アドバイスノートとは何ですか?それは正式な書類か定期的な書式ですか?

財務

会計には様々なものがありますあなたはアドバイスノートのようなものを見つけることができます。それは公式文書であるのか、それとも単に報告書であるのか?この記事では、この問題を検討し、どのタイプのアドバイスがあるかを調べます。

のコンセプト

アドバイスは、最も重要な文書の1つです。会計は、特定の銀行取引の実施を証明する公式の論文である。実際、それは請求書と呼ばれ、銀行振り込みを確認したり、拒否を証明したりすることができます。

それに注意する

イタリア語のavvisoは、文字通り「通知」として翻訳することができます。

buhへのアドバイス。会計

アドバイスノートは、ビジネス分野と会計の両方で使用できるドキュメントです。これらは、支払命令書、令状令状、その他の決済書類のコピーでもよい。

この文書は公式です決済または商品取引の実行を示す通知。それは一方の側から他方の側へ送られる。したがって、金融機関は、勘定残高、勘定残高、領収書の発行、信用状の開封、譲渡の支払いなどについて借方または貸方記帳を報告する。

ビジネス慣習は、当事者が商品やその他の価値を伴って取られた行為について互いに通知するためにそのような通知を意味する。

会計の

会計における助言とは、番号、日付、実行される取引、金額、口座番号、送付者および宛先を示す特別な書式で発行された書類です。

文書を送信する方法は次のとおりです。

  • 郵便;
  • 電子(電子署名で認証されていなければならない)。

銀行部門では、支店間売上高を確認する通知。そのような文書は、会社が独立した企業を持つ場合には必要です。この場合の通知は、組織全体の全体的な予算に関する結果を確認して合計することができます。

次のようなアドバイス・ノートがあります。

  • デビット(お金を書くための指示);
  • クレジット(クレジットファンドのための指示)。

文書循環の方法は、ノートを区別する:

  • 直接(通知、応答を必要としない)。
  • 反対(金融取引の完了を確認する書類)。

会計におけるデビットノート

デビットメモは、受取人がこの通知を送っている組織に一定額のお金を支払っているという情報が含まれています。金額は書類に記載する必要があります。

そのような文書は非常にまれにしか発行されないという価値があります。ますます、会計士は請求書を書きます。

しかし、同じことには、必要な場面がありますデビットメモを作成する。たとえば、サービスまたは商品の販売を確認していない会社の内部で文書を送信する場合(ここで請求書を使用することはできません)。

このタイプの通知も必要ですそれはクロスボーダー取引に来るときは必須使用しています。文書は、所定のフォームに基づいて行われる外国貿易の秩序を示唆しているためです。

デビットアドバイスは

場合によっては、決済取引を最適化するために複数のデビット伝票の統合アドバイスを使用することができます。

借方通知は、以下の必要条件を含む所定の書式で発行されます。

  1. 退院の日時。
  2. 口座番号と金額。
  3. どのような操作が行われますか。
  4. 送付者と彼の必要条件の名前。
  5. 受取人とその必要条件の名前。
  6. 追加情報。

アドバイスノートとは、金融取引の完了を必要とする文書なので、送信する必要があります。

  • 2つのコピーで、そのうちの1つが会社に残っているときにはお金があり、2番目のものはシールと署名が添付された後に送付者に送り返されます。
  • 3つのコピーで、計算が同じ会社内で実行されるとき。

クレジットメモ

デビットに加えて、会計辞書には「クレジットアドバイス」の概念があります。それは何ですか?その特徴は何ですか?

このクレジットメモ

発行される書類には、以下の指示が含まれていなければなりません。

  • 支払いのために受け入れられた小切手。
  • 小切手総額は何ですか?
  • 支払いが受け入れられた時はいつでも。
  • 顧客の署​​名。

クレジットメモは文書であり、顧客に対する会社の債務の存在と規模を確認します。つまり、商品が顧客に納品されると、請求書が発行されます。顧客が製品全体または部品をサプライヤーに返品する場合、請求書はクレジット通知で完全または部分的に取り消されなければなりません。

コメント(0)
コメントを追加