貸借対照表は会計の一種の指標です

財務

バランス資産
会計は重要で必須ですイベントごとにその主な機能の1つはバランスを作ることです。これにより、企業の財産の分配の可能性を判断するだけでなく、そのコストを鮮明に示すとともに、既存の債務の額、製品の製造および販売の結果として得られる利益の金額を知ることができる。このような計算は、問題の期間ごとに実行できることに注意してください。そのためのすべてのデータは特別な元帳に記録され、レポートのドキュメントで詳しく説明されています。

2つのコンポーネント

残高は伝統的に2基本的なカテゴリ。これらの部分の両方が互いに等しくなければならないという事実を示すことは重要です。これが当てはまらない場合は、2つの選択肢を検討することをお勧めします。計算の過程で、会計士が間違いを犯したか、または偽装されていないいわゆる黒簿がありません。この場合、第1の状況に対する解決策は、曖昧ではあるが、計算を徹底的に単純かつ徹底的にチェックすることができる。第2の状況が存在する場合、不運な会計士を何とかして、よく知られている政府機関の従業員に伝えます。

貸借対照表の純資産

資産残高は、どのように投資された資金が向けられているのか。次に、第2のカテゴリ(それ以外の場合は負債と呼ばれる)は、組織の資金調達源が形成され、分配されるプロセスを示しています。したがって、一般的なケースでは、会計処理は次の主要な点で構成されています。貸借対照表は、流動資産および非流動資産であり、負債はすべての種類の資本及びその準備金及び負債の形で表示される。この問題をより正確かつ完全に理解するためには、これらの金融取引に関する記事をそれぞれ詳しく理解しておく必要があります。

資産残高の評価
固定資産

前述したように、資産残高の評価その2つのコンポーネントに基づいて生成されます。当該グループには、固定資産、無形固定資産、進行中の建設およびすべての種類の長期債務が含まれる。予測と計画のプロセスにとって最も重要なのは、各組織の一種のサポートであるためです。

回転資金

資産のバランスも重要であることを覚えておくことが重要です運転資本。伝統的に売掛金、金融投資、株式から構成されています。会計計算では、「貸借対照表の純資産」と呼ばれる価値もあることに注意してください。それは、会社が所有するすべての財産の実際の評価を指します。

その他の記事

現代の学者によると、資産残高は上記の2つのカテゴリだけではありません。これには、財産として考えることが非常に難しい項目も含まれていなければなりません。たとえば、付加価値税(VAT)と前払費用。

コメント(0)
コメントを追加