契約の下での責任保険:行動、条件、書類および勧告の順序

財務

現代の世界では、特別な注意が必要です保険金請求、関連する概念や法律、民事保険のニュアンスなどが含まれます。市民の責任保険(CS)契約の内容に何が反映されているかを理解するだけでなく、異なるケースやタイプに固有の特徴を区別することも重要です。

さらに、必要書類のパッケージ合意を結ぶ手続きはそれほど重要ではない情報なので、すべての市民が自由に利用できるようにすべきです。契約責任保険は何を意味しますか?

契約責任保険

GO保険とは何ですか?

契約の締結の主題であるGOの保険に基づいて策定されたそのような契約の主な特徴は、重要な性質のものである。

このプラクティスには不変の仮定がありますが、被害者が損害を生じさせた場合、被害者に損害を与えた場合、損害を完全​​に補償する義務があります。これを行うには、責任保険契約。

クレームクレーム

  • 負傷者の財産費。 この記事には、怪我をした当事者が完全に復元または返却すると主張しているすべての不動産および財務上の被覆が絶対に含まれているか、または加害者によって損なわれた財産を修理することが含まれます。これは、加害者によって被害者にもたらされた実際の被害をカバーすると呼ばれています。例えば、それは車の所有者の民事責任の強制保険の契約を提供する。
  • 発生した法的費用被害者それには、権利の喪失に苦しんだ人がそれらを回復するのに費やした金額が含まれています。これには、例えば、商品やサービスのリコールに起因する費用、様々な訴訟費用が含まれる。
  • 被害者が受け取った収入。 加害者の行為の結果として被った財産がその所有者に収入をもたらした場合、加害者は特定の期間および特定の条件の下で失われた給付の額を払い戻す義務がある。この手続きは民法第15条に明記されている。
  • 犠牲者の健康と生命に引き起こされた害の補償。

その責任保険に注目する価値はある契約の下では、この場合、それは破壊的な(破壊的な)性質の行為だけでなく、被害者に損害を与える不作為の場合にも分配される。

責任の分類

民事責任は、契約上および非契約上の2つの要素に分かれています。

契約上の場合、規則、義務および責任、ならびに違反に対する罰則は、関連契約書のテキストに明記されています。

契約型契約はルールによって制限されます。法律または契約の当事者の個人的な合意によって提供される手続または責任を負う。責任保険契約の条件については、以下で説明します。

責任保険の条件

すなわち、2つの選択肢が可能である。 第一に、契約が実行される枠組みは、立法形態と責任の限定された法的限界によって支配されます。第2の選択肢:契約の2つの当事者は、責任の範囲、誰がどのように責任を負うかについて、それぞれ独立して同意する。

契約によって管理されているすべての契約は明確に明記されていなければなりません。すべての条件、金額、権利は固定されていなければなりません。

非契約型の民事防衛(不法行為とも呼ばれる)は、法律やその他の法的行為によってのみ規制されています。

最も一般的なのは、契約に基づく責任保険です。

責任制度はそれ自体で異なることに留意すべきである。たとえば、契約や不法行為が使用されているかどうかによって、さまざまな種類の訴訟があります。

  • ダメージの起源の条件による。
  • 制限の法律によると。
  • 罪悪感を証明する負担によって。
  • 道徳的な損害の有無について
  • その他のモード。契約の下での義務に関連して違法な行為が生じた場合には、そのような民事防衛の区切りが必要である。

例えば、運送業者の行為によって負傷した乗客が、司法執行の形態と請求の種類を独立して選択する権利を有する場合がその例である。

責任保険契約

責任保険契約を締結する必要があるのはなぜですか?

特徴

ロシア連邦の民法は、民事防衛のための保険契約の有効性に付随するいくつかの特徴を修正している。これについては、第48章、第932号、

  1. 契約条件に違反した場合に生じる可能性のある責任のリスクに対して、保険契約者一人が保証することができます。
  2. 受益者も被保険者である可能性があります。 それと同時に、契約で固定されているかどうかは関係ありません。契約が成立した(被保険者、受益者、その他の人に有利なもの)
  3. 契約違反による被保険者負担リスクは、法律で定められています。

契約の種類

現在、最も多くの保険および民事責任の様々な事例を反映する共通保険契約であり、他の種類の負債とは異なる。

負債リスクに対する保険の種類には、

  • 保険GOの開発者。
  • ツアーオペレーター
  • 車の所有者。これは車両所有者責任保険契約です。
  • 貨物運送業者または旅客運送業者。
  • 損害賠償責任保険の契約。

さまざまな理由で保険の詳細を検討する過程で、GOが記載されている契約の種類ごとに別々の注意を払うのは余計なことではありません。

開発者の保険の契約GO

連邦法で採択された改正によれば、開発者は、締結された契約に現れる参加者に住宅施設を移転することに関する一定の義務を果たす必要があります。

特定の種類の担保を提供することは、そのような義務です。あなたはいくつかの方法で預金を選択することができます:

  1. 銀行保証。
  2. 義務を履行しなかったことにより生じる可能性のあるリスクの開発者による民事防衛のための保険契約。

損害賠償保険契約

この場合の保険契約は必要です共用建設または連邦国家財産庁への別の建設契約の実施に関する合意の下で必要な書類がすべて提出される前に締結される。

このような契約対象の終わりに保険は受益者の利益と密接に関連している被保険者(この場合は開発者)の財産的利益になります。つまり、共有建設の参加者です。

保証されていないイベントは非パフォーマンスです共同建設契約の当事者への住宅の納入義務の開発者。この場合、保険の総額と損失額は、共有建設の合意に従って計算されなければなりません。

ツアーオペレーターの民事責任保険契約

我々が契約上の関係について話すならば、ツアーオペレーター(この場合は被保険者である)による義務の履行不履行に関連して、会社の顧客(受益者である)は、伝票自体の費用を含む、発生したすべての費用をカバーする書面による請求を提出する権利があります。

この場合、規制行為は、観光行為の基本と市民社会保険の規則を定めた連邦法第132号である。

ツアーオペレーターの保険の保険の場合、保険リスクには次のようなものがあります。

  • 被保険者の義務の完全な不履行または不適切な履行により生じた損失。
  • 不特定の状況の観光製品の存在。
  • 旅行の組織中または旅行中に直接ツアーオペレーターの顧客の安全を確保するための手段の違反。

この契約の下で、保険補償には、ツアーオペレーターの責任保険契約によって定められた金額と実際に受益者にもたらされた損害の補償が含まれます。

自動車の所有者の保険

法律に従ってロシア連邦の領土内で現在運営されている各車両所有者またはタクシー車両所有者は、CTPLである保険と強制保険契約を締結する義務があります。

責任保険契約の締結

今日、この種のサービスは、この種の市場で最も一般的です。契約OSAGOの主な保険請求には次のものが含まれます:

  • 事故に起因する乗客または他の車両への損傷。
  • 犠牲者の健康への損害を除く、財産への損害。
  • 事故では、2台以下の車両が関与していた。これはすべて、車両所有者に対する強制責任保険の契約を規定しています。

事故の際に負傷した車両には、CTP保険証が必要です。

キャリア運送会社の保険契約

この場合、運送業者の責任連邦法第67号によって規制されています。この法律によれば、あらゆる種類の輸送の実施のためにサービスを提供するすべての法人、企業、企業、団体は、乗客を運ぶ場合には民間人に保険を掛ける義務があります。

地下鉄と旅客タイプのタクシーを除いて、法律は次のタイプの交通機関を運営している運送業者にその乗客の保険を義務付けています。

  • 鉄道また、輸送中は絶対にあらゆる範囲で保険がかけられます。鉄道輸送憲章によっても規制されています。
  • 風通しの良い ヘリコプターを含め、あらゆる範囲の距離にわたる輸送には保険が必要です。この活動は航空法により規制されています。自動車所有者の民事責任の保険契約に他に何が必要ですか?
  • マリン活動は海事法によって管理されています。商品の運送について話しているのであれば。
  • 内陸の水管理は内陸水運法に基づいて行われます。
  • 接地します。 このカテゴリには、路面電車、バス、トロリーバス、地下鉄、モノレール輸送が含まれます。規制は、モーター輸送憲章と都市の地上電気輸送に基づいて行われています。

自動車賠償責任保険契約

傷害に対する賠償責任保険の契約

ロシア連邦の民法および保険に関する法律には、保険事故に関する契約上および不法な形の補償規則に含めることができる責任に関する規定があります。すなわち:

  1. 他人に危害や損害が発生した場合に一定の義務を負う契約に従って、保険契約者自身の第三者のリスクを保証することが認められています。
  2. 責任を負うものを契約書に記載する必要があります。そうでなければ、すべての責任は保険契約者にあります。
  3. 損害または害についての民間人の保険契約は、常に被害者の利益のために締結されると見なされます。保険契約者からの保険の存在に関係なく。

強制賠償責任保険契約に他に何ができるでしょうか?

第三者保険

建設工事と設置工事に関する協定の例でこのタイプを検討すると、第三者に対する民間防衛の保険が何であるかが明らかになります。

この場合、契約は最初の保険会社となる建築会社、2番目の保険会社、および直接保険をかけられ、受益者として行動する人物。

対象物は、物的利益および損害、建設工事および据付工事中に第三者に引き起こされる可能性のある損害、または試運転に関連する作業の両方です。

この場合、保険リスクが認識されます。

  • 第三者の健康や生命に害を及ぼします。
  • 第三者の財産への損害。
  • ある場合には、囚人は第三者の財産、健康および生命に害を及ぼします。

賠償責任保険契約

必要書類と登録の順番

あらゆる種類の民間防衛の保険は、常に特定の命令に従って行われます

この手続きは、一連の保険規則によって管理されています。それらは含まれます:

  • 申請書を提出する必要があります。保険サービスの提供の要求が含まれます。その後、二者の集会が開かれ、交渉が行われます。交渉では、すべての義務と条件が例外なく討議されます。この場合、保険会社の代表者は、提供される各商品に特徴的なすべての条件、起こり得るリスク、特権について市民に通知する義務があります。
  • より高いの原則に従って保険業界に特有の良心、そのようなサービスを提供する個人または組織は、契約条件について誠実かつ完全に顧客に通知する必要があります。
  • 条件を議論した後、契約は保険契約者の意思を反映します。
  • 契約には、被保険者の姓、氏名、愛国心、および連絡先などの情報を含める必要があります。
  • 物的損害のリスクに対する保険の金額を指定し、指定する必要があります。
  • 保険期間、保険料、種類、および拠出方法を指定する必要もあります。
  • 別の項目は、保険ではないケースを示し、その発生時には何の補償も与えられません。

したがって、GO保険は法律、ロシア連邦法、または特定の種類に対応する賠償責任保険契約、州レベルでの強制的な措置。権利の侵害が発生し、損害または害が発生し、それを修復する必要がある場合に適用されます。

だから立法の枠組みがとても重要なのです。 それは、害を与えた犯罪者または加害者の犠牲を払って負傷者のニーズを満たすことを目的とした特定の措置の実施を規制することを目的としています。

コメント(0)
コメントを追加