業、薬品販売、ドラッグ・ディーリングの場合、税金を払うことはありませんが、すぐに刑事刑と「遠隔地ではない場所で」という用語を取得します。

税金の種類ごとにその対象があります税金。それらは、わが国の税コードの第2部に記載されています。税額全額の支払いの事実は、収入の宣言として公式化されている様々な手続き文書によって証明されています。

税法第227条および第228条では、次の納税者カテゴリーに宣言書提出の直接義務が割り当てられています。

•法的性質の民事契約に基づく所得(住宅の賃貸または賃貸)を受けている市民。

•財産または有価証券の売却の恩恵を受けた市民。

•別の国で収入を得た市民。

•税務当局が税金を控除していない所得を受け取った市民。

•宝くじ、懸賞、またはリスクに基づいた他のゲームに勝つ市民。

•収入を相続人または後継者として、また著者自身が直接受け取った市民。

•近親者、財産、株式、車両、株式、株式などではない人から贈り物を受け取った市民

自然人の収入に関する宣言は、上記の者によって毎年4月30日までに必ず提出されます。

プライベートプラクティスをリードする公証人。弁護士の事務所を開いた弁護士。すべての法的に確立された手続において私的練習に従事している医師は収入の申告書を提出する。

また、2008年以降、公務員は、すべての個人所得と家族の所得を反映した文書を公務員の所得証明書として提出する必要があります。

所得申告には以下の情報が含まれます:

•報告納税期間中に納税者が受け取ったすべての所得について、

•税金控除については、

•収入の源泉については、

•前払いとして支払われた金額、

•すでに税務当局に支払った税額について、

•納税期間に基づいて返済または納付しなければならない税額。

既存の税務検査への宣言独立してまたは間接的に、法定代理人を通じて、または電子メールで送信することができます。税務検査の支店は、所得申告書を提出する者の登録場所で選択されます。責任のある人に報告書を提出するための法定期限の違反や違反については、罰金が科せられます。記入して申告するには、2部のコピーが必要です.1部は税金と手数料の検査に残り、2部目は受領書を添えて納税者に返却されます。

必要に応じて、手動で、または特別に開発されたプログラム「納税者YL」で申告書を記入することができます。これは、連邦税務局の公式ウェブサイトでオンラインで無料で利用できます。

コメント(0)
コメントを追加