無形資産の初期値は何ですか?無形資産の初期価値の形成

財務

会計上 無形資産原価 彼らの実際のコストの量取得/作成。この金額には、付加価値税およびその他の回収可能税は含まれていません(ただし、法律で定められている場合を除く)。固定資産、無形資産の初期値は、1つのルールに従って反映されます。

無形資産原価

一般情報

実装されているルール 無形資産の初期費用を決定 税法第257条に記録されているOS。企業の無形資産は様々な方法で得られる。その中には

  1. 買収手数料。
  2. 株式資本への拠出の形での領収書。
  3. 組織の独立した創造。
  4. 第三者からの無料領収書。
  5. バーター(他の値と引き換えに)。

無形資産には、 付加価値税、控除可能な消費税、関税を除いて、それ自体がすべての税金です。

無形資産の固定資産の初期費用

購入

無形資産の無形価値は、 無償で購入に費やされた実際の金額付加価値税(法律で定める場合を除く)。この税金は、それを控除しない企業にも考慮されます。実際の取得費用は以下のとおりです。

  1. 譲渡/買収契約の条件に基づいて支払われる金額。
  2. 登録料、特許、関税およびその他の同様の支払い。
  3. IAの購入に関するコンサルティングおよび情報サービスのために企業に支払われる金額。
  4. 資産の取得に関連して控除された払戻し不可能税。
  5. 不動産を購入する仲介会社の報酬。

上記のリストは開いています。これはIAの取得に直接関係するその他の費用が存在する可能性があります。

無形資産原価

ニュアンス

法律によると 無形資産原価 一般的なものやその他のものを含んでいないそれらが直接財産の購入または製造に関連する場合を除き、同様の費用。 IAの支払い時に、取引の条件が分割払いまたは遅延を提供する場合、債務の全額において実際のコストが考慮されます。場合によっては購入するときに追加費用が発生します。その中で、例えば、計画された作業に適した条件で財産を持ち込む費用、これに関わる従業員の報酬額、対応する社会保障および保険料、材料費およびその他の費用。それらの存在も影響を受ける 無形資産の初期価値の形成.

不動産を作る

この場合、元の 無形資産は

  1. 使用されるリソースの価格。
  2. 財産の製造に携わる従業員の給料。この場合、金額にはUSTと保険料が含まれます。
  3. オペレーティングシステムとその作成に使用された無形資産の減価償却。
  4. 特許料、許可取得に関連する手数料。
  5. 共同経営者(カウンターパーティー)契約の第三者サービス。

このリストも開いていると見なされます。

無形資産に含まれるもの

条件

IAは、以下の場合に独立して企業によって作成されたものとして認識されます。

  1. 職務遂行の際に、または雇用者の特定の任務に従って得られた知的労働の製品に対する独占的権利は、雇用主に帰属する。
  2. 原産地名称または商標の使用を許可する証明書は、企業名義で発行されます。
  3. 1人以上の著者によって得られた精神的労働の製品に対する独占的権利は、彼との同意によって顧客に帰属する。この場合、後者は雇用主ではありません。

他の場合には、IAは外部から受信されたとみなされる。その根拠は、無償かつ償還可能な両方で排他的権利の譲渡に関する合意である可能性があります。

無形資産の初期費用を決定

登録フォーム

いくつかのIAのために提供されています。 プログラムの開発者は、それを登録する権利を持っています。この可能性は連邦法第3523-1号の下で想定されている。手続きの後、独自のプログラムを開発した会社は、公式の所有者の地位を取得します。これは得られた証拠によって示される。それはRospatentによって発行されます。登録手続自体は、2003年2月25日の注文番号25により指定官庁により承認された規則に定義されている。

無償領収書

このような状況では 無形資産原価 その採用日における当該不動産の市場価格。 第1に、それは今後の期間の所得に考慮される。このために、別のサブアカウントが使用されます。その後、減価償却費の計算時には、同額の金額が営業外収益としてその他の収益に償却される。これらのルールは、PBU 9/99の第8段落に記載されています。

アート。 251 NC

税務会計では、サブによると。 この規範の第11条第1項によれば、ロシア企業が無償で受け取った財産としての所得は、取得側当事者の資本金が送金側組織の持分の半分以上を占める場合、またはその逆の場合には税務上考慮されない。この場合、もう1つの条件が満たされなければなりません。当該物件は、受領日からその年の間に第三者に譲渡されなかった場合に限り、課税上の目的で所得として認識されません。無料で受け取ったIAは税務会計において償却可能な財産とみなされます。減価償却額の計算は、施設の試運転の月の後の最初の日に開始されます。この規則は、税法第259条によって定められています。無償で取得した資産の初期値を決定するための規則は、第250条第8項第8条第1項に規定されている。 1、p.4のArt。 271芸術。コードの273(パラグラフ2)。

無形資産の初期価値の形成

構成

購入原価市場価格に基づいて無償の施設が設定されています。税法第40条の規定が考慮されます。初期費用は、償却可能な資産の残存価額を下回ってはならない。そうでなければ、後者は受取人の収入に含まれます。移転する企業における物件の残価または生産(購入)費用は、その物件が提供されている文書に記録しなければなりません。それと並行して、運送や使用可能な状態に値をもたらすなどの経費を考慮に入れることができます。

バーター

この場合、元の提供される財産または移転の対象となる財産の価値を認識する。これは、会社が通常同等の条件で同様の財産の金額を考慮する価格に従って設定されます。場合によっては、コストを決定することは不可能です。そのような状況では、同等の状況下でそのような不動産が市場で購入される価格がとられる。 PBU 14/2000によれば、法律で定められている場合を除き、IAの価値は変化しない可能性があります。これは、同様の不動産の市場価格を調整する際に、追加的な評価と格付けの引き下げが行われないことを意味します。この場合、IAのコンテンツに関連する今後のコストは、初期コストを増加させません。

コメント(0)
コメントを追加