訓練のための税金控除に必要な書類:リストと要件

財務

ロシアは他の世界と同様、すべての可能な方法で市民を支援する。たとえば、ここでは、いわゆる税金控除を作成することができます。それは様々な費用のために与えられる。今日は、訓練のための税金控除に関する書類に興味があります。さらに、市民が州から金銭を請求できる時期を理解する必要があります。あなたは授業料について何を知る必要がありますか?どうすれば申請できますか?この場合、またはその場合に役立つ文書はどれですか?

どこへ行くか

最初のステップは、どこに向けるのかを理解することですアイデアを人生に翻訳する。ロシアの2016年に税法が少し変更されました。さて、法律によれば、社会的なタイプ(治療と研究のため)を職場で様々な控除することが可能です。これはどういう意味ですか?

訓練のための税金控除のための書類

これからは、訓練のための税金控除の書類が受理されます:

  • 税務当局で
  • 雇用主から
  • MFCを介して(一部の地域では)

ほとんどの場合、イベントの開発の最初の変種が発生します。それにもかかわらず、アプリケーションに添付された文書のリストは変更されません。それは常に同じままです。

教育のための控除は...

そして、教育のための税金控除は何ですか? 教育サービスのために支払った人は、発生した費用の13%を補償する権利があります。この可能性は、ロシア連邦税法第219条に規定されている。勉強に費やされた金額の一部の返還は、教育のための税金控除と呼ばれる。

減価償却は課税対象ではない所得の一部です税金。言い換えれば、ロシアでは勉強費用から税金を回収することが許されています。したがって、個人および児童の教育への支出の13%は、個人所得税の対象となる所得の存在下で返却することができます。

誰が私を得ることができます

どのような条件の下で、私は組織の訓練のための税金控除を申請できますか?

どのような書類を訓練するための税金控除

今日のために、研究のために費やされた費用を払い戻すことが許されます:

  • あなた自身;
  • 子供たち;
  • 兄弟姉妹。

この場合、あなたは莫大な量を観察する必要があります条件。受取人は、勉強のためにお金を払った人だけです。すでに述べたように、市民は公務員を雇用し、所得には13%の課税が必要です。

彼らが自分自身のために控除を引くとき

原則として、自分のトレーニングに控除を提供することには制限がありません。これはイベントの開発の最も簡単なバージョンです。この場合の主な要件は次のとおりです。

  1. 公的所得の入手可能性。同時に、彼は13%課税されなければならない。だから、USNや特許で働く起業家は、トレーニングのためにお金を返すことはできません。
  2. 公的機関には教育サービスの支払いがありました。たとえば、大学や運転免許学校で勉強しましょう。トレーニングとしてのコースやトレーニングは考慮されていません。

おそらく、それだけです。 これらの条件が満たされれば、訓練のための税額控除のための書類を集めることができます。自分の教育のためにお金を受け取るという独特の特徴は、教育を受けるという形が重要ではないということです。フルタイムでも通信でも、夜間でも、他のどの部門でも勉強することができます。

教育のための税金控除のための書類のリスト

あなた自身の控除の大きさ

どのくらいのお金が自分の研究のために返すことができますか?法律では、発生した費用の13%をカウントすることができます。しかし、同時にロシアにはいくつかの制限があります。

どれが?その中には、以下の機能があります。

  1. 支払った税金をさらに返すことはできません。所得税のみが考慮されます。
  2. 最大控除額は12万ルーブルです。同時に、この年またはその年に1560ルーブルを返すことは可能です。この制限は控除限度に関連しています。
  3. 現在の制限は、すべての社会的控除に適用されます。これは、訓練、治療などのために年間1500ルーブルを請求できることを意味します。

実際、すべてがそれほど難しいとは言えません。この場合、訓練のための税額控除のためにどのような書類が必要でしょうか?

あなた自身のために控除を得る

論文のリストはそれほど広範ではない。それにもかかわらず、このシナリオは少なくとも紙の赤いテープを意味します。

授業料控除のための書類

割り当てられたタスクの実現に必要な文書の中には、

  • 申請者の身分証明書(パスポートとして持っていることが最良です)。
  • 教育機関とのサービス提供契約。
  • 所得証明書(フォーム2-NDFL、雇用者から取られたもの)。
  • 控除の申請。
  • 教育機関の認可(証明書)
  • 3-NDFLの税申告書。
  • 教育サービスの支払いの事実を示す支払い。
  • お金の譲渡のための必要条件(申請書に明記されている)。

さらに、税額控除が必要な場合大学での訓練は、専門の認定によって補完されます。リストされたすべての論文は、認証されたコピーとともに提出されます。訓練のための支払いの事実を示す小切手および現金発注は、コピーの形でのみ税務当局に与えられる。

子どもの控除条件

そして、いつどのように子供の教育のための税金控除を申請できますか?これを行うには、いくつかのルールも遵守する必要があります。どれが?

どのような書類が必要かを訓練するための税金控除

子供の教育に税金控除を申請するには、次の基準を満たさなければなりません。

  • 24歳未満の子供;
  • 子供たちはフルタイムで学びます。
  • 教育サービスの支払いは親によって行われる。
  • 施設との契約は、子供の法定代理人(母親または父親)と署名されます。

子供1人では5万ルーブルを返すことができないことを覚えておくことが重要です。その年の金額は6,500ルーブルです。法律上の制限はありません。

子供を控えるための書類

子供の教育費を払い戻すためには、ある種の書類を準備する必要があります。彼らは以前に提案されたリストよりも多くを必要とします。

子供の教育の税額控除に関する書類には、よく知られている論文のリストが含まれています。加えて、それは補足される:

  • 子供の出生証明書(コピー);
  • 生徒の証明書(教育機関で撮影)。
  • 結婚証明書の写し(契約が1人の親と締結され、その控除が別の親のために公式化されている場合)。

それだけです。 さらに、税務当局は14歳以上の子供の身分証明書のコピーを要求することができます。これは普通の現象であり、恐れてはいけません。パスポートのコピーは必要ありません。

兄弟姉妹の控除条件

すでに先に指摘したように、市民は兄弟または姉妹の訓練に費やされたお金の一部を返す。これはむしろまれですが、実用的な現象です。教育のための税金控除のための文書のリストは、いくつかの他の論文によって補足されるでしょう。しかし、これについて少し後で。まず、市民がいつ兄弟姉妹の教育費の払い戻しを受ける権利があるかを知る必要があります。

子どもの教育のための税額控除に関する書類

この場合の研究控除条件は、次のとおりとする。

  • 姉妹または兄弟は24歳ではありません。
  • その人は内部形式について研究する。
  • 申請者との契約締結が控除される。
  • すべての支払いと領収書は、申請者がトレーニングサービスを支払ったことを示しています。

払い戻し可能な資金にはどのような制限が適用されますか?子供の教育のための控除の場合とまったく同じ。

兄弟勉強のための控除の書類

この場合、どのような書類が必要になるでしょうか?教育に対する税金控除はどのように行われますか?兄弟姉妹の教育を受けるために必要な文書は何ですか?

これまでにリストされた有価証券のリストは、以下のコンポーネントによって補完されています。

  • 出生証明書(写し)。
  • 出願人が授業料を支払った者の出生証明書。
  • 学生の証明書(原本)。

それ以上のことは必要ありません。 例外的な場合には、学生/学生との関係を示す文書を提出する必要があります。しかし、これは非常にまれな現象です。税務当局への出生証明書で十分です。

払い戻し期間

この場合、またはその場合に、教育のための税金控除に必要な書類は、現在知られています。彼らの完全なリストがあなたの注意を喚起しました。しかし、依然として重要な問題が残っています。

たとえば、ロシアではどの期間が許可されているか控除を行う。治療期間はどのくらいですか?授業料払い戻しにはどのくらいの時間がかかりますか?どのような文書を持っているかはすでに分かっています。しかし、申請書は、1つまたは他の費用の時から3年以内に提出することができることを覚えておくことが重要です。

これは、処理のための制限期間対応する要求は36ヶ月です。この場合、控除を受ける権利は、サービスの支払いが発生した翌年にのみ現れる。 2015年に研究費を支払った人は、2016年にのみ払い戻しを請求することができます。

さらに、あなたはお金は確立された限度の完全な消費まですることができます。市民が120,000ルーブルに相当する教育のための社会的控除を使い果たすまで、彼は適切な支出をして州から資金を要求することができます。

拒否することができます

税務当局はこの支払いを拒否できますか?完全です。時には、人口は、要求に応じて拒否が来る状況に直面している。これは正常です。

大学授業料納税控除

税金を発行できない場合の対処方法授業料の控除?どのような書類と持ち運びが必要ですか?この場合、払い戻しの拒否理由を調査することをお勧めします。税務当局は、その立場を正当化する必要があります。最も一般的な失敗は、不完全な文書リストの提供に関連しています。この場合、アラートを受け取った日から1ヶ月以内に状況を修正する必要があります。この場合、授業料の控除は不要です。

問題がドキュメントに関連していない場合は、控除処理の矛盾を解消し、検討のために申請を再提出する。特定の状況下では、お金の返金は機能しません。たとえば、制定法が成立した場合。

結果と結論

これからは、どの税務書類授業料の控除は、いずれかの方法で提供されます。既に述べたように、記載されている論文のすべてには、公証人が公証したコピーが添付されています。その時だけ、私たちは論文の信頼性について自信を持って話すことができます。

実際には、授業料を返すのでそうではありませんハード毎年税務当局に連絡することをお勧めします。 3年間の勉強の直後に控除を要求する方もいます。これも可能です。控除の権利が発生した瞬間からいつでも審査のために申請書を提出することができます

トランザクションを完了するまでにどれくらい時間がかかりますか? 通常、控除には3〜4ヶ月かかります。さらに、ほとんどの場合、税務当局からの応答を待たなければなりません。文書の検証は慎重に行われるため、長い時間待つ必要があります。授業料の税額控除に関する書類のリストは何ですか?これはもはや謎ではありません。

コメント(0)
コメントを追加