無形資産の会計処理。会計における彼らの反映

財務

無形資産はそのようなオブジェクトと呼ばれます長期使用、それは材料、材料の構造ではありませんが、長い時間(すなわちより12ヶ月)のために、将来的に用いられた評価は、企業(経済的利益)に収入をもたらす可能性がありますされています。

無形資産の会計処理は、個別のオブジェクトおよびグループによって行われます。

の無形資産組織;企業のビジネス評判;サービスマークおよび商標権者の独占的権利。情報データベースの著作権。工業デザインへの独占的権利、独特なモデル、特許所有者の発明。

「無形資産の会計処理」の会計処理に基づいて無形資産を検討する。

無形資産には含まれていない企業の人材の質、ビジネスと知的、仕事と資格の能力、彼らはキャリアから分離不可能であり、彼らなしでは使用できないためです。

無形資産のリード有効な特別な口座04上にある。無形固定資産は、過去の費用でここに反映される。

無形資産の受領の会計処理は、彼らが企業に参入する契約のタイプについて:構成契約。ライセンス(オープン、排他的、非独占的ライセンス)。 「商標と標章の保護に関する法律」に基づいて締結された契約。特許法に基づいて締結されたもの。商業的譲歩の契約。美術、文学、科学の作品を使用する非排他的かつ排他的権利の移転に関する個人との著作権契約。

企業が無形資産を製造するとき特定の費用を負担する場合は、材料費、税金、労働コストなどを含めることができます。

会計基準 - 計算が作成されます。そのような無形資産の初期値。この会計基準計算は、無形資産の作成に要した費用を確認する文書に基づいて、累積的な結果となります。無形資産は、企業への進出方法にもかかわらず、当初は原価で評価されなければならない。

各オブジェクトについて、分析的無形資産カードの使用による無形資産の会計処理は、番号HMA 1.の形式で行われます。領収書、譲渡(受領譲渡)およびその他の書類に基づいて、そのようなカードは1部に記入され、会計部門に保管されます。

企業における無形資産の会計処理は、組織の会計方針に基づいて行われ、組織の統括責任者が承認します。

受け取った無形資産開発の結果として、企業が無形資産の開発に関連するコストの信頼性の高い決定のための情報を持っていれば、貸借対照表に反映する必要がある。その使用に伴う経済的利益が得られる可能性;無形資産を使用可能な状態にするために、意図、意図、技術的能力、およびリソースを提供します。

指定された基準無形資産は責任を負いません。その作成または取得に関連する費用は、これらの費用を無形資産として認識せずに実行された報告期間の費用として認識されます。

</ p>
コメント(0)
コメントを追加