ロシアの対外経済活動の外国為替規制

財務

過去10年間の為替規制国家の金銭的独占の廃止によって劇的な変化を遂げた。国家通貨独占は、ソ連全体の通貨政策の主要な側面であった。それは、その国が外貨の唯一の所有者であり、中央に位置し、外貨計画に従って配分されたことを意味した。州だけが通貨価値との取引を実行し、国の金と通貨資源を管理することができます。

外部への国家独占の廃止貿易、対外貿易活動の自由化は、通貨立法に定期的に対抗することを余儀なくされた法人および個人の数を増加させたという事実につながった。したがって、外国為替国内市場の創設は、通貨訴訟和解に安定した性格を与えた。法的通貨規制は、個人レベルと規範レベルの2つのレベルで行われます。規制通貨の法的規制は、公的通貨関係を考慮した法的規範の策定と承認である。個々の訴訟和解に関しては、個々の事件に対して法的規範を適用することにほかならず、新しい通貨関係の変更、終了、出現を伴う。

ロシアの法律 "通貨決済と通貨規制は、その国における組織と通貨規制の基礎を決定し、通貨規制に関連する個々の問題は他の立法行為によって決定される。通貨操作の手順を担当する法的規範は、2つの主要な機能に分けられます:制御および調節します。この場合には、法律の調整機能は、外国為替取引に従事する者の権利と責任を定義します。

これは、

- 通貨価値の所有権移転を決定する取引。

- ロシアからの通貨貴金属の移転、輸入、輸出。

- 国際送金。

通貨管理の主な目的は、外国為替業務を行う際の通貨法を保証することです。

今日の最も一般的なのは外国貿易関係であり、外国貿易の為替規制は以下のものを提供する:

- 経済主権の保護。

- 国家経済の成長を刺激する。

- 経済的安全を確保する。

ロシア経済と世界経済の効果的な統合を確保する。

外国為替の外国為替規制活動は通貨規制の最も重要な目的の一つです。この場合、住民の通貨決済は特別銀行の外貨口座を通じて行われます。その目的に応じて、外国通貨口座は3種類あります。トランジット口座では、居住者の外貨収入は輸出中に計上され、外貨資金は特別トランジット口座に輸入され、一般資金は当座預金口座に入金されます。これらの勘定にはそれぞれ独自の通貨制度があります。つまり、中央銀行の通貨規制を可能にする一定のルールがあります。同時に、非居住者の外国通貨口座は外国銀行と国内銀行の両方にあることができるが、この事実は何も変わらない。非居住者との和解は、ルーブル口座を介して、コンバーチブルおよび非コンバータブル・タイプの口座のモードに基づいて行うことができます。

為替管理ロシア - ロシア市民の福祉を新たなレベルに経済を持参して、結果として、改善するための強力なメカニズムです。

コメント(0)
コメントを追加